facebook instagram twitter youtube
ニュース

貨物船で暮らす寡黙でやさしい猫、カンパチ船長。

内航船で生活を送るキュートな猫・カンパチ船長に会いに行ってきました。
船長・まさとさんが手作りした船長専用の帽子はなかなか頭にかぶらない。

カンパチ船長は海の猫だから、港に着いても船を下りない。内航船の操舵室と居住区を行き来して、船の安全と船員の健康を見守っている。

「めったにニャーって言わない静かな猫なんですよ。内航船というのは国内で貨物輸送をする船で、船員は交代で下船し休暇を取るんですが、カンパチ船長はずっと船内にいます」と人間の船長(こちらが本物です)・まさとさん。寄港地でも船員の誰かが必ず船に残って、カンパチ船長と一緒に留守番する。まさとさんはこの日、ちょうど休暇明け。「外から船に戻るとにおいチェックされるんですよ。これがもう、かわいくてね。あっ、今度はそちらへにおいチェックに行きましたね!」

物静かだが愛想よく、取材者のにおいを嗅いで身をすり寄せる。なんて魅力的な美猫なんだろう(できることなら連れて帰りたい……)。

「カンパチ船長は、船乗りになる前は名古屋のペットショップにいたんですよ。この船が名古屋に寄港したとき、たまたま私が通りかかって一目惚れしたんですね。それから本船の猫船長として昼夜を問わず、働いたり遊んだり寝たりしています」

操舵室の窓辺に座ってワッチ(見張り)をする。昼間の見張りは「殿様ワッチ」、夜間の見張りは「泥棒ワッチ」と呼ばれる。

カンパチ船長の主な仕事は、ワッチといって操舵室で窓から外を見張るのが1つ。巡検といって船内を点検して回るのが2つ。このとき全ての船員の部屋を回って心を癒やす、メンタルケアの役割も果たしているという。

「見てください。休暇で会わないうちに、いつのまにかカンパチ船長が立てるようになって……立ち上がって舵を取る真似をしてますよ!」まさとさん、感動して瞳をウルウルさせている。カンパチ船長が乗船して約1年、舵だりん輪と呼ばれる3つ目の仕事が新たに加わりそうだ。

ツイッター(@captainKanpachi)がきっかけで人気に火がついたカンパチ船長。
1 2
文字サイズ