ニュース

まだ間に合う!ラクしてキレイに大掃除
〜電子レンジ編〜

大掃除は年末の大仕事。知らないうちにホコリは家じゅうに溜まり、気がつけば厄介な状況になることもしばしば。掃除をもっと楽にする使い勝手のいい道具の選び方や方法を家事・収納アドバイザー、本多弘美さんの指導のもと、漫画家の西家ヒバリさんが実践しました。

 

「まず、大掃除のテーマを決めます。例えば〝気になっている油汚れを絶対に取る〟でもいいですし、〝普段、手が回らない箇所を徹底的に掃除する〟とか。目標ができると掃除はしやすくなります。次にエリアごとに分けて、大掃除する箇所を書き出します。そして、その箇所の重要度に印をつけます。印が多くついた箇所はしっかり掃除をする部分、逆に少ないところや印がないところは、楽をする箇所です」

掃除の重要度が決まったら、自分なりに掃除にかける時間を出します。

「1カ所にかける掃除の時間は15分を基本にして、しっかり掃除する部分は15分にプラス、楽をする部分はマイナスで調整し、エリア全体を60分で終了するようにします。それがわかると、何日間で掃除ができるか、道具は何を揃えればいいかなど、計画が立てやすくなります。また、楽をする部分は性能に優れた家電の力を活用すると作業効率がぐんとアップします」

汚れを拭き取る 古布や雑巾、隅の汚れをかき出す古歯 ブラシや竹串など、使い切りの道具も多めに用意しておけば、汚れたらすぐに取り換えられ便利。

「掃除道具は手元に置くことが肝心で す。掃除を始めてから、あれがない、 これがない、では作業が進みません。 洗剤の残量チェックも忘れずに。掃除中で洗剤が切れたのでは、テンショ ンも下がります」

ほかにも大掃除の注意点として、掃除の見切りのつけ方も重要です。

「取れなかった汚れが落ち始めると、 次々と汚れが目につき始めます。するとそこだけに集中してしまい、1カ所だけで終了してしまうことにもなりかねません。大掃除で完璧に汚れを落とすのも大切なのですが、気になっているメインの汚れが落ちたら〝よし〟と するのも必要なことです。毎日の掃除 でその続きを行ってみてはどうですか」(本多さん)

 

【電子レンジ】
クリームクレンザーとラップ、
薄めた中性洗剤が効果を発揮。。

食材の温め時間を誤り、破裂させた経験がある人も多いのでは。

「破裂すると食材は庫内の四方八 方に飛び散ります。底面はクリー ムクレンザー、天井や側面、扉は薄めた中性洗剤が最適です。中性洗剤を使ったあとは、水拭き→カラ拭きが基本です」(本多さん)

1.レンジ庫内には食材の飛び散りやカスが残ってしまう。
食材の飛び散りはこびりつくと厄介。

食材の飛び散りはこびりつくと厄介。

2.ターンテーブルなどを取り、底面の6箇所にクリームクレンザーをおく。
底面にはまずクリームクレンザー。

底面にはまずクリームクレンザー。


3.底面全体を空気を抜きながら覆うよ うにラップをする。
空気を抜いてラップで密閉するところがポイント。

空気を抜いてラップで密閉するところがポイント。

4.ラップの上から手でなで、クレンザ ーを底面になじませ、そのまま放置。
ラップの上からなので手も汚れない。

ラップの上からなので手も汚れない。


5.水で薄めた中性洗剤に雑巾を浸け、固く絞ったら天井を拭く。
レンジの天井は中性洗剤で汚れをオフ。

レンジの天井は中性洗剤で汚れをオフ。

6.同様に側面も隅々まで雑巾で。汚れたらきれいな面を使う。
側面も同じく薄めた中性洗剤で汚れをとる。

側面も同じく薄めた中性洗剤で汚れをとる。


7.扉の内側、外側も拭く。ターンテーブルも同様に雑巾で汚れを拭き取る。
ターンテーブルも薄めた中性洗剤で。

ターンテーブルも薄めた中性洗剤で。

8.ラップを丸めて、クレンザーがついた状態のまま底面の汚れを拭き取る。
ラップはここでも活躍。

ラップはここでも活躍。


9.庫内全体を水拭き、次にカラ拭きで仕上げる。
最後は水拭き、カラ拭きで。

最後は水拭き、カラ拭きで。


 

◎本多弘美さん 家事・収納アドバイザー/実生活に根ざした合理的な収納アドバイスと、理論的な分析、科学的な視点での家事提案が人気。『クセになるおそうじ術』(監修)など。

◎西家ヒバリさん 漫画家/横浜生まれ。大学時代にしりあがり寿さん(夫)と出会い、ギャグ漫画家に。『ワケあり家族』(共著)、『韓流時代劇にハマりまして』など著書多数。

『クロワッサン』915号(2015年12月25日売号)より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE