【七赤金星の2021年下半期(8月8日〜2022年1月31日)の運勢】真木あかりの九星気学占い

九星気学では旧暦を使うので、現在のカレンダーでいえば2月からが1年の始まりと数えます。そこで下半期の運勢も、8月から来年の1月という区切りでお届けします。
上半期に続き、六白金星の年であることに変わりはありません。品格のある振る舞いと良質な生活を目指すことが開運につながります。なお、カレンダーが切り替わって2022年1月になると、2022年2月から始まる「五黄土星」の影響がだんだんと濃くなっていきます。努力の結果が吉凶として如実に反映される年ですから、2021年からコツコツと地道な積み重ねをしていくのは、素晴らしい恵みをもたらしてくれるだろうと思います。とはいえ、皆様ならすでに、日々積み重ねていらっしゃることでしょう。良いほうにつながると信じて、この下半期も頑張ってまいりましょう。
  • 文・真木あかり

七赤金星

総合運

ちょっと講釈をたれて恐縮なのですが、占いというものは予言ではなく、「使う」ものと私は考えています。というのも、人が何かに対して不安になるとき、その多くは説明しにくい「わからない」という気持ちからなのです。こういう時期とわかっていれば「そうか、それならひとつ慎重にやろう」と心構えができます。心を丈夫に保てるというわけです……
さて、そろそろこの先の内容に想像がついた方もいらっしゃるかもしれませんが、絶好調の8月を経て10月、ドカンと運気が落ち込むタイミングが巡ってきます。翌月にはすぐに好調の波は戻って来年頭までずっと安定期が続くので、まさに「V」の字をきれいに描くような運気の運びとなっています。8月の絶好調な気分でいると動揺が大きいかもしれません。ただ、このVの字の尖ったところは、対策ができます。気の緩みがすべてのトラブルの元凶となるときですから、「念の為」のチェックをしっかりとして、いつものあなたのように頑張ることは頑張って、何事もよく調べて堅実な選択をしさえすれば「V」どころか「v」くらいの凹み度合いにしていけるはずです。恐れすぎて飲み込まれないように、ただただ運に飲み込まれるばかりにもならないように、占いを使っていきましょう。

対人運

楽天的で愛嬌があり、人当たりのよさがあなたの持ち味ですが、おおらかに見えて意外なほどしっかり者の一面もお持ちです。責任感が過剰に働きすぎるとひとつのやり方に固執したり、妙に頑なになったりすることもあるのですが、この半年間は「これだけは譲れない!」とこだわりを持ったことに関して、前述のようなしっかり者の一面が出てきそう。全部自分がやると行って強気になったり譲らなかったりと、人との摩擦が生まれやすいでしょう。ひとりで判断してバンバン進めていこうとするので、結果は運任せになってしまうようなときもありそうです。もしも「これだけは譲れない!」と思えるテーマに出会えたなら、まずはその場でジャンプするなり、ストレッチをするなりして肩周りをほぐしましょう。「肩の力を抜いてこ!」と、体の動きで心に植え込むのです。「まんまやないか!」とツッコミを入れたくなった人もいるかもしれませんが、こうすることであなたの心は「頑張りすぎる時期だから、柔らかくいこう」と思い出せるでしょう。人の意見に耳を傾けたり、協調を大切に物事を進めたりすることの大切さとあたたかさを、思い出せるはずです。もともとの良さを活かせばOKですから、きっと大丈夫。

恋愛運

好調なのは8月、それから11月以降の3ヵ月。長くお付き合いをしてきた未婚カップルなら、そろそろこの先をはっきりさせようというムードが自然に出てきそう。とはいえ、今は結婚ばかりが選択肢というわけではありません。それこそ夫婦別姓などアイデンティティへの思い、事実婚、別居婚など結婚のスタイルについてなど、さまざまな未来があるはず。そのことについて話し合うことが、まさに愛や思いやりにつながっていくのでしょう。どちらかに合わせるにしても、完全に納得がいくまで対話を重ねられるといいですね。
一方、お別れの申し出として、あなたの側から「はっきりさせる」人もいそうです。このまま情や惰性で続けていくよりも、形式的にしっかりと別れたほうがお互いのためになると思うに至るのでしょう。 恋愛運が落ち込みを見せるのは9月、それから10月。思い切って行動したことが裏目に出たり、相手の優しさに甘えてしまったりと、不器用になりがちかもしれません。いっそ、特別なことはしないでいるほうが、逆にうまくいくことも多いでしょう。パートナーがいる人も、今は探している最中という人も、等身大の自分でいられると乗り切りやすい時期と心得ておいて。

金運

気が大きくなってドカンと使う、そんな思い切りの良い(ときに良すぎる)気分になりやすい時期。「自分が良いと確信したのだから、迷う理由は何一つない!」と、清水の舞台へのアプローチがかなり短いようなのです。特に「自分への投資」に関しては期待が高まる分、歯止めがききにくい傾向も。勉強にせよ美容・ファッションにせよ、「簡単に○○できる」「努力不要」といったキャッチコピーがついているものには、慎重になると決めておいたほうがいいでしょう。こうした傾向は、特に10月、11月に顕著です。一方、金運がいい時期は8月と9月。夏の終わりのセールはいいものに出会えそう。来年1月においては、健康面への出費はプラスになるでしょう。

2021年下半期の吉方位

8月の吉方位:東、西
東は対人運、仕事運に新しい動きが起こせるとき。接点を持つ人にも変化が。西は金運と恋愛運アップに。食べ歩きデートが盛り上がるはず。

9月の吉方位:北東
仕事上での困り事は解決の見通し。転職を考えている人は北東方面の会社にエントリーするか、もしくは北東方面の神社仏閣に参拝を。

10月の吉方位:西
金運が大幅アップ。資産運用や貯蓄は確かな情報源をつかむことで冴えた運用ができそう。

11月の吉方位:北、北西
北はビジネス運アップ。新しいジャンルを開拓できるかも。北西は人を統率する力がアップ。グループのなかでのまとめ役を担う人には嬉しい恩恵があるかも。

12月の吉方位:東、南
東は持ち前のポテンシャルをフルに活かせるチャンスを得られる予感。仕事が評価されることも。南は頭がビシッと冴えていいアイデアが生まれそう。

1月の吉方位:南東
意欲が増し、前向きな気持ちが湧いてきます。恋を探している人は素敵な出会いがもたらされるでしょう。

七赤金星の基本性格
秋、稲穂が頭を垂れ木々が豊かに実るように、豊かさや充実といったエネルギーを持つ人です。いつも明るく愛嬌たっぷりで、いるだけでその場がパッと明るい雰囲気になり、自分も人も楽しむことを大事にするので人気があります。センスが良く、流行を誰よりも早く押さえていたり、トレンドをファッションに取り入れたりするので、オシャレな人も多いでしょう。ただこのカンの良さがネガティブな方向に発揮されると、言葉の棘で相手を刺しにいったり批判能力だけが強調されたりと、キツい人と誤解される危険も出てくるでしょう。ポイントは聡明さ。頭の回転が早くコミュニケーション能力に優れているので、ポジティブな表現を心がけるとあなたが本当に伝えたいことが、まわりに理解してもらいやすくなります。仲間にも恵まれ、幸せの幅も量も大きく広げていくことができるでしょう。ちなみに、明るい性格のわりに、いったん落ち込むとどこまでもネガティブになっていく傾向も。起きたことを引きずらず、上手に切り替えができるようにしましょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。