facebook instagram twitter youtube
ニュース

短文でリアルに情報を伝え合う、ツイッターでつぶやこう。

長年のガラケー(フィーチャーフォン)愛用者、山口さん。スマホに替えてからの1カ月半の奮闘ぶりと、使いこなすなかでの生活の変化に密着しました。
  • 撮影・岩本慶三 文・一澤ひらり 撮影協力・NTTドコモ
「ツイッター」は140字以内の短い文章を投稿することができ、ユーザー同士が交流できるサービス。

「今日はツイッターを始めてみましょう」
「作家仲間でもやってる人はいますが、まだ読んだことないんです」
と言う山口さんに、携帯ジャーナリストの石川 温さんが解説。

「ツイッターは140文字以内で自分の近況やいま感じたことなどを投稿できるサービスです。投稿することを『ツイートする』とか『つぶやく』とか言います。ちょっとしたひと言を気軽に発信できるのが魅力ですね」
「でもLINEと違って、不特定多数の人が読むんですよね。軽率なことは言えない気がして」
「そんなに構えなくて大丈夫です。山口さんなら『新刊が出ました!』ってツイートすれば本の告知もできるし、フォロワーから読後感想が届くかも」
「なるほど。いろんな使い方ができるんですね。前向きにやってみます!」

テレビ番組『関ジャニ∞クロニクル』の撮影があったときのツイート。「いいね」が3810にも。

ツイッターはLINE同様に無料で入手できる人気のアプリ。やり方もLINEと同じで、まず公式ストアでツイッターを検索してインストールし、アプリを起動する。
「やり方を覚えてしまうと、アプリって簡単に追加できるんですね」
そんな山口さんに、頷く石川さん。
「本当に手際がよくなりました。ツイッターを起動したら、利用登録を行います。アカウントを作成するときは本名ではなく、ニックネームにしてもいいんですよ」
「自分の本のことや雑感もつぶやきたいので、私は本名で大丈夫です」
「ではプロフィールを作成しましょう。画像が入るところに何を入れましょうか。飼っている猫の写真でもいいし、ご自分の顔写真でもいいし」
「それなら、本名を公開するのだし、自分の顔写真にしようかしら」
と潔く決断した山口さん。すでに慣れた手つきでプロフィール画像を自撮り。プロフィールの自己紹介欄に「小説家です」と書き込んだ。
「これで登録完了です」

1. 「ツイッター」アプリを公式ストアからインストールする。
2. プロフィール画像を撮影するために、自撮りに余念がない山口さん。
3. 撮影した画像は円内に入るように、自由にトリミングすることができる。
4. プロフィール画像がアップされて、画面に表示される。
5. 登録が完了し、ツイートを投稿し始めた山口さん。「楽しいですよ!」
1 2 3
文字サイズ