facebook instagram twitter youtube
ニュース

雑穀で美味しく、腸の大掃除。

いま、雑穀の力が見直されています。あの小さなつぶつぶには、ビタミンB群をはじめ、カルシウムやマグネシウム、鉄やポリフェノールなど、わたしたちに必要な栄養素がつまっているだけでなく、食物繊維もじつに豊富に含まれています。続けて食べれば腸もすっきり。

今回は、料理研究家のウー・ウェンさんにスープ、お粥、ごはんの雑穀レシピを教えていただきました。

 

はと麦のスープ

美肌効果の高いはと麦と夏野菜を、みそ風味で滋味豊かな「はと麦のスープ」。

美肌効果の高いはと麦と夏野菜を、みそ風味で滋味豊かな「はと麦のスープ」。

材料(2〜3人分)
はと麦½合 パプリカ赤・黄各½個 ズッキーニ1本 水4合 みそ(できれば赤みそ)大さじ2 こしょう少々 太白ごま油大さじ1
作り方
1.鍋に分量の水を入れ、洗ったはと麦を浸けて一晩おく。
2. 1の鍋をそのまま火にかけて、煮立ったら弱火にしてふたをし、40分ほど煮る。
3.炒め鍋に太白ごま油を入れて熱し、1㎝角に切ったパプリカ、ズッキーニを加え、軽く炒める。
4.3を2に加え20分ほど煮て、みそ、こしょうで味をつける。


 

きび粥

塩こしょう、黒砂糖やナッツ類、味の変化を楽しめるシンプル粥。

塩こしょう、黒砂糖やナッツ類、味の変化を楽しめるシンプル粥。

材料(2〜3人分)
きび⅔合 水5合 トッピング[粗塩、こしょう、黒砂糖、カシューナッツ・松の実などのナッツ類、プルーンなどのドライフルーツ各適量]
作り方
1.きびを洗い、水気を切る。
2.鍋に1と分量の水を入れて火にかけ、鍋底にくっつかないようにときどきかき混ぜ、煮立ったら弱火にし、ふたをして30分ほど煮る。黒砂糖や好みのナッツ類などをトッピングしていただく。


 

黒豆、ドライフルーツ入りの炊き込みごはん

黒米にマンゴー、松の実を配し、彩りも味わいも至福のごはん。

黒米にマンゴー、松の実を配し、彩りも味わいも至福のごはん。

材料(2〜3人分)
米2合 黒米大さじ2 水2合 ドライマンゴー30g 松の実(好みのナッツでよい)適量 
作り方
1.米は洗い、ざるに上げる。炊飯器に米と黒米、分量の水とドライマンゴーを入れて炊く。
2.炊き上がったら軽く混ぜ合わせ、器によそい、乾煎りした松の実を散らす。


 

◎ウー・ウェンさん 料理研究家/「ウー・ウェンクッキングサロン」主宰。シンプルかつ滋養に満ちたレシピが人気。著書多数

クロワッサン905号『腸・健康法』(2015年7月25日号)より

文字サイズ