コラーゲンたっぷりのチキンブロスで、クスクス、洋風味噌汁も! vol.1 | ニュース | クロワッサン オンライン
ニュース

コラーゲンたっぷりのチキンブロスで、
クスクス、洋風味噌汁も! vol.1

牛肉や豚肉、鶏肉などをコトコト煮込んだ骨ブロス(ボーンスープ)にはコラーゲン、ゼラチンが豊富に含まれ、肌や髪にツヤが出ると評判。さらにカルシウム、マグネシウムなどのミネラルも摂れるので、欧米の女性たちの間ではスープ代わりに飲まれるほど人気、ニューヨークでは専門店もできているそう。

今回、骨ブロスの作り方や、アレンジ料理を教えてくれたパトリス・ジュリアンさんも、
「フランスの家でも昔は大きな鍋でお母さんたちが作っていました。若さを保つコラーゲンやゼラチンがいっぱい入っていますから、女性にはおすすめです」
 
基本の「骨ブロス」の作り方はこちらからhttps://croissant-online.jp/topics/36834/

ほうれん草とパルメザンチーズのパスタ風うどん

う どんのモチモチ感とチーズ、新鮮な組み合わせに、拍手!

う どんのモチモチ感とチーズ、新鮮な組み合わせに、拍手!


材料) ほうれん草200g パルメザンチーズ20g バター25g うどん2玉 チキンブロス300㎖ 塩適量
下準備 ほうれん草は根を取り、茎は5㎝ぐらいの長さに、葉は大きめに切る。

1.フライパンにバターを熱し、ほうれん草の茎をよく炒めたあと、葉を入れて炒める。
2.塩を適量入れて混ぜ、火を止めてパルメザンチーズを加え、よく混ぜ合わせる。
3.鍋にチキンブロスと塩適量を入れ、煮立ったらうどんを加えて1分間ゆでる。
4.トングで鍋からうどんを取りだして、少し深めの皿に盛る。
5.うどんの上に、あたためた2をのせる。「どう、パスタみたいでしょ」
6.3のブロスをあたためて5にかけ、好みでパルメザンチーズ(分量外)をふる

 

コラーゲンとビタミンたっぷりモロッコ風のクスクス。

コ ラーゲンとビタミンたっぷりモロッコ風のクスクス。

コ ラーゲンとビタミンたっぷりモロッコ風のクスクス。


材料 鶏手羽元500g にんじん1本 ズッキーニ1本 なす1個 パプリカ1個 ひよこ豆2缶(200g) クミン小さじ2 ターメリック小さじ2 パプリカパウダー小さじ1 コリアンダーシード小さじ1 塩小さじ1½強 水750㎖ チキンブロス250㎖ A[水150㎖ オリーブ油大さじ1⅓ 塩小さじ1 ターメリック小さじ1] クスクス150g 
下準備 にんじん、ズッキーニ、なすはピーラーで皮を縞目にむいて大きめの斜め切りにする。パプリカは縦4つに切り種とワタを除く。

1.厚手の鍋に鶏手羽元、にんじん、ズッキーニ、なす、パプリカ、ひよこ豆を入れる。
2.クミン、ターメリック、パプリカパウダー、コリアンダー、塩で風味をつけ、水を加える。
3.チキンブロスも加え中火にかける。
4.ヘラでふちから材料を起こすようにゆっくり混ぜてスパイスを溶かし込み、蓋をして20分煮込む。
5.フライパンにAを入れて煮立たせる。
6.クスクスを加えたら、すぐ火を止めて蓋をし、ときどき混ぜながら3~4分蒸らす。深めの皿に盛ってパプリカパウダー(分量外)をふり、別の器に盛った4 を上からかけていただく。

 
 

◎パトリス・ジュリアンさん ライフスタイルデザイナー、料理家/近著は『ライフレシピ フランス流「シンプルで豊かな暮らし」を手に入れる30のレッスン』(講談社)

『クロワッサン』908号(2015年9月10日号)より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE