これ、イイかも。

ケロッグ オールブラン プレミアムのモニター報告

  • 撮影・千田彩子 文・古屋美枝

オールブランで自家製パフェを作りました

定番かもしれませんが、自家製パフェにしてオールブランをいただきました。サクサクとした軽い食感も、ほどよい甘みも、両方とも丁度いい具合でした。
 
パフェにして食べたのには、二つの理由があります。
一つ目は、私自身牛乳が苦手で、一般的なミルクをかけた朝食としての食べ方に抵抗があること。
二つ目は、昨年よりダイエットをしていて(半年で8kg痩せました)、甘味の摂取については、できるだけ体によいものを、砂糖は控えめで、で満足度高く食べたいからです。
 
パフェは、自家製のコーヒーゼリー(ゼラチンと寒天を半々ずつにして砂糖なしで作ります)と、市販のカップアイス4分の1と、オールブラン適量で作ります。今回はチーズ風味のミルクアイスにしたので、ちょっとティラミス風味です。
 
ダイエット中の食事では、満足感を高めるためにも歯ごたえが結構大事なキーワードになります。おやつでも、ナッツとかドライイチジクとか、カリポリ、プチプチ、サクサク食べられるものは、量がなくても満たされます。
今回の自家製パフェは、コーヒーゼリーは多めに、アイスは甘みを少し添える程度の量で、歯ごたえの満足感としてオールブランを追加した感じです。
でも、予想以上にオールブランの甘みがコーヒーゼリーといいコントラストになって美味しくなりました。混ざっているドライフルーツもデザート感があっていい感じでしたし、ミルクアイスとの相性はもちろんバッチリでした。
 
小麦粉のおやつや、お米たっぷりの食事は、ダイエット中だとやはり心理的にも罪悪感が生じるし抵抗があります。オールブランも太らないわけではないですが、毎日の主食とは違った特別感があって、私的には心が満たされる食材です。人によるのかもしれないですが、私の体には、小麦粉のパンに比べると、全然体重変動に影響しないので助かります。
—————MYさん(仮名)
小麦ブランとスーパー大麦を配合したフレークに、イチゴ、マンゴー、レーズンを加えて、飽きのこない甘さ控えめに仕上げた。300g670円*編集部調べ(日本ケロッグ 〈フリーダイヤル〉0120・500209)

腸の奥まで届く食物繊維を
毎日たっぷり、おいしく。

 

ケロッグのベストセラー「オールブラン」シリーズから新製品の「オールブラン プレミアム」が登場。

「腸の奥まで届く食物繊維を含む『小麦ブラン』と『スーパー大麦』(バーリーマックスR)を使用しています。さらに、人気ドライフルーツのイチゴ、マンゴー、レーズンが入っていて、フレッシュなおいしさです」

というのは、「オールブラン」シリーズのメニュー開発を手掛ける、管理栄養士の柴田真希さん。

「食物繊維の1日の摂取目標量は、18〜20g以上ですが、オールブラン プレミアムなら、1食分(50g)で6・4gの食物繊維を摂ることができます。よく噛んで食べれば、満腹感もあります」

▲管理栄養士
柴田真希さん

小麦ブランとスーパー大麦の相乗効果で腸からスマート。

フルーツ入りでほどよい甘さ
▲小麦ブランとスーパー大麦を使用したザクザク食感フレークに、ドライフルーツをプラス。ヨーグルトとの相性もよい。

新発売の「オールブラン プレミアム」をいち早く試したモニターの3人に、食卓の写真を撮ってきてもらった。

花井典子さん(以下、花井) 私、昔からオールブランのシリーズが大好きなので、今回、新商品をいただくのをとても楽しみにしていたんです。どんなふうに「プレミアム」になったんだろう?って。

柴田真希さん(以下、柴田) 召し上がってみて、いかがでしたか?

花井 麦本来の香りや甘みが凝縮されていて、ほどよい歯ごたえもありました。イチゴやマンゴーなどのドライフルーツが入っているのも、プレミアム感がありますね。

三ツ木貴重さん(以下、三ツ木) 1食で食物繊維をたっぷり摂れるというのもうれしいです。

柴田 日ごろ、食物繊維は摂っているつもりでも、実は足りていない人が多いと思われます。特に、「炭水化物抜きダイエット」などをしている人は、食物繊維が圧倒的に不足していることがあります。

今西千登瀬さん(以下、今西) 私も炭水化物抜きをしたことがあるんですけど、肌や身体の調子が悪くなって、結局続きませんでした。

柴田 穀物はエネルギー源で、身体を温めてくれる効果が期待できるものだから、毎日の食事に不可欠なんです。それにオールブラン プレミアムは、便秘の人にもおすすめですよ。

花井 私はこれから1日1食オールブラン プレミアムにします。

腸の入り口から奥まで届くよう、発酵速度が異なる3種類の食物繊維(不溶性、水溶性、レジスタントスターチ)を豊富に含むことがスーパー大麦の特徴の一つ。
保水性の高い食物繊維を多く含む小麦ブランは、腸の中で水分を吸収して大きく膨らみ、効果的にかさを増す。

O’Suillvan K. European Gastroenterology & Hepatology Review 8:3-6(2012) Table 1より作成したグラフイメージ

柴田 小麦ブランとスーパー大麦は、同じ食物繊維でも役割が違うんです。小麦ブランは、水分を吸収して大きく膨らみ、かさを増します。一方、スーパー大麦は、腸の入り口から腸内細菌が多く生息する腸の奥まで届きます。一緒に摂ると、腸内環境改善の相乗効果があるんです。腸から太りにくい身体づくりにもひと役買うことが、最近の研究でわかってきているんですよ。

三ツ木 今回、私はデザートとして、ヨーグルトと合わせました。

花井 私は朝食のときに、コーヒーやジュースなどと一緒に食べました。

柴田 それは良いですね。たくさんの水分と一緒に摂ると、かさ増し効果がより上がるので、食べ過ぎを防ぐことができますよ。

今西 しっかり食べて満足感も得られ、さらにダイエットにもつながる。まさにいいことずくめですね。

管理栄養士 柴田さん提案
市販のサラダに混ぜて 満足感のあるランチに。

「コンビニなどで買ったサラダにトッピングするだけで、ワンプレートランチに。よく噛むからお腹いっぱいになります」

目玉焼きやドリンクなどと一緒に、
朝食の一品に。

会員番号 110
花井典子さん
はない・のりこ 53歳 会社経営

「バナナジュースやコーヒーと一緒に、朝食にいただきました。スキレットでつくった目玉焼きを添えて、たんぱく質も補給」

午後に小腹が減ったときに
ヘルシーな間食として。

会員番号 95
今西千登瀬さん
いまにし・ちとせ 38歳 会社経営

「腹持ちがいいので、ヨーグルトとフレッシュなイチゴを添えて間食としても活用。ジャンクなものを食べずに済みます」

フルーツやヨーグルトを
重ねて、パフェっぽく。

会員番号 52
三ツ木貴重さん
みつぎ・きえ 41歳 フードアナリスト

「チアシードやグリーンスムージーの粉などを混ぜたヨーグルトを重ねて、デザートに。ビタミンもたくさん摂れます」

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE