くらし
ニュース

効果はリフォーム級! 照明で作る心地いい空間。

  • 撮影・清水朝子 照明プラン・長町志穂 インテリアスタイリング・田中美和子 文・殿井悠子 撮影協力・アワビーズ、器、ハイク、プレイマウンテン

隠れた照明器具で下から灯す。空間に陰影をつける工夫。

【Before】昼白色のシーリングライト。上写真と同じインテリアだが、くつろぐには明るすぎる印象。
【After】植物は、鉢に挿すタイプのスポットと、縦置きの間接照明でライトアップ。テレビ台の後ろにも細長い間接照明を隠して壁を照らしている。テーブルランプはクリアなガラス製で周囲に漏れる灯りも美しい。グレーの台上の、ガラス製テーブルランプRomeomoonT1(W340×H665mm) 白熱球100W 調光器付 11万5000円(日本フロス TEL:03-3582-1468)

くつろぎたいリビングこそ、間接照明を活用。光源を家具の後ろや樹木の鉢に隠して下から照らすことで、陰影が生まれ、ムーディな雰囲気に。上写真では、数台の間接照明とテーブルランプのみ。シーリングライトもダウンライトもなし。
「ダウンライトに加えて間接照明を灯すと、明るさの競争になり、必要以上の光量になってしまいます」

テーブルランプの役割は、手元を照らすこと。調光器付きが便利だ。
「テーブルランプはソファと一心同体。読書ができるように、肩後ろから光が落ちる高さの器具を選びましょう。また、就寝前の30分間は電球色にすると、体が眠りの準備をはじめて心地よく就寝できます」

ストロングライトだけどLEDなので、熱もなく省エネ。スリムな造りでインテリアの邪魔をしない。
ソファの後ろの植木と壁の間に置いた縦型スタンドライトDST-38253Y(ベース部260角×H1240mm)2700K・Ra80 5万2800円(大光電機)

シンボルツリーを照らすのに最適なスポットライト。角度調整できるので、樹木の高さに合わせて光を演出。
テレビ横の鉢植えに挿した、DC12Vスポットライト(灯具部W45×L72×H121mm)3000K・Ra70 2万2000円(リクシル TEL:0120-376-843)

電気工事不要でコンセントに差して使える。大物家具の下に置いて壁一面を明るく灯す、陰の立役者。
テレビ台の後ろに置いた、細長い間接照明DST-38694Y(W65×L1285×H40mm)2700K・Ra83 2万6800円(大光電機)

1 2 3 4
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。