facebook instagram twitter youtube
ニュース

ロシャン・シルバさんに聞く、
豊かな食の空間。

美しくて古いものに囲まれ、目にもおいしい食の空間。決して広くない一般的な間取りのキッチンはどこも絵になる美しさにあふれています。厳選されたアンティークを使いこなして暮らす、ロシャン・シルバさんのご自宅を訪ねました。

味わいのあるアンティークの家具が、素っ気ない作り付けの棚とあいまって、ほどよく肩の力が抜けた雰囲気の台所。ダイニングテーブルは、食材の下ごしらえから盛りつけまで、作業台として活用。コンロや流しまでも近いので、無駄なく動ける。夫婦の息の合った作業も見事。

味わいのあるアンティークの家具が、素っ気ない作り付けの棚とあいまって、ほどよく肩の力が抜けた雰囲気の台所。ダイニングテーブルは、食材の下ごしらえから盛りつけまで、作業台として活用。コンロや流しまでも近いので、無駄なく動ける。夫婦の息の合った作業も見事。

毎日使ってこそ分かる、アンティークの美しさ。

日差しがたっぷり差し込むキッチンから、ハーブやスパイスのいい香りが漂ってきました。手際よく料理を進めているのは、3つの人気カフェのオーナーであり、服のデザインや店舗の設計なども手がけるロシャン・シルバさんと、妻の裕子さんです。

「生まれ育ったミラノの家は、18世紀の建物。家の中には、アンティークの家具や食器がたくさんありました。また、大学生の時に、イタリアの田舎にある知人の家で、数カ月暮らしたこともあります。その家の家具もアンティークでした。重厚な雰囲気だった実家の家具に比べると、もう少し素朴な味わいのものです。その家では、トマトやイチジクを収穫して、一年分の保存食を作ったり、リンゴを一年じゅう倉庫に保管して、いろいろな料理に使ったりしていました。ものをほとんど捨てない暮らしが印象的でしたね」

 その後も、ヨーロッパ各地を訪れ、フランスで暮らした経験も持つシルバさん。さまざまなものに触れながら、独自の世界観と美意識を作り上げていった。現在使っている器は、多くが19世紀以前のアンティーク。年に4〜5回は訪れるという、フランスやベルギーで手に入れたものです。白やクリーム色の、シンプルで、ぽってりとした質感のものが多い。

「古い器の持つストーリーや味わいが、料理をよりいっそうおいしく見せてくれる気がします」

アンティークのバカラのグラスは、日常使いに。取っ手付きのまな板は、シルバさんの店でもオリジナルを販売していて、人気の商品だそう。

アンティークのバカラのグラスは、日常使いに。取っ手付きのまな板は、シルバさんの店でもオリジナルを販売していて、人気の商品だそう。

お菓子も普段からよく作るシルバ家。焼き菓子の型も、もちろんアンティーク。イギリスやアメリカのものが多い。

お菓子も普段からよく作るシルバ家。焼き菓子の型も、もちろんアンティーク。イギリスやアメリカのものが多い。

塩を入れているのは、昔は薬草入れとして使われていた容器。

塩を入れているのは、昔は薬草入れとして使われていた容器。


窓辺に置いてあった大きめのカフェオレボウルには、レモンが入っていた。レモンはシロップやレモンピールを作るなど、シルバ家ではよく使う食材。

窓辺に置いてあった大きめのカフェオレボウルには、レモンが入っていた。レモンはシロップやレモンピールを作るなど、シルバ家ではよく使う食材。

長年使っているうちに、取 っ手が取れてしまった鍋。それでも、小ぶりなサイズや、ちょうどよい深さが使いやすいので手放せず、鍋つかみで縁を持つなどして、今も現役で活躍させている。

長年使っているうちに、取
っ手が取れてしまった鍋。それでも、小ぶりなサイズや、ちょうどよい深さが使いやすいので手放せず、鍋つかみで縁を持つなどして、今も現役で活躍させている。


アンティークのカトラリーやカフェオレボウルは、毎日すぐに使えるよう、常にダイニングテーブルの上に置いてある。

アンティークのカトラリーやカフェオレボウルは、毎日すぐに使えるよう、常にダイニングテーブルの上に置いてある。

器洗い用のブラシは、もともとはヨーロッパで薬草入れに使われていた容器に収納。タワシ類はアンティークのゼリーの型にちょうどよくおさまっている。

器洗い用のブラシは、もともとはヨーロッパで薬草入れに使われていた容器に収納。タワシ類はアンティークのゼリーの型にちょうどよくおさまっている。


食器に、調理道具に。ひとつの器を何通りにも。

それにしても、器や鍋の数が、予想以上に少ないことに驚かされます。コンロの下の棚にすっきりしまい込んでいるのは、5つの鍋と3つのフライパンのみ。これらを駆使して、すべての調理を行う。ふだん使っているアンティークの食器は、すぐ使えるよう、棚の上に重ねて置いてあるが、その数はわずか10数枚です。

「たとえば、カフェオレボウルひとつとっても、お茶を入れるほかに、スープを入れたり、食材を混ぜるボウル代わりにしたり。ひとつの使い方に限定しないので、道具も器もたくさんは必要ないんです」

この家の器や道具が、どれも生き生きして見えるのは、シルバさんの型にはまらない発想によって、毎日、あらゆる場面で活躍しているからかもしれません。

「我が家の食器や鍋は、10年以上使っているものばかりです」

 本当に好きなものを厳選し、それをとことん使い抜く。シルバさんのキッチンを美しく見せている、もうひとつの秘密は、ここにありました。

日常的に使う食器類は、棚の上に重ねて置いてある。

日常的に使う食器類は、棚の上に重ねて置いてある。


果物は2人の娘たちがいつでも食べられるよう、常にテーブルの上に。南仏製のテラコッタの手付き鍋に入れている。

果物は2人の娘たちがいつでも食べられるよう、常にテーブルの上に。南仏製のテラコッタの手付き鍋に入れている。

果物を盛っていた2の鍋は、火にかけて使うこともしばしば。

果物を盛っていた2の鍋は、火にかけて使うこともしばしば。


黄色の大鉢は、食器としてだけでなく、調理用のボウルにも便利な大きさ。

黄色の大鉢は、食器としてだけでなく、調理用のボウルにも便利な大きさ。

食材を混ぜるのに使っていたカフェオレボウルは、食事の際にはスープを入れる器として使用。

食材を混ぜるのに使っていたカフェオレボウルは、食事の際にはスープを入れる器として使用。


片口の深鉢は、食材を保管するのにも重宝。

片口の深鉢は、食材を保管するのにも重宝。

 

◎ロシャン・シルバさんは、イタリア出身。中目黒、鎌倉、自由が丘にあるカフェを経営。独特のセンスが人気を呼び、服のデザイン、店舗設計、ウェディングの演出など、活躍は多岐に。著書に『ラヴィアラカンパーニュ ロシャン・シルバの静かな生活』(1月と7月)。妻の裕子さんはニットデザイナー。

『クロワッサン』915号(2015年12月25日号)より

文字サイズ