くらし
ニュース

老舗の銘品から行列必至の和菓子まで。通がおすすめする京都土産。

京都に行ったら買いたいお土産を推薦者のおすすめコメントとともに紹介します。
  • 撮影・小出和弘 文・高橋マキ

錦・高倉屋のゆず大根 450円

「我が家でも大人気。一度食べたらやみつきです」(三島邦弘さん・ミシマ社代表)。短冊切りにしたやわらかな大根と、爽やかな柚子の香りが人気の京漬物。贈答用にはオリジナルの風呂敷に包んでもらえる。

にしき・たかくらや●京都市中京区錦小路通寺町西入ル東大文字町269・2 ☎︎075・231・0081 10時~18時30分 無休 通販可。箱入り手土産用京漬物2,730円~。竹籠風呂敷包装は別途800円。http://www.takakuraya.jp 

今西軒のおはぎ三種(つぶ、こし、きなこ)各190円(税込み)

「甘さ控えめ、ひと口食べると口の中にふわっとおいしさが広がって、しゅっと消える。とても繊細な味わいなんです」(伊藤まさこさん・スタイリスト)。どのおはぎも早ければ午前中に売り切れてしまう人気ぶり。

いまにしけん●京都市下京区烏丸五条西入ル一筋目下ル横諏訪町312 ☎075・351・5825 9時30分~売り切れまで 火曜・第1・3・5月曜(7~8月は月・火曜)休 発送不可。数量限定で予約も受け付ける。

イタリア菓子コロンボのアマレット風味のティラミス 500円

クッキーとマスカルポーネのクリームをバランスよく、食べきりサイズに仕上げてあるのでお土産にぴったり。「よく行くイタリア食堂の洋菓子部門。瓶詰というのがちょっと洒落ていて、いいでしょう?」(永江朗さん・フリーライター)

いたりあかしころんぼ●京都市中京区寺町通二条上ル西側要法寺前町709・2 ☎︎075・231・5577 11時~18時 水曜休 地方発送不可。

大黒屋鎌餅本舗 の鎌餅 各200円

絹のような羽二重餅に、黒蜜で風味づけしたこしあん。「滑らかな舌ざわりの餅がふるふると滑り、おそるおそる歯を入れると、あんに包まれた黒糖の爽やかな甘みが口中に。楽屋見舞いにも」(柏井壽さん・作家)

だいこくやかまもちほんぽ●京都市上京区寺町通今出川上ル4丁目西入ル阿弥陀寺前町25 ☎︎075・231・1495 8時30分~19時 第2・4水曜休 地方発送可。懐中しるこ300円、店頭であんを詰めてもらえる最中176円(税込み)もおすすめ。

鍵善良房 の菊寿糖 1,600円(28個入り、税込み)

江戸時代から使い継がれているデザイン。鍵善の代表とも言える干菓子。「奥の喫茶店でくずきりをいただいた後、帰りがけにいつも買うのがこちら。木箱に入ったその様子がたまらなく美しい」(伊藤まさこさん・スタイリスト)

かぎぜんよしふさ●京都市東山区祇園町北側264 ☎︎075・561・1818 9時~18時(喫茶は9時30分~17時45分L.O) 月曜休 地方発送可。http://www.kagizen.co.jp

みなとや幽霊子育飴本舗の幽霊子育て飴 500円(税込み)

透き通るような琥珀色の麦芽糖、自然に割れたようなまちまちの形が素朴。「意味深な子育て飴という名前は、母の愛情は強し、と頷いてしまう伝説から。くせになる味ですので、ぜひお試しを」(羽田美智子さん・女優)

みなとやゆうれいこそだてあめほんぽ●京都市東山区松原通大和大路東入ル2丁目轆轤町80・1 ☎︎075・561・0321 10時~16時 無休 地方発送可。http://kosodateame.com

志津屋のカルネ 180円(税込み)

シャキシャキの玉ねぎとハム、まろやかな口当たりのオリジナルマーガリンを軽やかにサンド。「昔から食べている懐かしい味。京都人にとっての調理パンといえばコレ、と言ってもいいくらい」(松井さん)

しづや●京都市下京区東塩小路町8・3 JR京都駅八条口「アスティロード」内 ☎︎075・692・2452 7時~22時 無休 地方発送不可。http://www.sizuya.co.jp

城洋園の茶だんご 1本65円

駅前のお茶屋さんが作る茶だんごは、城陽「もりた園」の高級抹茶を使用し、もっちりとした食感がうれしいおやつ。「お茶の味がしっかりとしていてオススメ。普段あまり甘いものを食べない、という方にも」(三島邦弘さん・ミシマ社代表)

じょうようえん●京都府城陽市平川指月76・1 ☎︎0774・52・2130 9時~19時30分 日曜休 地方発送可。10本箱入り750円。夏場は翌日まで、冬場は3日ほど日持ちする。

『クロワッサン』947号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE