これ、イイかも。

太田胃散 豆乳専用種菌 ソイヨーグル®のモニター報告

  • 撮影・森山祐子 文・越川典子

豆乳専用種菌 ソイヨーグル で豆乳ヨーグルトを作ってみました

手作りの「きんかんの甘煮」をのせて おいしかったです。
手作りの「椿のジャム」をのせて おいしかったです。
完成直後の様子
手作りの「きんかんの甘煮」をのせて おいしかったです。
手作りの「椿のジャム」をのせて おいしかったです。
完成直後の様子

まずは、豆乳800mlで作ってみました。豆乳はマルサンの「毎日おいしい無調整豆乳 大豆固形分9%」を使ってみました。気温は日中22℃、固まったのは53時間後です。

【ポイント】なかなか固まらないので寒いキッチンから日光が良くあたるリビングに移してみましたら、みるみる固まりはじめました。
【質問】 (1) できあがりは、うわずみが少しあるくらいですか? もしくは、全部固まりますか? (2) 時間を置きすぎても、逆にとけはじめたりしませんか?
【良い点】(1) 発酵して育てる…というのはいやされますね。休みの日のお楽しみになりそうです。(2) なにより、簡単な作業で作れるので豆乳ヨーグルトがより身近に感じました。一度に大量に作れるのでコストパフォーマンスも良いと思います。
【気づいた点】完成間近の時間帯につきっきりで見ていなくてはいけないような…。 

————— Kさん(仮名)

乳製品がダメな人、酸味が嫌いな人におすすめです。

クロワッサンのソイヨーグルの宣伝を読み、毎朝ヨーグルトを取っている私にとって、植物性乳酸菌、低カロリー、コレステロール0、京都すぐき漬けに興味深々で、作って食べてみたいと思い応募をしてみました。まさか当選するとは思わず、嬉しいとともにモニターができるか心配でした。

届いた時は、いろいろ忙しくすぐ作ることは出来なかったため、寒の戻りの気温が低い時になってしまいました。

4月8日:午後から説明書通りに煮湯消毒をし、1包に500mlの豆乳を入れました。
4月9日:何も変化なし。気温が低いのでタオルで容器を巻きました。
4月10日:午後48時間たっても何も変化なし。失敗かと思い容器の中をのぞいたり少しゆすってしまいました。説明書に12時間様子を見ましょうとあり、タオルを巻き12時間後を楽しみにしました。
4月11日:朝、固まっていたので、すぐ冷蔵庫にいれました。

気温が低かったので48時間+12時間で出来上がりました。出来たソイヨーグルを一口食べてみて、酸っぱさがない、口当たりがよいが第一感想です。臭いは豆乳(私は苦になりません)、濃厚なお豆腐、少しマヨネーズの味?サラダにつけて食べたいと思いました。見てみると半分以上そのまま食べていました。

1回目のソイヨーグルはすぐ私一人で食べてしまい、2回目に挑戦。

2回目は1包に600mlの豆乳で挑戦。気温が低いためタオルで巻き今回も48時間+12時間で完成でした。そのまま食べたり、ポテトサラダのマヨネーズに加えたり、ディップにしても何も違和感なく家族みんなで美味しく頂きました。

3回目は1包に1000mlの豆乳で作りました。気温が高かったので、なんと26時間で固まりました。豆乳の臭いは少なかったです。

ソイヨーグルは気温によって出来上がりの時間が異なりますが簡単に作ることができます。酸味もなく、口当たりもよいので私はそのまま食べるのがお勧めです。低カロリー、コレステロール0、今ブームの乳酸菌も植物性も嬉しいです。

健康にはとてもいい物だと思うので続けていきたいと思っています。

皆さんも一度食べてみてください。特に乳製品がダメな人、酸味が嫌いな人におすすめです。
————— さくら桜さん(仮名)

左・15g(1.5g×10包) 4,000円、右・3g(1.5g×2包)900円。3月26日までキャンペーン実施中。「ソイヨーグル®(10包入り)」を購入すると作成容器&レシピブックをプレゼント。送料無料。太田胃散健康食品館 TEL : 0120-13-3756 www.ohta13.jp

100%植物性の豆乳ヨーグルト、 種菌で手作りできると話題。

「乳アレルギーでも食べられる、植物由来の種菌はありませんか」
 
たくさんの声が太田胃散に届けられ、できたのが京都のすぐき漬けから採った良質の植物性乳酸菌。

「もともと太田胃散では、『王様のヨーグルト種菌®』を発売していたのですが、ベジタリアンの方、乳アレルギーの方、健康を気づかう方からのご要望が多く、すべての原材料に植物性素材を厳選し、製造工程でも乳成分を一切使用していない豆乳専用種菌を作ったのです」と、高部京紀さん。

「一般的な乳酸菌と比べると、小さめで、ヨーグルト1ℓに約3000億個含まれています。味わいも酸味が少なく、とてもまろやかで、食べやすいんです」

▲太田胃散 ヘルスケア営業部
高部京紀さん

知らなかった!! 簡単に豆乳ヨーグルトができるなんて。

小野孝予 (おの・たかよ) さん ● 会員番号123 料理研究家。サロンスタイルの「料理教室クオリア」を主宰。ソムリエ、きき酒師、チーズプロフェッショナルの資格を持ち、ワインとチーズをこよなく愛す。近著に『チーズ☆マジック』がある。

コクが出るのに、低カロリー。 コレステロールがゼロなのもうれしい。


主宰する料理教室では、40〜50代の生徒が中心。だから、ただおいしいだけではなく、健康的な料理でなければ、と言う小野孝予さん。100%植物由来で、しかも自宅で簡単に豆乳ヨーグルトを手作りできる種菌があると知り、早速、試してみることになった。

小野孝予さん(以下、小野) 生徒さんの中にも乳製品が食べられない方がいらして、ヨーグルトの代わりに、豆乳に酒粕や麹を混ぜて代用していたんです。でも、この種菌なら、放っておくだけで豆乳ヨーグルトができますね。

高部京紀さん(以下、高部) うまく発酵しましたでしょうか?

小野 寒かったからか、なかなか固まらなくて。暖かい部屋に置いたら、ぷるぷるに発酵してくれました!

高部 季節や室温など、環境によってもでき方が変わるので、何度か作ってみてほしいです。味はどうでしたか?

大豆固形分8%以上の 豆乳を選ぶと上手にできる。

(1)豆乳に ソイヨーグル(1包)を入れる。熱湯消毒した容器に豆乳500㎖〜1ℓを入れ、ソイヨーグル種菌1包を加える。寒い時は豆乳を常温に戻してから作る。
(2)ダマが残らないよう、 しっかり混ぜる。混ぜたらきっちり蓋をして密封。室温(20〜28℃)で30〜48時間発酵させる。寒い季節はバスタオルでくるむとよい。
(3)固まったら冷蔵庫で保存。季節や室温、環境、豆乳の量などによってできあがる時間が変わる。頻繁に蓋を開けたり、動かしたりしないこと。

小野 酸味が少なくて、とってもまろやかですね。料理にすごく使いやすい。私は水切りヨーグルトにして、ホワイトソース代わりにラザニアやグラタンのソースにしてみました。チーズケーキも、生クリームの代わりに使ったら、さっぱりとした味になりましたね。低カロリーだし、コレステロールもゼロなので安心して食べられると好評でした。

高部 そうです、罪悪感なしに食べられます(笑)。豆乳を使ったヨーグルトなので、大豆イソフラボンも効率よく摂れるのがいいですよね。グラノーラに合わせた豆乳ヨーグルトには、甘酒を混ぜていましたが……。

小野 甘酒入りって、味ではわからないと思うのですが、それは、豆乳由来のヨーグルトと相性がいいからなんです。酸味が少ないこともあって、和食にも使いやすい。たとえば、味噌と豆乳ヨーグルトを混ぜて、即席漬けにしたり、ディップにしたり。ときどき朝の味噌汁に入れて食べたりしています。粕汁のような、クリーミーな味噌汁になって、おいしいですよ。

高部 この乳酸菌は京都のすぐき漬けから採っているので、日本の食材、とくに植物性素材と相性がいいんです。

小野 はい。そう聞いて、すごく安心感がありました。味噌や甘酒のほかにも、納豆やキムチ、チーズなどの発酵食品とも相性がいいので、レシピも広がっていきます。

高部 旨み、栄養、風味が増す上に、減塩の効果も期待できます。

小野 トルコ料理で肉料理にヨーグルトがついてくるように、もっと料理に使ってほしい。それが手作り豆乳ヨーグルトなら、安心、低カロリーとよいことずくめだと思いますね。

ソイヨーグルの特徴
1. 100%植物性・乳成分不使用
2. 手作り&添加物 不使用だから安心
3.  乳酸菌の数は一般的なヨーグルトの約30倍(※)
4. コレステロールゼロ・砂糖不使用
※NPO法人日本サプリメント臨床研究会調べ

京都・上賀茂「すぐき漬け」由来の乳酸菌を使用。

「ソイヨーグル®」開発チームが注目したのが、昔から日本人の健康を支えてきた伝統食品、京都の「すぐき漬け」。「ラクトバチルスプランタラム(KS–1)」という乳酸菌は、もともと野菜の漬物を作る菌なので、植物性素材と相性がよい。 

京都の三大漬物の一つ「すぐき漬け」。ヨーグルトの種菌はほとんど海外由来で、日本由来の植物性乳酸菌のものは珍しい。

たった5分でできる、豆乳ヨーグルトの朝食レシピ。

グラノーラ&甘酒入り豆乳ヨーグルト

材料(2人分) グラノーラ½カップ(50g)、豆乳ヨーグルト1カップ、甘酒大さじ2〜3、好みのフルーツ適量、ミントの葉適宜

作り方 豆乳ヨーグルトに甘酒を混ぜ合わせ、器に入れる。その上にグラノーラを入れ、切ったフルーツをのせてミントの葉を飾る。

アボカドと豆乳ヨーグルトの冷製ポタージュ

材料(2人分) アボカド½個、A[豆乳ヨーグルト1カップ、コンソメスープの素小さじ½(大さじ2の湯で溶かしておく)、レモン汁大さじ2]、塩・ホワイトペッパー各適量、ブロッコリースプラウト少々(3㎝長さに切っておく)

作り方 (1) アボカドは皮と種を除いてざく切りにし、Aの材料と合わせてハンディブレンダー(またはミキサー)で滑らかなポタージュ状にする。濃さは水を適宜加えて調節する。(2) 塩・ホワイトペッパーで味を調え、器に注いでブロッコリースプラウトをのせる。

太田胃散 豆乳専用種菌 ソイヨーグル® 15g(1.5g☓10包)のモニター応募は締切ました。
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE