くらし
ニュース
更新:

岸本葉子さんに学ぶ、すっきり空間を生む知恵。

  • 撮影・三東サイ 文・黒澤 彩

洗濯ばさみを迷子にしないアイデア。

「洗濯ばさみはついつい迷子にしてしまいがち。針金ハンガーを丸く輪にして、片側に洗濯ばさみ、片側にクリップをはさんで収納」普段は洗濯機の脇に下げておき、使う時はハンガーごと持っていく。ちょっとした発想で、ものがオブジェのようになじんでいる。

クローゼット内の収納は、色で揃えておく。

岸本さんの衣服の収納方法も、シンプルでユニーク。「夏物冬物に関係なく、色で揃えています。夏場ならモコモコした冬物は奥のほうに置けばいい。これなら衣替えの時季や季節の変わり目に、わざわざ入れ換える必要がありません」ワードローブも最小限。①普段着、②外出用のジャケット、③テレビ出演用の明るいトーンの服、④お気に入りのバッグ、と明快。

『クロワッサン』934号より

●岸本葉子さん エッセイスト/1961年、神奈川県生まれ。食や暮らし、旅に関するエッセイを数多く発表。著書に『週末介護』『江戸の人になってみる』など。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。