【九紫火星の2021年下半期(8月8日〜2022年1月31日)の運勢】真木あかりの九星気学占い

九星気学では旧暦を使うので、現在のカレンダーでいえば2月からが1年の始まりと数えます。そこで下半期の運勢も、8月から来年の1月という区切りでお届けします。
上半期に続き、六白金星の年であることに変わりはありません。品格のある振る舞いと良質な生活を目指すことが開運につながります。なお、カレンダーが切り替わって2022年1月になると、2022年2月から始まる「五黄土星」の影響がだんだんと濃くなっていきます。努力の結果が吉凶として如実に反映される年ですから、2021年からコツコツと地道な積み重ねをしていくのは、素晴らしい恵みをもたらしてくれるだろうと思います。とはいえ、皆様ならすでに、日々積み重ねていらっしゃることでしょう。良いほうにつながると信じて、この下半期も頑張ってまいりましょう。
  • 文・真木あかり

九紫火星

総合運

突然暗い話をして恐縮なのですが、どうにも気分が落ち込んでしょんぼりしてしまうとき、あなたはどんな対処法をとるでしょうか。心理学的には、布団のなかでくよくよとそのことを思い悩むのが、もっともメンタルに良くないのだそう。具体的な解決法を考えるのが一番良いのですが、なかなかそう理性的になれるときばかりでもありませんよね。そんなとき、私はさくらももこさんの『コジコジ』という漫画を思い出します。飛ぶ能力が出せなくなってしまった友達に対し、こう言うシーンがあるのです。「飛べないときはゆっくり休めばいいじゃん 仕方ないよ 飛べないんだからさ」「どうせ飛べないんなら心配するより休んだほうがいいよ」 これもある意味「具体的な解決法」ですね。飛べる方法を考えるのが一番とはいえ、そのためにまず必要なのは元気です。その元気を溜めるために、今は休む。なんと立派な解決法でしょうか。
さて、こんな話をしたのは、この下半期の九紫火星さんの運気が若干、アップダウンが激しくなっているからです。9月に精神的な負担が、12月には対人面での心配事が多くなりやすい見通しが出ています。それ以外のときは非常にいい運気なので「後から見ればプラマイゼロ」くらいにはしていけるはずなのですが、アップダウンがあるとそれなりに疲れるのも事実。もし、飛べないと思ったときは前述のように少し休んでみませんか。きっと、いい解決策が浮かんでくるはずです。
参考文献:『COJI-COJI 2』さくらももこ(集英社)

対人運

おそらくですが、当たり前のことを当たり前にしているのが一番、いい時期だろうと思います。この半年間は、対人面で何かと神経を使う時期。とはいえ、いちいちピリピリと神経過敏になっていると、ストレスから直感力や洞察力が鈍りがちに。九紫火星さんならではの輝きも弱まり、ますます持ち味が出しにくくなるでしょう。当たり前のこと――たとえば挨拶とか、礼儀作法とか、誰に対しても丁寧に接するとか――を当たり前にやっていれば、仮にストレスフルな状況に陥っても、助けてくれたり「○○さんなら信用できるよ」と加勢してくれたりと、周りが味方してくれます。挨拶や礼儀作法なんて、いつもしているよということであれば、いつも通りで大丈夫。きっと、あなたには味方がたくさんいますね。
時期的には、8月から9月は特に言葉遣いや目上の人への接し方に注意したいとき。余計なことは言わず、胸のなかに留めておくのが鉄則です。10月から12月は変化が多いかも。どんなことが起きても焦らずに、ひとつひとつ自分の手で対処していけば問題ないでしょう。運気がいい方向に動き始めるのが来年1月。真心を尽くして接してきた人に気持ちが届いたり、あなたの気遣いが報われたりするときです。

恋愛運

パートナーがいる人は、運気のアップダウンに振り回されると恋愛にも余波が及びそう。お相手を愚痴のはけ口にしたり、コロコロ気分を変えたりしていては疲れさせてしまうことも多いでしょう。好きな人に力になってもらえるのは、どんな人が相手をしてくれるよりも頼もしく嬉しいこと。それでも、スポーツでストレスを発散したり、愚痴は同僚に聞いてもらったりと、分散させておくのがいい雰囲気を維持するコツとなるはずです。ふたりにとって大きな節目となりそうなのが11月。ここは九紫火星の人にとって「出会いと別れの時期」にあたっています。運命を感じるような新しい出会いがあったり、感情的になって別れを決めてしまったりと想像もつかないような展開もあるかもしれません。いずれにせよ、後悔のないようにしましょうね。
パートナーを探している人は、仕事その他が忙しいせいで恋が後手後手に回りやすいかも。いい感じの人がいてもなかなか進展せず、さりとて積極的になれるほどの時間もなく……といった状態になりやすいのです。いい動きがあるとすればやはり11月で、趣味や勉強、スキルアップといった場で「この人だ」とピンとくるような出会いがあるでしょう。12月はふたたび忙しくなるので、進展するならば年明けに期待が持てるでしょう。コミュニケーションを取りつつ様子を見てみては。

金運

ストレス解消のための出費がかさみそうな半年間。ちょっと気分転換にお出かけしたり、頑張った日はリッチなおやつを買ったりと、ひとつひとつの出費はさほど大きくなくても積もり積もればなかなかの額になりそうです。ただ、運気のアップダウンが大きな時期で、あなたも相当頑張っておられるはず。気晴らしになるのなら、多少のプチ贅沢は経費と割り切ってしまうのもいいかもしれません。来年1月は節約上手になれる運気が巡ってくるので、今年のうちは楽しみながら使ってみるとよさそうです。 注意したいのは、見栄をはって分不相応なものを買おうとしたり、後輩におごってあげたりするような場面。満たされるのは一瞬だけで、あまり“生きたお金”にはしていけない予感です。無駄とは申しませんが、ほどほどにしておけるとお財布も安心です。

2021年下半期の吉方位

8月の吉方位:南、北
南は頭を使うことで成功する方位。仕事では特に効果的なので、頑張りたいときは南にあるスポットにお出かけを。北は雑談から幸運をつかめる予感。気になることはどんどんメモを。

9月の吉方位:北西、北
北西はやる気アップ。視界も良くなり、悩んでいたことに解決の道が見つかりそう。北はいいいコネを得られる見通し。友達や同僚からチャンスをもらえることもあるでしょう。

10月の吉方位:東
これまで積み重ねてきた努力によって、周囲から信頼を集めることに。気力・体力ともに充実しているので、いつもよりハードに頑張れるかも。

11月の吉方位:北東
やる気がアップし、どんなことでもプラスの方向に導いていけそう。恋を探している人には出会いも期待できます。

12月の吉方位:東
フットワーク軽く動くことでいい情報やチャンスが集まってきます。良い情報を得たらぜひ周囲の人にもシェアを。そうすることで運が良くなってきます。

1月の吉方位:北
エネルギーを奪っていく人、足を引っ張ってくる人など、今のあなたにとって不要なご縁を切ることができるかも。そうすることで、いいご縁を呼び込むこともできるでしょう。

九紫火星の基本性格
まるで太陽のように情熱的で華やかなオーラを持つのが九紫火星の人。いつもアクティブに行動し、巧みなトーク力で周囲を惹きつけてやみません。エネルギーの塊のような人で、いいなと思うとまずはアクションを起こしてみるような行動力がありますが、若干「熱しやすく冷めやすい」傾向があるのも事実。昨日まで寝食を忘れるほど夢中になっていたことが、今日にはどうでもよくなって次のものに夢中……なんてことも少なくありません。テンションのアップダウンもちょっと激しめ。趣味など個人で楽しむものならいいのですが、仕事や恋愛では相手を振り回してしまうこともあるかもしれません。好奇心の幅の広さは素晴らしいことですが、落ち着いて考えたり人に相談したりといった行動も取り入れると、周囲との摩擦や緊張感も減らすことができるでしょう。プライドはかなり高め。それをお守りにして大胆な行動を取れるところもありますが、謙虚さを持てればそのプライドがカリスマ性に変わっていくはずです。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。