からだ
ニュース

プチ鬱? 情緒不安定? アロマの力で元気になる。

  • 撮影・金子吉輝 ヘア&メイク・大谷亮治 モデル・平川由梨 文・板倉ミキコ

自律神経を整えたい、情緒不安定タイプ。

自分が本来あるべき状態に戻してくれる、 安定感ある精油・ベルガモットが活躍。

左:ベルガモット 5㎖ 1,500円(アロマスクール ・イシス http://www.isisaroma.com)/右:ベルガモット・オーガニック 5㎖ 2,000円(ニールズヤード レメディーズ TEL 0120・554・565)

柑橘系のベルガモットは、自律神経の調整や鎮静効果が。バランスを取るのに優れていて、自分が本来あるべき正常な精神、肉体の状態に戻してくれる。消化器系が不調な時にもよい。100%天然のものを選ぼう。精油は各社から出ているが、香りにも若干違いがあるので好みの香りを吟味して。

ティッシュに精油を垂らすだけでもOK。

一番簡単な芳香浴は、ティッシュに数滴垂らして使うこと。ティッシュを折りたたんで身近に置き、香りを楽しみながら朝の身支度をしたり、読書を楽しんだり……。イライラと興奮している気持ちは治まり、反対にやる気が出ずに沈んだ気持ちの時は少しずつ気分が上がってくる。

心の揺らぎを穏やかにするトリートメント。

ベルガモットエッセンシャルオイル5滴を月見草オイル(他のアロマ用植物油でも)10㎖で希釈。

女性ホルモンのバランスを整える効果の高い月見草オイルと合わせて。胸骨を刺激して胸骨の後ろにある胸腺に影響を与えてホルモン分泌を促す。胸周りの緊張を解く効果もある。日光に当たるとシミになりやすいので夜に行って。

1. 鎖骨下から胸の谷間あたりまでの胸骨の部位にオイルを塗り、上から下に向かって軽く擦る。
2. 両手の親指以外の指を使い、胸骨から外に向かい、肋骨の間を指を移動させて擦る。

※精油は直接肌につけずに、必ずアロマ用植物油で希釈してから使ってください。
※精油は体質や体調により合う合わないがあります。心配な方は、希釈したオイルをひじの内側に少しつけて試してください。

香りだけでなく、肌からも有効成分を吸収。

ベルガモットエッセンシャルオイル3滴、粗塩30g。ガラスか陶器の容器に粗塩と精油を入れて竹串でよく混ぜる。そのまま湯船に入れて。

粗塩に精油をブレンドして作る入浴剤。香りの成分が、鼻からだけでなく皮膚からも吸収され、心身のバランスが整う効果がアップ。入浴の直前に作らないと、精油の効果が薄れてしまうので注意。粗塩はミネラル豊富で加温や発汗作用があるので、精油との相乗効果が期待できる。

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。