人気のパクチーが主役のお手軽サラダレシピ3選。 | ニュース | クロワッサン オンライン
ニュース

人気のパクチーが主役の
お手軽サラダレシピ3選。

独特の味わいで人気のパクチーは、その健康効果も話題。添えるだけじゃない、パクチーが主役のレシピを紹介します。今回は食卓に取り入れやすいサラダのレシピ3選。

 
ミントやディル、バジルなど、普段から料理にハーブを使うのが大好きだという冷水希三子さん。
「なかでもパクチーは、主役になれる数少ないハーブだと思います。私のお気に入りは、食パンにパクチーとオリーブ油、塩をサンドするだけのシンプルな『パクチーパン』。肉・魚料理や炭水化物にも合うので、サラダや添え物に使うだけではもったいないですよ」
エグみがあり個性が強いと思われがちだが、意外にも、調理するとどんな味にもしっくりなじむ。
「今回の9品も、味付けやアプローチは様々。スパイス類を使わなくても、パクチーのコクや香りがアクセントになって味に充分、深みが出るんです」
生のパクチーは上記の方法なら、3〜4日は生き生きとしたまま保存が可能です。
この香りとコクの虜になる人が続出のパクチー。
この香りとコクの虜になる人が続出のパクチー。


 

パクチーの正しい保存方法

根から葉まで全体を、20分ほど水にさらす。
根から葉まで全体を、20分ほど水にさらす。
よく振って水気を切ってから全体をペーパーでくるむ。
よく振って水気を切ってから全体をペーパーでくるむ。


葉が極力ビニール袋に触れないように入れ、冷蔵庫へ。
葉が極力ビニール袋に触れないように入れ、冷蔵庫へ。


 

刻んで、和えて、乗せて。
シャキシャキの食感を楽しむパクチーのサラダ

パクチー豆サラダ

時間をおいて白ワインビネガーやドライトマトの酸味がなじんでくると、パクチーの味と香りがまろやかに。豆は、白いんげん豆や大豆で代用しても良い。

中東やアジアでも定番、暑気払いにぴったりのサラダ。
中東やアジアでも定番、暑気払いにぴったりのサラダ。
材料(2人分)ひよこ豆(乾燥)80g パクチー20g ドライトマト10g 白ワインビネガー少々 赤玉ねぎみじん切り大さじ1 A[レモン汁大さじ½ 白ワインビネガー小さじ1 オリーブ油大さじ1/2 クミンパウダー小さじ1/3 にんにくすりおろし少々 塩適量]
作り方 
2.ひよこ豆を6倍の水で一晩戻し、鍋に入れて中火にかける。沸いてアクを取ったら塩少々と香味野菜やローリエ(分量外)を加え軽く蓋をずらして柔らかくなるまで30~40分煮る。味を確認し、足りなければ塩を足して冷ます。
2.ドライトマトに熱湯(分量外)をひたひたに注ぎ、白ワインビネガーを加えて蓋をする。20分ほど戻し、水気を切って粗みじん切り。パクチーはみじん切り。
3.ボウルにAを混ぜ、①のひよこ豆の汁気を切って加え、パクチーとドライトマト、赤玉ねぎを加え混ぜる。


 

パクチー葱サラダ

シャキッとした歯ざわりがポイントなので、パクチーはしっかりと水にさらす。油は鍋から煙が出るくらい熱々に熱し、長ねぎの風味を香らせて。

食欲そそる葱の香味オイルは熱々の油をジュッとかけて。
食欲そそる葱の香味オイルは熱々の油をジュッとかけて。
材料(2人分) 
パクチー40~50g きゅうり1本 青唐辛子(あれば)1~2本 長ねぎ8㎝ 油大さじ2 A[酢大さじ1 砂糖小さじ⅓ 塩小さじ¼]
作り方 
1.長ねぎはみじん切りにしてボウルに入れ、熱々に熱した油をジュッとかけてAを加え混ぜ合わせる。
2.パクチーはざく切り、きゅうりは5㎝長さの千切り、青唐辛子も千切りにして1のボウルに加え混ぜ合わせる。


 

焼き茄子 花椒パクチーサラダ

茄子は、直火焼きの網か魚焼きグリルで焼いて香ばしさを出す。焼いた後にボウルに入れ、ラップをして10分くらい蒸らすと皮がぺろんとむける。

パクチーの爽やかな苦みと ピリリと辛い花椒が絶妙。
パクチーの爽やかな苦みとピリリと辛い花椒が絶妙。
材料(2人分) 
茄子4~5本 パクチー好きなだけ 花椒小さじ1 塩ひとつまみ ピーナッツ30粒 桜えびや小えび大さじ1 A[鰹昆布だし大さじ2 黒酢小さじ2 しょうゆ小さじ½ ごま油小さじ1]
作り方 
1.花椒と塩をフライパンで弱火で乾煎りしてすり鉢で潰す。
2. 1にピーナッツ、桜えびや小えびを加え軽く潰す。
3.茄子は直火で黒く焼き、少し蒸らしてから皮をむく。
4.皿に焼き茄子を盛り、上にパクチーの粗みじん切りを乗せ、合わせたAを回しかけ2を好みの量ふりかける。


 

◎冷水希三子さん 料理研究家/季節の味をいかす滋味深い料理に定評。著書に『ハーブのサラダ』(アノニマ・スタジオ)

『クロワッサン』926号(2016年6月10日号)より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE