facebook instagram twitter youtube
ニュース

夫婦揃って失業、残高マイナス200万円。お金のピンチを乗り切るコツ。

お金のプロに誰もが陥るお金の危機の乗り切り方を教えてもらいました。
  • 撮影・松尾成美 文・神舘和典

「行内にあなたのポジションがなくなりました」

2008年11月、花輪陽子さんは外資系の投資銀行での職を失った。

「その2カ月前にリーマン・ブラザーズが破綻。日に日に会社の経営が悪化して、居場所がなくなりました」

結婚直後。新婚旅行先のモルジブから帰国すると、手の打ちようのない状況だった。時を同じくして夫の会社も倒産。リーマンショックで夫婦ともども失業。幸せの絶頂から奈落へ。

「まず、家賃20万円の部屋から13万円の部屋へ引っ越し、年間60万円かかっていた保険を解約。夫の小遣いは、ランチ代と交通費も含めて月5万円程度を現金支給で。それを機に猛勉強し、ファイナンシャルプランナーの資格を取得。家計を立て直しました」

現在は夫の転勤でシンガポール在住の花輪さんだが、結婚前にも2度、“個人的経済危機”を体験している。

7枚のカードローンで残高マイナス200万円。

「このカードはお使いになれません」

ブランドショップのレジで言われ、花輪さんはうつむいた。何度同じ体験をしても、恥ずかしさに慣れはない。

「最初の散財期は学生時代です。カリフォルニア州の短期語学留学中にカードを使いまくり、1カ月で30万円のマイナスになりました」

帰国後、時給の高い家電量販店で携帯電話のキャンペーンガールのアルバイトを見つけ、数カ月で返済した。

「2度目の散財は独身OL時代。服や靴やバッグで200万円のマイナスです。渋谷のお気に入りのショップで、スタッフさんに勧められるまま買い続けました。クレジットカードは7枚持っていましたけれど、そのうちの何枚かは限度額まで使いました」

残高がマイナス200万円の頃、アメリカのファイナンシャルプランナー、スージー・オーマンさんの著書『幸せになれる人 バカな人生を送る人のお金の法則』と出合い、一念発起。

「リボ払いの残高がマイナス2000万円になり、ハイウェイでの罰金も払えなくなった著者がV字復活する実話です。他人事とは思えませんでした」

花輪さんの生活は一変する。食事は毎日、納豆ご飯とみそ汁、百貨店近くの道は歩かない……。節約を徹底して1年で200万円を返済した。その苦労と経験が現在の花輪さんを支えている。

『クロワッサン』942号より

●風呂内亜矢さん ファイナンシャルプランナー/SE、不動産会社勤務を経て現職。最新刊は『できる女は「抜け目」ない』(あさ出版)。

文字サイズ