ニュース

話題のトマト塩を使った、
夏に食べたいおすすめレシピ vol.1

食欲をそそる真っ赤なトマト。作ってすぐ使えて、どんな素材とも相性の良い「トマト塩」は、定番のメニューもグンとおいしくしてくれると話題の万能の調味料です。
今回はその「トマト塩」を使った、夏に食べたいおすすめレシピをおしえていただきました。

トマト塩の作り方のレシピはこちらからhttps://croissant-online.jp/topics/34841/

 

めかじきのトマト塩甘酢炒め

淡白なめかじきに甘酢がからみ、あっさりとした酸味の炒め物に。「めかじきのトマト塩甘酢炒め」

淡白なめかじきに甘酢がからみ、あっさりとした酸味の炒め物に。「めかじきのトマト塩甘酢炒め」


材料(2人分)めかじき2切れ しょうが汁小さじ1 片栗粉適量 ピーマン3個 玉ねぎ½個 きくらげ2g 太白ごま油大さじ1½ A[トマト塩大さじ3 砂糖大さじ½ 米酢大さじ1 しょうがのみじん切り小さじ1] 太白ごま油小さじ1
作り方 
1.きくらげはたっぷりの水でもどして石づきを取り食べやすい大きさに切る。ピーマンは縦2つに切り、横に3等分にする。玉ねぎは芯を取り、2㎝幅に切って横半分にしてほぐす。
2.めかじきは4等分に切ってしょうが汁を全体にまぶす。
3.フライパンに油大さじ½を入れて熱し、ピーマン、玉ねぎ、きくらげを入れて中火で1~2分炒めて取り出す。
4.同じフライパンに油大さじ1を入れて熱し、片栗粉を薄くまぶしためかじきを入れて中火で焼き、焼き色がついたら裏に返してさらに2分ほど焼く。3を戻し入れ、Aを加えて全体に炒め合わせ、仕上げにごま油小さじ1をまわしかける。

 

トマト塩つくね

さっぱりとしてジューシー。粒のまま入った大豆の食感も楽しい「トマト塩つくね」

さっぱりとしてジューシー。粒のまま入った大豆の食感も楽しい「トマト塩つくね」


材料(2人分) A[鶏ひき肉180g 長ネギのみじん切り大さじ3] 大豆(ドライ缶)100g 片栗粉大さじ1 トマト塩大さじ3 太白ごま油大さじ½ 青じそ6枚
作り方
1.ボウルにAを入れて一方向によく混ぜ、大豆、片栗粉、トマト塩を加えてさらに混ぜる。
2. 1を6等分にして油少々(分量外)を手のひらにつけて小判形に形作る。
3.フライパンに油を入れて熱し、2を入れて焼き、焼き色がついたら裏返し、ふたをして弱火で3~4分焼く。
4.器に軸を切った青じそを敷いて3をのせる。

 

ひじきのトマト塩炒り煮

和風の煮物が洋風に変身!ベーコンのこくがさらにアップ。「ひじきのトマト塩炒め煮」

和風の煮物が洋風に変身!ベーコンのこくがさらにアップ。「ひじきのトマト塩炒め煮」


材料(2人分)長ひじき(乾燥)30g(戻して180g) ベーコン2枚 オリーブ油大さじ½ トマト塩大さじ4 パセリのみじん切り大さじ2
作り方
1.ひじきはたっぷりの水につけて戻し、ざるに上げて水気を切り、食べやすい長さに切る。ベーコンは5㎜幅の細切りにする。
2.フライパンに油、ベーコンを入れて熱し、中火で炒め、ベーコンの色が変わったらひじきを入れて3~4分炒める。
3. 2にトマト塩を加えて汁気を飛ばしながら炒め合わせ、火を止める。パセリを加えて全体を混ぜる。

◎井原裕子さん 料理研究家/ベリーズキッチンスタジオ」主宰。ヘルシーで体にやさしい料理がモットー。著書に『ミラクル万能調 味料 トマト塩レシピ』など。

クロワッサン』904号(2015年6月25日号)より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE