【六白金星の2021年下半期(8月8日〜2022年1月31日)の運勢】真木あかりの九星気学占い

九星気学では旧暦を使うので、現在のカレンダーでいえば2月からが1年の始まりと数えます。そこで下半期の運勢も、8月から来年の1月という区切りでお届けします。
上半期に続き、六白金星の年であることに変わりはありません。品格のある振る舞いと良質な生活を目指すことが開運につながります。なお、カレンダーが切り替わって2022年1月になると、2022年2月から始まる「五黄土星」の影響がだんだんと濃くなっていきます。努力の結果が吉凶として如実に反映される年ですから、2021年からコツコツと地道な積み重ねをしていくのは、素晴らしい恵みをもたらしてくれるだろうと思います。とはいえ、皆様ならすでに、日々積み重ねていらっしゃることでしょう。良いほうにつながると信じて、この下半期も頑張ってまいりましょう。
  • 文・真木あかり

六白金星

総合運

好調なまま安定するいい半年間にしていけます。6月から7月にかけては大変だったという人も、一気に上を目指していけます。うまくいくつもり、幸せになるつもりで物事を動かしていくことが何より大事と言えるでしょう。たとえば「形から入る」「予定を立てる」といったことも“つもり”のポジティブパワーを活かす良い選択。スポーツで形から入るのは、うまくなってカッコよく活躍する自分を想像することですし、楽しい予定を立てることは嬉しい気持ちを先取りして味わうことだからです。これから頑張りたいことがあるのなら、モノや予定などさまざまな方法で良い未来予想図を描いておきましょう。
敢えて注意すべき時期を挙げるとすれば、10月と翌1月でしょう。どちらも低迷期というわけではなく、基本的にはいい時期であることに変わりはありません。ただ、10月は吉凶混交で、自分が思っていた方向性と違うやり方で幸運が手に入るとき。ですから「絶対こうなってもらわないと困る」などとプロセスにこだわると結果までも取り逃すことになります。ある程度流れに任せてみることが大事でしょう。来年1月は「安定」が「マンネリ」に感じられるとき。大きく環境を変えたいと思うようになりますが、「なんとなく」で動くのは運を掴みそこねる予感。それよりも、現状がつまらないと思う大元に目を向けてみるほうが根本的解決になりやすいでしょう。

対人運

好調期につき、対人関係も活発になってきます。人からのお誘いや、責任あるポジションへの打診、相談事などさまざまな話があなたのもとに舞い込んできそう。SNSでのやりとりで1日が終わってしまった……なんてことはいかにも「イマドキ」で、コロナ禍でもコミュニケーションが続いたことの価値を思い出させてくれるかも。ただ、人と交流することに忙しくしすぎてゆっくり熟考する時間がなくなると、ふとしたときにむなしくなる傾向もありそうです。人から刺激を受けたり、コミュニケーションを取ったりする楽しさ・嬉しさを満喫しつつも、自分の時間もある程度は確保したいもの。読書や映画鑑賞で培った感動が、人間心理への深い理解が、対人関係にプラスとなることもあります。
それを踏まえつつ、下半期では8月〜10月は前向きにいろいろな人と接点を持っていくことで自分のフィールドを広げていけるでしょう。「そうくる⁉︎」という依頼も、受けてみれば面白くなってきそうです。 11月から翌1月までは、ちょっと責任の重い役割を任されたり、真剣に人と向き合うことになったりと、背筋を正すようなことが多くなるでしょう。不安が生まれたときは、頼もしい味方は身近にいます。ぜひ相談を。

恋愛運

人間関係が好調なことから、恋愛もおおむね順調でしょう。パートナーがいる人は。8月から9月にかけて絆が強まる暗示が出ています。結婚を視野に入れている未婚カップルは、この2ヵ月のうちに進展も期待できるかも。そうと決まったらスピーディーにダンドリを整えて一気に進めていくのが鉄則です。忙しさにかまけて相手が決めてくれるのを期待するだけになると、ズルズルと現状維持になるだけで過ぎていく可能性大。ただし勢いだけで進めても穴だらけで回収に時間がかかるので、やはり腰を据えてガッツリ取り組むのが一番なのです。
パートナーを探している人は、仕事や趣味を通して新しく知り合った人といい関係を築いていけるでしょう。特に12月は、恋に発展する可能性に満ちています。夏から秋にかけての間、どんなパートナーシップを築いていきたいか、どんな生活を送りたいかなど、求める幸せのイメージをできるだけ明確にしておくといいでしょう。「どう考えても自分には恋が生まれそうな気がしない」という人は、まずはいろんなケーススタディに触れること。いい関係を続けている友達カップルと会ったり、理想的な関係を築いている人をSNSでフォローしたりするのはいい選択。運気アップにつながります。

金運

好調期につき金運にも追い風が。特に好調なのは11月〜翌1月にかけてであり、欲しかったものを購入するなど有意義と感じるお金の使い方ができるでしょう。ただ趣味にせよ、自分磨きにせよ、「どうせ買うならいいものを」と考えるので出費は増加傾向にあります。このこと自体は悪いことではないものの、家計が赤字になっては大変。メリハリをつけて、出すべきところと締めるべきところをしっかりと分けていきましょう。 ひとつ申し上げるなら、投機などリスクの高い資産運用は、よほど詳しい場合を除き、手を出さないでおくこと。金銭的にダメージが大きいだけでなく、気持ち的にもアップダウンが大きく、せっかくの好調の波を崩してしまうことになりかねません。それは金額以上の損ですから、避けるようにしましょうね。

2021年下半期の吉方位

8月の吉方位:南東
社交性アップの方位。周囲からの評判も上がり、仕事や趣味でやりたかったことに前向きな動きが起こりそう。

9月の吉方位:南、北東
南はひらめき力アップ。持ち前のセンスが冴えるので、ショッピングでもいいものが見つかりそう。北東は仕事面での行き詰まり解消に◎。転機は急に訪れるのでお楽しみに。

10月の吉方位:西、北
西は交渉事がうまくいくとき。ビジネスでもプライベートでも前向きな展開に。北は真面目に頑張っている人に運が巡ってくる方位。財運もアップします。

11月の吉方位:西
金運と家庭運がアップ。心の距離が縮まるなどいい流れが生まれるでしょう。恋をしたい人にもミラクルが。

12月の吉方位:南、南西
南はこれまで積み重ねてきた努力が実るとき。個性的なアイデアがひらめく予感も。南西は仕事運アップ。苦手だった分野を強みに変えていけるかも。

1月の吉方位:北
何事も基礎をしっかりやっておくといい運を招くことができるとき。対人運が上がり、味方が増えるようなこともありそう。

六白金星の基本性格
夕日が沈んだあと、空にきらめく一番星がたたえる神聖な光。太陽のように、エネルギーに満ち溢れたパワフルな光。そうしたものに象徴される、特別な魅力の持ち主が六白金星の人です。威風堂々として揺らがぬ自信を持っており、相手が誰であってもひるまずに意見できる。向上心に溢れ、自分がこうと思った道を突き進む意欲にも溢れています。行動派で、優柔不断な人がちょっと苦手。自分にも他人にも厳しい完璧主義者。こうした傾向から、近づきがたい人と誤解されることもあるのですが、実際はざっくばらんで親しみやすい人でもあります。年齢や性別、役職などによって態度を変えることはなく「人と人」としてフラットに接する様子は、今の時代に重要なコミュニケーション能力とも言えるでしょう。ちなみに、オフィシャルな面では豪胆に振る舞っていても、内面は意外とデリケート。繊細な自分を前向きに受け入れて守ることも、あなたがあなたらしく生きるために重要なテーマとなります。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。