facebook instagram twitter youtube
これ、イイかも。

ユウキ食品『化学調味料無添加のオイスターソースと化学調味料無添加のスープ(顆粒)』をセットで10名に!

化学調味料無添加のオイスターソース
ユウキ食品
化学調味料無添加の
オイスターソース
(国産カキエキス使用)

国産のカキエキスを使用し、化学調味料無添加で仕上げたソース。オンラインショップ「ユウキリテール http://www.youki.jp/ 」でも購入できる。220g 380円(ユウキ食品お客様相談センター フリーダイヤル0120・69・5321)

中華だけでなく、和食や洋食にも。
毎日活躍するオイスターソース。
高原 睦さん
ユウキ食品
経営企画室
広報担当
高原 睦さん

ガラスープや豆板醤などの中華調味料でおなじみのユウキ食品。3年前に発売した化学調味料無添加のオイスターソースが、中華だけでなくさまざまな料理で活躍すると話題だ。

「100%広島県産カキエキスを使用することで、さらにまろやかでコクのある味が実現しました。カキ特有の臭みがないので、中華だけでなく、和食やイタリアンなどにも合います」

と言うのは、ユウキ食品広報担当の高原睦さん。炒め物の味付けはもちろん、熱を加えず、このままの状態でおいしいのも魅力の一つ。

「マヨネーズやバターともよく合います。家族みんなが、野菜をもりもり食べられますよ」

まろやかな旨味で和食やサラダのドレッシングにも。

ユウキ食品の国産カキエキスを使った、化学調味料無添加のオイスターソースだからこそおいしくできる料理を、料理研究家の井原裕子さんに提案してもらった。3品の、どこにオイスターソースが使われているのだろう。

島津仁美さん(以下、島津) ユウキ食品といえば、化学調味料無添加のガラスープを長年愛用しています。
小橋晶子さん(以下、小橋) 私もです。便利ですよね。
大輪陽子さん(以下、大輪) オイスターソースもあるというのは知らなかったです。
高原睦さん(以下、高原) 広島産カキエキスにこだわったオイスターソースが好評なんです。まろやかで雑味がないので、火を通さなくても使えて、さまざまな料理のコク出しに使いやすいです。サラダのドレッシングにしてもおいしいですよ。

化学調味料無添加の
オイスターソースの特長

100%広島県産カキエキスを使用
化学調味料無添加
出汁の代わりとしても使える
「カキの旨みソース」として
 コク出しに使える。

島津 あ、ホント。酸味がまろやかになってグリル野菜ととても合いますね。
小橋 オイスターソースを使ったドレッシングなんて初めてだけど、かなりイケますね。
高原 このドレッシングは、酢とオリーブ油とオイスターソースを2:2:3の割合で混ぜるだけで、ほかにはない味が出せると今回、お料理を提案してくれた井原さんにお聞きしました。次は炊き込みご飯もどうぞ。味付けは、オイスターソースだけだそうです。
大輪 菜の花のフレッシュな苦味が活きていて、とってもおいしいです。和食なのにオイスターソースで味付けしたというのが信じられません。
小橋 とても簡単に作れて見た目も豪華。春らしいから、お花見弁当などにもよさそうです。
島津 おこげも香ばしい。
高原 こちらの煮込みハンバーグも、カットトマト缶とオイスターソースのみのシンプルな味付けです。
小橋 トマトの酸味とオイスターソースが絶妙ですね。
高原 井原さんによると、このオイスターソースは、酸味のあるものと相性抜群なんだそうです。トマトが旬の夏になったら、トマト缶でなくフレッシュトマトを使って作りたいですね。
島津 このハンバーグは子どもも絶対に喜んでくれるはず。簡単そうだから、すぐに作ってみたいです。トマトとオイスターソースがこんなに合うなんて、新発見。トマトパスタにも今度からオイスターソースを使ってみます。
小橋 あれこれ加えなくても、味が決まる調味料があると、毎日のおかず作りがとってもラクになりますね。


グリル野菜のサラダ オイスタソースドレッシング

グリル野菜のサラダ オイスタソースドレッシング

材料(2人分)
かぼちゃ150g パプリカ赤1/2個 ブロッコリー100g かぶ1個 新玉ねぎ1/2個
ミックスビーンズ100g
フリルレタス5〜6枚
オリーブ油大さじ2
ドレッシング[オイスターソース大さじ3 オリーブ油大さじ2 酢大さじ2 こしょう少々]

作り方
ドレッシングは、オイスターソース、酢、こしょう、オリーブ油を混ぜ合わせるだけ。

1. ドレッシングを作る。ボウルにオイスターソース、酢、こしょうを入れて混ぜ、オリーブ油を加えて混ぜる。
2. かぼちゃは幅7mmに切り2等分にする。
3. パプリカは縦3等分に切って横2等分にする。
4. ブロッコリーは小房に分け、かぶは皮をむいて6等分に切る。
5. 玉ねぎは薄切りにし、水にさっとさらして水気を切る。
6. フライパンにオリーブ油を入れて熱し、かぶ、パプリカ、かぼちゃを入れて焼き、取り出す。
7. 続いてブロッコリーを入れて焼き、焼き色がついたら水大さじ1を入れてふたをし、30秒ほど中火で蒸し焼きにして取り出す。
8. 器にレタスを敷き、焼いた野菜、玉ねぎ、ミックスビーンズを盛ってドレッシングをかける。


菜の花とスナップエンドウの炊き込みご飯

菜の花とスナップエンドウの炊き込みご飯

材料(2人分)
米2合
鶏もも肉150g
玉ねぎ1/2個
オイスターソース大さじ4
酒大さじ2
水360ml
菜の花100g
スナップエンドウ6個

作り方
オイスターソースのみの味付けで、おいしい炊き込みご飯ができる。

1. 米は洗ってざるに上げる。
2. 鶏肉は1cm角に切る。
3. 菜の花は花の部分を切り分け、茎は長さ1cmに切る。スナップエンドウは斜め1cm幅に切る。
4. 炊飯器に米、水、酒、オイスターソースを入れて混ぜる。
5. みじん切りにした玉ねぎ、鶏肉を加えて混ぜ、炊く。⑥炊き上がったら菜の花、スナップエンドウを入れ、ふたをして5分蒸らしたら全体を混ぜる。


煮込みハンバーグ

煮込みハンバーグ

材料(2人分)
合い挽き肉250g
玉ねぎ1/2個
生パン粉1/2カップ
牛乳大さじ3 塩小さじ¼
こしょう少々 ナツメグ少々
オリーブ油小さじ1
カットトマト缶1缶
オイスターソース大さじ4
油適量
クレソン適宜

作り方
トマトとオイスターソースは相性抜群。肉汁と合わさって旨みたっぷりのソースに。

1. 玉ねぎはみじん切りにして耐熱容器に入れてオリーブ油をかけ、600Wの電子レンジで1分加熱する。
2. ボウルにパン粉を入れて牛乳を加えて湿らせる。
3. 2 に挽き肉、1 、塩、こしょう、ナツメグを入れて粘りが出るまで混ぜ、2等分にして小判形に成形する。
4. フライパンに油を熱し、3 を入れて中火で焼き、焼き色がついたら裏に返してふたをし、弱火で7〜8分焼いて取り出す。
5. 4 のフライパンにカットトマト缶、オイスターソースを入れて火にかけ、ふつふつとさせながら2〜3分煮る。
6. ハンバーグを戻し入れて2〜3分煮る。
7. 器に盛ってソースをかけ、あればクレソンを添える。


飯塚美和さん 東 智美さん楢原晴美さん
会員番号 122
大輪陽子さん
おおわ・ようこ 49歳
ダイエットコーチ

「中華料理以外にオイスターソースを使った料理を初めて食べました。特に驚いたのはサラダのドレッシング。自分でも作りたいです」
会員番号 48
島津仁美さん
しまづ・ひとみ 42歳
主婦

「オイスターソースだけでこんなに味が決まるところがすごい。子どもが好きそうな料理がたくさん作れそうだから、さっそく取り入れます」
会員番号 60
小橋晶子さん
こはし・しょうこ 45歳
学習塾講師

「炊き込みご飯に感激しました。簡単にできるのがとても助かります。具をいろいろ変えて、うちの定番メニューになりそう」
 
文字サイズ