くらし

ペットの臭いの掃除は染み付く前に。プロに教わる掃除術。

犬や猫と暮らしていると、抜け毛や獣臭、糞尿臭が残っていないか不安になることが……。動物のいる家ならでは!の掃除術をクリーンプロデューサーの植木照夫さんが紹介。
  • 撮影・黒川ひろみ 文・長谷川未緒

臭いの掃除は早さが肝心。染み付いてしまう前に、取り除く習慣を。

ベッド

【臭いに加え、抜け毛やほこり、ダニ、カビの除去も。】

ペットの寝床となるベッドやクッションは、臭いと雑菌の宝庫。毛やほこりをブラシ等で取り除き、スチームアイロンでダニ退治をしたら、天日干しを。素材によっては丸洗いも効果的だ。

ダニは熱に弱く、60度以上で死滅するといわれている。スチームアイロン後は掃除機がけで、死骸を除去。

ペット自身

【犬は体臭、猫は尿臭。臭いに合わせて、効果的な対策を。】

犬の臭いの主な原因は、汗腺から分泌される皮脂と汗。定期的にペット用のシャンプーを使い洗ってあげよう。猫は体臭は少ないが、トイレ後、足や肛門周りに付着した糞尿は拭き取りを。

健康チェックを兼ね、毎日ブラッシングを。むだ毛を除くだけでなく、風を通すことで臭い対策にも効果的。
\ZZZ/

えさ周り

【食べこぼしはえさの種類によって掃除グッズを替えて。】

ドライフードは意外と油を含むので、こぼれたらマイクロファイバー雑巾で拭く。ウェットフードのこびりつきはメラミンスポンジでこすり落としから拭き取る。えさ周りは特に洗剤を使わない掃除を。

おもちゃ

【不潔なおもちゃは、病気の原因にも。丸洗いでさっぱりと。】

口に入れて遊ぶおもちゃは雑菌まみれ。歯周病などを引き起こす恐れもあるため、洗濯機や手洗いで洗おう。赤ちゃん用やペット用の洗剤がおすすめ。

アーム等の隙間は、ゴム引きされた作業用手袋をつけて手をさし入れれば、毛やほこりをかきだしやすい。
\♡/

トイレ

【臭いの一番の発生源は、換気とこまめな掃除を。】

糞尿の後始末はすぐに行うのが臭いを広げない最大のポイント。トイレの周りに飛び散った汚れも素早く除去して、蓋付きのゴミ箱に捨てる。トイレは風通しのいい窓の近くや換気扇のそばに置くことで、臭いがこもるのを防げる。

消臭剤を使う場合は、臭いの元を分解する「分解型消臭剤」を。ペットに害がないことも確認すること。

●汚れ対策
トイレの下に防水シートを敷いたり、掃除道具を近くに揃えたり、掃除しやすい環境を整えて。

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。