リフォームはライフスタイルに合わせて整理整頓するようなもの。【リフォームのヒント】 | インテリア | クロワッサン オンライン
くらし
ニュース

リフォームはライフスタイルに合わせて整理整頓するようなもの。【リフォームのヒント】

  • 撮影・岩本慶三 文・板倉ミキコ 協力・東京リノベ/フリーダムコーポレーション(www.tokyo-r.jp)

福川公大さん・美亀さんの場合

リビングは、住民が集う社交の場にも変身。住民が集い、飲み会の場となることも多いリビング。「外の人を迎え入れる場所でもあり、大切な社交空間。プライベートでありつつオープンな印象も作りたいです」

いわゆるヴィンテージマンションと呼ばれる物件に、30年以上暮らしているのが建築家の福川さん夫妻。建築のプロであり、さらに数百件の物件を見比べた厳しい目に適ったのは、都心とは思えない緑豊かな敷地や、ホテルライクの管理体制など……。
「中でも、メンテナンスの状態をきちんと見ました。引っ越してきた当初は築10年ほど経ったタイミングでしたが、とてもよく管理されていて、住民が大事に暮らしている様子が伝わってきました。マンションとは共同体の村のようなもの。長く大切に使われているマンションには、住民の愛情も表れてくるんです」(福川公大さん)

引っ越し時に浴室以外をフルリフォームし、さらに20年前、息子の独立を機に新たなリフォームを加えた。
「マンションは基本的な性能などが最初に決まっているので、リフォームできることにもある程度制約があります。でも、設計した当初の建築家の提案は、暮らす人のベストであるとは限りません。自分の生活スタイルが変われば、心地よい空間への条件も変わります。限られた条件の中で暮らしやすい空間を作るために、リフォームは必要です」
そこでプロだからわかる、リフォームを成功に導くポイントを聞いた。
「欲張って何でもやろうとしないことです(笑)。マンションはとにかく制約が多いから、リフォームで何ができるかをまず具体的に知ること。そして、自分が一番大切にしたい場所をメインに考え、そこから生活を想定してみて、何が必要か、そうでないかをジャッジしていく……。リフォームの作業は、今の自分の生活を基準にして、暮らしを整理整頓していくことかもしれません」

飾るのではなく、実用品として使う名作椅子。福川さん夫妻が集めた名作椅子の数々も、客をもてなす実用品として活躍。「椅子はその空間を表す大切なアイテムです。長年愛されてきた逸品には力があります」

福川夫妻の場合は、リビングを主役の家にすることがテーマだった。
「独立していたキッチンをオープンにしてリビングとの一体感を増したり、常にリビングで過ごす時間をメインに想定し、改善点を考えます」
さらに、間取りを変えるような大きな改造だけでなく、家具や壁紙を替えるなど小さな変化もマメに行う。
「ダイニングテーブルは、一昨年替えたものでここに住んでから8代目です。リビングで過ごす時間が長いからこそ、ライフスタイルや好みが変わると、リビングの中心になるダイニングテーブルを替えたくなるんだと思います」とは妻の美亀さん。もともとベースとなっている住まい全体を、リフォームしやすいスクエアな空間にしてあるのもポイントのようだ。

「今後も、生活スタイルに合わせて、より快適で便利な空間をどうしたら形にできるか、自問自答しながら家を変化させ続けていくと思います」

1 2 3 4
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE