facebook instagram twitter youtube
これ、イイかも。

フローフシ「エリアファンディ®」モニター報告

目の下を明るくメイク。
自分の表情を取り戻しました。

最初の印象。チップにファンデーションが付いていて気になるポイントに点々とつけていく。ファンデーションの感触は結構柔らかいけど、しっかりした感じ。2色のうち初めに明るいほう(ナチュラル)を目の下に薄くのばしてみた、最近クマが目立つ私には合わないようで、よけいクマが目立つ感じ。

カバーのほうを塗ってみる。目の下ににチップで広く付けてみる。箱の裏の説明書きにあるとおり目の下にVの字につけると私の両ほほのシミがちょうど隠れる位置。目の下のクマは気になるのですがここは薄めに。いつも洗顔後肌を整えてからccクリームを塗ってファンデーションをつけ、パウダーでおさえるのですが、今日もこの手順だがファンデーションの部分をエリアファンデーションにかえる。気温33度、ちょっと汗ばむ暑さです。化粧くずれしないかどうかもチェックしたい。エリアファンデーションをのばしてパウダー後ほっぱたがふっくらとして見えるし法令線もめだたなくなった。遠くから見ると顔が明るくなっている。顔全体がすごく生き生きした感じです。これから毎日つかうのが楽しみ。

2日目。今日も目の下のクマをVの字でカバー。ファンデーションの反対側にコンパクトに収まっていた筆を使ってサササと広げます。スピーディーにお悩み解消。パウダーをはたいて。うーん!白ウキもなし!暗かった影もなし!パウダーのうえからもう一度付けてもよれません。

50才をすぎてから汗でメイクが崩れる目の下のクマが目立つ、ファンデーションが白く浮くなど、日替わりで悩みがやってくる私のメイク。ファンデーションを薄めに塗ってみたり、パウダーだけにしてみたり、BBクリームだけにしてみたり、何度ファンデーションを買い替えても満足がえられませんでした。なのに、なのにこれ一本が私の悩みを一気に解消してくれるとは。もう高いファンデーションを買わなくていいしファンデーションジプシーにならなくていい。肩の荷が降りた気分。最近写真を撮ってもなんだか顔が暗く写る事も気になっていましたが、エリアファンデーションで目の下を明るくメイクしていると以前の自分の表情を取り戻しています。大切なのは目の下のVだったんですね。

メイクの上からもお直しできるし、小さくて持ち運びも便利です。でも、エリアファンデーションは化粧くずれもほとんどないので朝メイクすると夜まで肌の明るさはほとんどかわらず、メイク直しをする必要を感じません。

私のメイクにとって欠かせない存在となりそうな予感。次もきっとリピートすると思います。

monitor932_report1_1
目の下のクマをVの字でカバー。
 
monitor932_report1_2
顔が明るくなって、生き生き
 

MINさん(50代)
兵庫県在住



肌の美しさを格上げする部分用ファンデーション。
monitor932_img1
目の下の逆三角形エリアに塗る部分用ファンデーション。右から、ナチュラル SPF27 PA++、カバー SPF28 PA++。各7g 2,500円、レフィル 7g 1,500円(フローフシ☎03 3584 2624)


今村洋士さん
フローフシ
商品企画開発
今村洋士さん

モテマスカラなど、画期的な化粧品を開発するフローフシ。エリアファンディ®も、“VVエリア”と呼ばれる目の下の部分に光や自然なツヤをのせることで肌の印象をランクアップさせる、他にはないアイテムだ。

「エリアファンディ®は、ヘア&メイクアップアーティストがVVエリアをベースメイクで最も大切にしていることにヒントを得て作りました。確かに、VVエリアに光を集めてツヤをプラスすると、肌が一気に美しく見える。これを誰でも簡単にできるようにしたのがこの商品です」

というのは、フローフシ 商品企画開発の今村洋士さん。

「クマやシミもカバーしながら健やかな肌に導きます」



 

テクニック要らず。一本で美肌印象をつくる。

—— 1週間、エリアファンディ®を試してみたモニターの3人。使い心地やメイクの仕上がりについて聞いた。

桑田貴子さん(以下、桑田) 最初、「VVエリア」に使うファンデーションと聞いたときは、なんだろう?って。
小林ゆかりさん(以下、小林) こんなファンデーション、初めてですよね。
吉村美佳さん(以下、吉村) 私はメーカーがフローフシと聞き、「あのモテマスカラの」と思って、使うのがとても楽しみでした。
今村洋士さん(以下、今村) ありがとうございます。使ってみて、いかがでしたか?
桑田 チップでつけて筆でなじませる、という2ステップだからとても簡単でした。クッション性のある筆で、すごく使いやすいですね。
今村 誰でもテクニックなしでプロ並みの仕上がりを叶えるようにしたかったので、筆にもこだわりました。熟練した筆職人が硬さや形状の異なる3種類の毛を選び抜き、黄金比でブレンドしています。
小林 筆が微妙に斜めにカットされているので、肌になじませやすいです。
今村 筆の角度は、メイクに最も適したツールと言われる、薬指の腹の角度に設計しました。

 

誰でも美しく仕上げられる工夫が満載。

小回りの利くチップ。

手を汚さず塗れるチップ。先が細くなっているので、細かい部分にも塗りやすい。美容液ベースのファンデーションの質感は緩めで、まぶたなど皮膚の薄い部分でもヨレにくい。

 
角度にもこだわった筆。

テクニック無しでプロの仕上がりを可能にするため、熊野、奈良の伝統と先端科学の技術を結集し、絶妙なクッション性を実現。薬指の腹の角度に設計されていて塗りやすい。

 


吉村 今回、初めてVVエリアを意識してメイクしてみたら、本当に肌がきれいに見えるので驚きました。
小林 私も「肌の調子いいね」とか「若く見える」「小顔になった」と言われるようになりました。
今村 VVエリアに光を集めると、頬がリフトアップして、若々しく見える効果もあるんですよ。
吉村 それはうれしいですね。休日はエリアファンディ®だけを塗っていたのですが、充分でした。
小林 メイク直しにも便利ですよね。手を汚すこともないし、小さなポーチにも入ります。
今村 メイク直しのときは、先に筆で肌をならしてからチップでつけると、きれいに仕上がりますよ。
吉村 毎日、必ずクマをカバーしているので、隠したいと思っているところをしっかりカバーできる点も気に入りました。
今村 エリアファンディ®には、日本人女性の8割をカバーする「クリアベージュ」という色を採用しています。色だけでカバーするのでなく、顔料の配合を極限まで減らして色素を薄くすることで、青グマや茶グマもナチュラルに隠せるようにしました。
桑田 スキンケア効果もあるんですか。
今村 エリアファンディ®には、天然ミネラル鉱石「エンドミネラル®」を配合しているんです。エンドミネラルは高濃度のマイナスイオンを発生し、肌本来の働きを整えてくれるんです。
小林 すごいですね。私の中で、もうメイクには欠かせない存在です。
桑田 手放せませんね。

 

肌印象を決める「VVエリア」。

monitor932_img3
「VVエリア」は、目頭の外5mmと、目尻の外1mm、そして瞳の中央から小鼻横ラインが交わる点を結んだ三角のエリア。
 

プラス1滴でさらに美しく。

monitor932_img4
クマやほうれい線は、その始点に1滴のせてなじませると、光が集まりふっくらして目立たなくなる。眉尻、こめかみ、頬骨の「Cゾーン」にのせれば目力アップに、あごにのせれば理想のEラインに。
 


エリアファンディ®の基本の使い方。

【Step 1】

チップで液を、ポンポンポンとVVエリアの3点にのせる。三角形の縦幅を長くすると顔の横幅を狭く見せ、短くすると頬の面積を狭く見せる効果が。

 
【Step 2】

筆で軽く叩くようにして肌になじませる。筆を使った後はティッシュで軽く拭けばOK。取り外して洗うこともできるので、いつも清潔に保てる。

 


エリアファンディ®の基本の使い方。

趣味の畑仕事などで、日焼けする機会が多い小林さん。「シミが気になるので、まずはしっかりカバーしたいです。さらに、若々しくリフトアップして見えるようなメイクが自分でできたら最高ですね」

 

エリアファンディ®でVVゾーンに自然なツヤと透明感をプラス。頬のツヤの位置が上がったことで、キュッとリフトアップして見えるように。「シミもナチュラルにカバーできました」

 


monitor932_otameshi

会員番号 24
吉村美佳さん 47歳
会社員
「メイク直しがとても簡単にできるところも気に入っています。花粉やPM2・5などから肌を守ってくれるのも助かりますね」
会員番号 98
小林ゆかりさん 48歳
コスメコンシェルジェ
「使い始めてから、肌質が良くなったみたい。あまりにきれいに仕上がるので、メイクの腕が上がったのでは、と錯覚します」
会員番号 27
桑田貴子さん 58歳
会社員
「エリアファンディ®を使ってみて、肌を若々しく、美しく見せるのは自然なツヤ感だと実感。顔にメリハリが出るのもうれしいです」


文字サイズ