facebook instagram twitter youtube
ニュース

11月10日発売の『クロワッサン』最新号は「事情別 リフォームのヒント。」

50代からが住まいのリフォーム適齢期です。家族構成の変化に対応するため、あるいは家屋のメンテナンスや機能を向上させるためのリフォーム。自らの老いと向き合いつつ、この機会にじっくり考えてみたいものです。

いくつもの実例から見えてくるリフォームのポイント、考え方。

最近、「リフォーム」「リノベーション」という言葉を耳にする機会が増えたと思いませんか?
一言でリフォームといっても、その事情はさまざまです。
家屋の老朽化対策や防災のためのリフォームのほか、自身の老後を見据えて対策を練る人も多いでしょう。
子供が独立して部屋が空く、老親と同居するといった家族構成の変化も大きな要因です。
こうした多様なケースに寄り添いつつ、なおかつ楽しんでリフォームができるよう、
実際に役立つヒントと、気をつけるべきポイントを取材しました。

CONTENTS

croissant No. 961
クロワッサン 11月25日号(11月10日発売)

50代からの住まい塾
事情別 リフォームのヒント。

水回りをリフォームすると、暮らしの質がぐんと上がります。

これからの人生をもっと楽しく! 希望をかなえる間取りの考え方。

業者選びからお金の話まで、リフォーム誌上相談室。

不動産が負動産になることも! リフォーム前に把握すべきこと。

夢のリフォームプランを、建築家が描いてくれました。

その効果はリフォーム級、照明で作る心地いい空間。

災害から命を守る視点で、リフォームを考えることも大切。

文字サイズ