ニュース

猫の習性を熟知する獣医師に聞く、
正しい猫用品の選び方vol.1

猫の健康を守るための必需品であるブラッシングブラシや爪とぎ、歯ブラシ、洗剤、そして寒さ対策についてなど、多岐にわたり猫用品選びのポイントを、獣医師の臼杵新さんに伺いました。

「個体差はあるものの、猫の性質にはある一定の法則や方向性、クセがある。それをしっかり踏まえたうえで猫用品を選ぶことが大切です」

そう話すのは「ウスキ動物病院」院長の臼杵新さん。

猫用品に共通するのは頑丈で壊れにくいものを選ぶこと。「その道具が本当に安全であるかどうかを見極める目を持つことも大切」と臼杵さんは言います。

キャリーバッグなら中の猫が不安定な布製より丈夫なプラスチック製に軍配が上がります。

さらにもう一つ、重要なカギとなるのが、飼い主が手入れをしやすいかどうかという点。

「猫はとにかくきれい好きなんです。手入れがしにくいと不衛生になりやすく、病気を招くことにもなりかねない。とくに毎日使うご飯や水飲み用の食器はシンプルで洗いやすく、耐久性のあるものが一番だと思います。おうちやトイレもメンテナンスしやすい素材や形を選ぶこと。猫だけでなく人間も同じく気持ちよく暮らせることが商品選び最大のポイントですね」
 
今回はほかにも獣医師の立場から、健康を守るための必需品であるブラッシングブラシや爪とぎ、歯ブラシ、洗剤、そして寒さ対策についてなど、多岐にわたり商品選びのコツを教えてもらいました。ぜひ参考にしてみてください。

食器&水飲み

おすすめはステンレス製か陶磁器製。いずれも熱湯消毒ができて手入れがラクなうえ、アレルギーを起こしにくい素材であることもポイント。陶磁器には電子レンジで温められるものも多い。

ステンレスダブル食器S(口径14㎝×深さ5㎝)2,500円(ペピイ)

ステンレスダブル食器S(口径14㎝×深さ5㎝)2,500円(ペピイ)

HARIO にゃんプレ ショートヘア用(ピンク)・ロングヘア用(青)各2,000円(ペ ピイ)

HARIO にゃんプレ ショートヘア用(ピンク)・ロングヘア用(青)各2,000円(ペ
ピイ)


 

歯ブラシ

猫のオーラルケア用品はさまざまあるが、「猫は口の中を触られるのを嫌がるので、まずは歯みがきをさせてもらえるように慣れさせること。柔らかいスポンジ素材のブラシなら猫の嫌悪感が少ないはず」。

PETKISSすき間もみがける波型フィンガー歯ブラシ(2枚入り)475円(ライオン商事)

PETKISSすき間もみがける波型フィンガー歯ブラシ(2枚入り)475円(ライオン商事)

 

キャリーバッグ

プラスチック製は安定感抜群。たとえ猫が嘔吐や下痢、失禁などをして汚れても、すぐに水洗いできるのが最大のメリット。間口が広く、さらに正面だけでなく上面がパカッと開くタイプがおすすめ。

キャンピングキャリーダブルドア ピンクS(幅約47㎝× 奥行32㎝×高さ29㎝・1.8㎏)4,800円(ペピイ)

キャンピングキャリーダブルドア ピンクS(幅約47㎝×
奥行32㎝×高さ29㎝・1.8㎏)4,800円(ペピイ)


 

ブラッシングブラシ

「多様にありますが、獣医が現場で使うのは普通の金櫛とスリッカーブラシ。猫に負担が少なく、人間も使いやすいからやっぱりここに落ち着きます」。毛玉を飲み込む負担を避けるためにもお手入れを。

上・ペットラボ スタンダードコームS1,180円、下・ペットラボ ソフトスリッカーS 880円※共に編集部調べ(スーパーキャット)

上・ペットラボ スタンダードコームS1,180円、下・ペットラボ ソフトスリッカーS 880円※共に編集部調べ(スーパーキャット)


 

爪とぎ

爪とぎは不可欠だから、猫の好みを最優先にした選び方をしたい。まずは素材の違うシンプルな爪とぎを用意してどれが一番好きなのかを見極めて。その際、猫が乗れる大きさのものを用意しよう。

段ボールタイプ。ひだまり猫の爪とぎ 小2,000円、大2,600円*写真は大(ペピイ)、

段ボールタイプ。ひだまり猫の爪とぎ 小2,000円、大2,600円*写真は大(ペピイ)


あったかグッズ

部屋ごと温めるならエアコンが一番。でも経済的にそうはいかない場合には猫用コタツがおすすめ。人間用ほど温度が上がりすぎず電気代も節約。「全体をタオルケットなどで覆うとさらに猫も喜びます」

天板部分の裏側に遠赤外線ヒーターが設置されている。遠赤ヒーター付サイドテーブル(幅約60㎝×奥行43㎝×高さ40㎝)3万5600円(ペピイ)

天板部分の裏側に遠赤外線ヒーターが設置されている。遠赤ヒーター付サイドテーブル(幅約60㎝×奥行43㎝×高さ40㎝)3万5600円(ペピイ)


 

◎臼杵 新さん ウスキ動物病院院長/動物の性質や本能を見極めつつ実質的で安全な飼い方を指南してくれる。『にゃんこのためにどれを買う?』(三才ブックス)など著書あり。

『クロワッサン』916号(2016年1月10日号)より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE