ニュース

女が離婚を考える瞬間。その引き金とは?

読者アンケートからわかった、「女が離婚を考える瞬間」。ルポライターの亀山早苗さん、内澤旬子さんと現代の離婚について紐解きます。
  • 撮影・中島慶子、森山祐子 文・今井 恵

ただ離婚を考えるということと、実際に離婚するのでは大きな隔たりがある。

「習い事のお稽古場で40代、50代の女性が5〜6人集まっていた時のこと。ひとりの女性が夫のことを『いなくなればいいのに……』と言ったところ、ほぼ全員が『うちもいなくなればいいのに』と同意したことがあって。その後、離婚した方はいなかったんですが、身近な女性がこんなにも夫を疎んじているのかと驚きました」と、『捨てる女』などの著書がある、イラストルポライターの内澤旬子さん。

「離婚するかしないかの分かれ目は、今の暮らしを壊してまで相手と別れたいという強い気持ちがあるかどうか。そこには子どもの学校や収入の問題も絡んでくるので、物理的マイナスと精神的マイナスと、離婚によるプラスの収支が合うかどうか。そこに尽きると思います」

その〝収支〟に勝つ離婚の理由ベスト3が「性格の不一致」「借金」「DV」。続いて「相手に愛情がなくなった」「浮気」と続く。読者アンケートにも、「以前から金銭感覚の違いなどいろいろ問題があり我慢していたところへ、夫の浮気が発覚」(北海道・67歳)、「相手が仕事をしなかった」(東京都・44歳)、「いろいろ理由はあったものの、最後の決め手は子どもや私にキレて手をあげること」(東京都・42歳)。

イラストルポライターの内澤旬子さん。

「今の時代は、教育的にも女性の経済力からいっても、女性が我慢しなくなってきている。特に東日本大震災以降、いつ死ぬかわからない、それなら会いたい人に会っておこう、好きな人生を歩もうと積極的に思うようになった女性が増えているのです」と話すのは、ルポライターの亀山早苗さん。

「私自身の離婚も性格の不一致。私の場合、乳がんになったことをきっかけに、もっとアクティブに生きたいと思った瞬間、元夫が大量に所有する古本に囲まれた生活が急に嫌になって。そんな私の変化に夫がついてこられずズレが生じ、10年以上の結婚生活に終止符を打ちました」(内澤さん)

離婚の原因のひとつにセックスレスという現象も。

そして離婚の原因の中に、以前はなかった傾向も見えると亀山さん。

「最も増えているのがセックスレスではないでしょうか? これは浮気、性格の不一致といった答えの中に潜んでいる大きな原因のひとつ。その中でも多いのが、女性側が夫とセックスしたくないという話。でも一生セックスをしたくないわけではない。〝夫とは嫌〟ということなんです」

また離婚には、男女間の〝家庭に求めること〟の違いもあるのではないだろうか。

「女性は暮らしの中に常に新しい風が欲しいんです。一方で男性が暮らしに求めるのが〝習慣〞という居心地の良さなんです」(内澤さん)

「男は習慣がとても大切。不平不満があっても、出て行くのも、出て行かれるのも面倒。ある意味、適応能力が低いと言えるのかも」(亀山さん)

例えば40代で子育てが一段落すると、専業主婦だった女性もパートに出て働き始めたり、趣味を楽しむようになる。そこに習慣という居心地の良さを感じていた男性が、妻の変化を好ましく思わないというズレが生じてくる。

「離婚はそうした小さなことの積み重ねに大きな原因が引き金となって起こる。それが性格の不一致という圧倒的な理由になるんでしょう」(亀山さん)

ルポライターの亀山早苗さん。

『クロワッサン』940号より

●内澤旬子さん イラストルポライター/独特の視点のイラストルポで活躍。小豆島への移住を綴った『漂うままに島に着き』(朝日新聞出版)ほか。

●亀山早苗さん ルポライター/男女間の恋愛、不倫、性問題にまつわる著書多数。最新刊は『人はなぜ不倫をするのか』(SB新書

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE
TAGS
#離婚 #