facebook instagram twitter youtube
ニュース

井上荒野さんの原点となった、母から贈られた料理本。

料理上手で知られる井上荒野さん。その原点ともいえる一冊から手料理を披露し、食への思いを語ってくれた。
  • 撮影・三東サイ 文・後藤真子

インスタグラムで手料理の写真を公開し、ツイッターでは食に関するつぶやきもしばしば。おいしいもの好きの料理上手として知られる井上荒野さんは、28歳の時に母から譲り受けたレシピの本を、今でも大切に持っている。

暮しの手帖社が昭和44年に初版を発行した『おそうざい十二カ月』と、同47年初版の『おそうざいふう外国料理』。どちらも現在まで、半世紀近くロングセラーとなっている名著だ。

「実家にいた頃は、食事は全部母が作ってくれていたので、私は料理はまったくしませんでした。28歳でひとり暮らしをすると言ったら、母が一緒にデパートへ行き、鍋や食器をそろえてくれて、これを持っていけばと渡してくれたのが、この2冊です。それまで、母が自分で使っていたものでした」

『おそうざい十二カ月』は春夏秋冬のおかずを、『おそうざいふう外国料理』は洋食と中華を、いずれもプロの料理人が、一般の家庭で作りやすく、おいしくできるようにと紹介している。

「わりと基本的な料理が載っているので作りやすかったです。初めは計量して作っていました」と井上さん。料理について何もわからなかったため、ごく普通の家庭料理が掲載されているのがありがたかった。

『おそうざい十二カ月』『 おそうざいふう外国料理』( 共に暮しの手帖社)母から娘へ、親子2代の台所で歴史を刻んだ2冊。『おそう ざい十二カ月』は和食のおかず201品、『おそうざいふう外 国料理』は洋食88品、中華77品が掲載されている。
1 2 3
文字サイズ