facebook instagram twitter youtube
ニュース

11月25日発売の『クロワッサン』最新号は「消去したい! 冬の乾きジワ。」

乾燥によるシワ、放っておけばそのまま定着してしまうかも? じつは、今年はシワ対策の化粧品が大充実、しっかり手入れをすれば、そのシワを消去してしまうことも可能なのです。化粧品だけでなく、食生活の見直し、シワを作らない習慣も身につけて、シワを気にして思いきり笑えないなんて現実とは、おさらばしましょう。

今日もすてきな笑顔でお過ごしください。

この季節、気になるのはやはりシワ。目尻、口元、額に首すじ。夏には見当たらなかったところに出現する乾きジワを、このまま定着させてはなりません!
今年はシワ改善のエポックメイキングといえそうな製品も発売され、シワが消去される未来もすぐそこに。
とはいえ、肌は自分で作るもの。毎日の手入れ、食生活の見直し、シワとうまくつきあうメイクテクニックも身につけて。
輝くツヤ肌を手に入れて、今日もすてきな笑顔でお過ごしください。

CONTENTS

croissant No. 962
クロワッサン 12月10日号(11月25日発売)

消去したい! 冬の乾きジワ。

横ジワは幸せを溢れさせ、縦ジワは不機嫌を渗ませる。

頭皮の下の頭筋膜をほぐしたら、フェイスラインが上がった!

シワに効く化粧品の登場で、一生「表情豊かな人」でいられそう。

シワ感強調の悲劇を防げ! ベースメイクテクニック。

冬のこわばりがちな肌は、オイル美容液で和らげる。

唇のくすみや乾燥をケアすれば、縦ジワがあっても老けて見えない。

首のシワは筋力低下が原因、「顔ヨガ」で内側から鍛えよう。

お湯に浸かって流すだけで、潤い美肌になるって本当ですか?

1回の食事で肉と魚をたっぷり、もっちりプルプルな美肌に。

油断大敵、入浴後の肌はむしろ乾燥するのです。

手の甲に年齢を語らせない、プロが実践するハンドケア。

長年の研究成果が凝縮された、国産コスメで大人肌を乾かさない。

特別付録
冷えとりコリとり、かんたん整体。

文字サイズ