ニュース

片づけのやる気スイッチは、付箋を使えば簡単に入ります。

  • 撮影・小出和弘

付箋を使ってのダンドリ術を、片づけに活用。

よけいなものは表に出さない、すっきりとした須藤さんのキッチン。

付箋を使うテクニックをアレンジし、家の片づけにも活用している須藤さん。
「モノが散らかるのは決まった置き場所がないから、というのは整理収納の鉄則ですが、私の場合、どうやって整理したらいいかがわからなかったり、やるのが面倒で行動できなかったんです。付箋を使えば一目瞭然で、すぐに行動に移せるようになりました」

収納場所は充分あるのに、なにをどこに置くのかが徹底していなかったため、以前は雑然としていた須藤さんのキッチン。それを改善するために、キッチンの見取り図を作り、棚や引き出しに入っているものをすべて付箋に書き出した。それを、①使う場所の近くにしまう、②一番使う人の立場で考える、③モノの目的から置き場所を決める、④時には思い込みを捨てる、など適宜、整理収納のルールを踏まえて分類した。「見取り図の上にどんどん付箋を貼っていきます。考えが変わったらすぐに貼り直せる。これも付箋ならではです」。実際にモノを動かす前に見取り図と付箋でシミュレーションすれば無駄がないし、作業も楽になるのは間違いない。

まず、置き場所を吟味し、付箋を動かしていく。

須藤さん宅のキッチンの見取り図とモノの収納場所。

1. 位置が高い吊り戸棚には、普段はあまり使わないものを入れている。
2. パントリーには、食材や調理時に使う消耗品のストック、あまり使わない調理家電などを収納。
3. 食器棚の下部には、子育て中の家庭ではあれこれ必要なお弁当グッズを。
4. システムキッチンの引き出しには鍋類や包丁など、日ごろ調理によく使うものを分類して収納。
1 2 3 4
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。