くらし
ニュース

どんな食べ物も受け止める、森の生命力をたたえた木の器。

  • 撮影・尾嶝 太 文・一澤ひらり

ごはんの水分をほどよく吸い取る天然木は、飯台として最適。

きめ細かで美しい樫のボウル。ごはんの粗熱や余分な湿気を吸収するので、飯台としても役立つ。この日遊びにきた須田さんの長年の友人、生活雑貨店『ミゴラボ』を営む石黒美穂子さんが華やかなちらし寿司を作ってくれた。
「少し深めで混ぜやすいですね。私が器に目覚めたきっかけは須田さんの木の器で、20枚近く持っています。薄手で扱いやすく、使い込むうちに味わい深くなっていくのも魅力です」(石黒さん)

木椀は保温力優秀。見た目も中身も温かい。

味噌汁だけでなく、ポタージュなど和洋を選ばずに使える小ぶりの椀。滑らかな木肌で持ちやすく手にしっくりなじむ。木椀はやさしい風合いの桜、スプーンは楢の木で作られている。
「スープには口当たりの柔らかい木のスプーンが一番です。金属製のものより味がまろやかになって断然おいしいですよ」(須田さん)

素朴なプレートは、季節のフルーツを盛っても野趣満点。

岩手県産のくるみの木で作られたきれいな木目のプレート。季節のフルーツを盛るだけでも絵になるが、前菜を盛り合わせたり、デザート皿にしたりと用途が広く、1枚あると重宝する。
「シンプルなプレートには料理を受け止めてくれる自然のおおらかさがありますよね」(須田さん)

カレーの色が染みても、それが深みになる。経年変化の楽しみも。

「色移りが心配で、カレー皿には使えないと思われがちですが、オリーブ油で仕上げているので油ものとも相性がいい」(須田さん)
写真上の明るい色のプレートはアメリカンチェリー、下はアメリカンウォルナット。材質によって風合いの違いも楽しめる。須田家の定番チキンカレーはいつも木皿で。妻の牧子さんによれば、
「においはつかないし、色が少し染みても器に表情が増していきます」

余分な水分を逃してこんがりトーストの食感を引き立てる。

天然木の木皿の包容力は絶大だ。外はカリッと、中はモチッと、焼きたてパンやトーストのおいしさを、無垢の木肌が最大限キープしてくれる。理想のパン皿だ。
「ウレタン塗装などを施さず、オリーブ油を塗っただけの仕上げなので、除湿性、保温性に優れているんです。ピザをのせてもいいですね。木肌がカサついてきたら、植物油を塗ると息を吹き返してくれますよ」(須田さん)

使い込むほどに愛着が湧いてくるカトラリーたち。

「スプーンやフォークなどのカトラリーは家具の端材を譲ってもらって作ったものです。タモ、カエデなど素材はさまざま。形もサイズも微妙に違っているんです」
と須田さん。パスタフォーク、薬味用のさじなど、細部に実用的な工夫が施されている。
「料理研究家やスタイリストの方たちからアドバイスを受けて、試行錯誤しながら作ってきたので、とても使いやすいと思います」

須田二郎●木工作家。若いときに世界各地を放浪。その後農業や林業に携わり、日本の雑木林を再生したいと20年前から東京・八王子で木工に携わる。「西多摩自然フォーラム」で森林ボランティアの活動も。2017年11月22日より吉祥寺『アウトバウンド』で個展開催の予定。

『クロワッサン』959号より

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE