くらし
ニュース

ぶさかわな表情とまあるいフォルムの猫、ぽてくん。

  • 撮影・清水朝子 文・石飛カノ

まだ遊びたい盛りの11カ月。好奇心旺盛におもちゃに飛びついてくる。お気に入りの場所であるソファの背もたれから、おもちゃ目がけて華麗なジャンプを披露することも。このショットは、インスタグラム(アカウントはpote_ch)にアップされているのでそちらをご覧あれ。

ほかに3匹の同居猫がいる。10歳のラグドール、9歳のロシアンブルー、4歳のマンチカン。みんな、ぽてくんよりはるかにお兄さん。

「一番年下というのもありますけど、ぽてが一番手がかかります。ほかの猫は好みませんが、ぽての好物は牛肉。オージービーフの赤身の細切れをあげています。ブリーダーさんによると、牛肉を食べると、フォルムが丸くなるらしいです」

ふだんはほとんど鳴かないのに牛肉をねだるときだけ鳴くのだそう。いかにも末っ子猫らしい、ちゃっかりぶり。

「それと、顔がぺたんこなので涙腺が潰れていて涙がしょっちゅう出ます。その涙とほっぺたの模様が一体化してかわいいんですけど、その都度、涙を拭いてあげないといけないし大変」などと言いながら、児玉さん、夜寝るときはぽてくんだけ寝室に連れていき、一緒に寝ているという。理由はもちろん、懐いてほしいから。

「本当は4匹目を飼うつもりはあまりなかったんです。でも見つけちゃったもので……」

出合ってしまったからには、もう飼うしかない。これぞ猫好きの性。

『クロワッサン』954号より

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。