難病ALSを宣告されたスター選手が息子に贈るビデオダイアリー『ギフト 僕がきみに残せるもの』鑑賞券を3組6名に。 | プレゼント | クロワッサン オンライン
プレゼント

難病ALSを宣告されたスター選手が息子に贈るビデオダイアリー『ギフト 僕がきみに残せるもの』鑑賞券を3組6名に。

© 2016 Dear Rivers, LLC

難病ALS を宣告された元NFLのスター選手が、やがて生まれてくる息子に贈るために撮影しはじめたビデオダイアリーが『ギフト 僕がきみに残せるもの』。

アメリカン・フットボールの最高峰、NFLの元スター選手であるスティーヴ・グリーソンはある日、病院で「ALS(筋萎縮性側索硬化症)」の宣告を受けます。そして、同じ頃、妻ミシェルの妊娠が発覚しました。果たして生きている間に、自分は我が子に会うことができるのだろうか。生まれ来る子のために、自分は何が残せるのだろうか。グリーソンは葛藤し、まだ見ぬ子どもに贈るために、毎日、ビデオダイアリーを撮り続けることを決心します…。

本作は、グリーソン自らが撮影した映像と、彼の旧友で介護者ともなったが2人の撮影者が撮影した映像からなる、パーソナルなビデオダイアリーから生まれたドキュメント映画です。しかし、この映画はいわゆる「難病ドキュメンタリー」ではありません。前向きに病気に立ち向かう姿だけではなく、刻々と変化する病状に対する不安、看護に疲れた妻とのケンカ、生きることに絶望する日も映し出します。しかし、きれいごとではなく、ありのままを見せ、ユーモアを忘れずに日々を乗り越えていく彼らの姿は何よりも大きな感動を観客にもたらすのです。

『ギフト 僕がきみに残せるもの』がプレミア上映となったサンダンス映画祭には、グリーソンと家族も登壇。嵐のような賞賛を浴びました。以来、全米で30近い賞を受賞&ノミネート、全米映画批評No.1サイト「ロッテントマト」で驚異的な97%というハイスコアを記録しています。病と闘うグリーソンを支援するミュージシャン、エディ・ヴェダー(パール・ジャム)が楽曲を提供するだけでなく出演もしているのも見どころのひとつです。

観る人に勇気を与える、父と息子の、そして家族の物語『ギフト 僕がきみに残せるもの』の鑑賞券を3組6名にプレゼントします。

© 2016 Dear Rivers, LLC

『ギフト 僕がきみに残せるもの』
8月19日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町&渋谷他にて全国順次ロードショー
監督 クレイ・トゥイール
出演 スティーヴ・グリーソン(元NFL ニューオーリンズ・セインツ)、ミシェル・ヴァリスコ、エディ・ヴェダー(パール・ジャム)、スコット・フジタ ほか

2016年 / アメリカ / 英語 / 111分 / カラー / 5.1ch / DCP /原題:GLEASON
日本語字幕 額賀深雪  
配給 トランスフォーマー
http://transformer.co.jp/m/gift/

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE