【五黄土星の2021年下半期(8月8日〜2022年1月31日)の運勢】真木あかりの九星気学占い

九星気学では旧暦を使うので、現在のカレンダーでいえば2月からが1年の始まりと数えます。そこで下半期の運勢も、8月から来年の1月という区切りでお届けします。
上半期に続き、六白金星の年であることに変わりはありません。品格のある振る舞いと良質な生活を目指すことが開運につながります。なお、カレンダーが切り替わって2022年1月になると、2022年2月から始まる「五黄土星」の影響がだんだんと濃くなっていきます。努力の結果が吉凶として如実に反映される年ですから、2021年からコツコツと地道な積み重ねをしていくのは、素晴らしい恵みをもたらしてくれるだろうと思います。とはいえ、皆様ならすでに、日々積み重ねていらっしゃることでしょう。良いほうにつながると信じて、この下半期も頑張ってまいりましょう。
  • 文・真木あかり

五黄土星

総合運

運気は高め安定、エネルギッシュに行動していける6ヵ月です。特に秋は「自分のために用意されたんだ!」と思えるようなチャンスがいくつも目の前に現れ、わくわくしながら取り組んでいける充実の日々となるでしょう。五黄土星の人はもともと「今を生きる」がポリシーで、道なき道をも全部道と言い切るような強さの持ち主ですが、その強さをストレートに発揮できる素晴らしい時期と言えるはずです。 まず8月、半年のうちで強いて注意が必要な時期といえばここに当たります。初夏の頃からくよくよと悩んできたことに解決の糸口が見つかり、自信が出てきます。ただ、自分で思っているほどエネルギーは出せない見通し。7割できたら100点満点と思って、堅実にやっていきましょう。 9月から来年1月までは一気に走り抜けていける好調期です。思い切った挑戦もしていきたくなるのですが、見切り発車で進めたことは年末、早くも失速し始める見通しも。大事なことほど、下準備や下調べなど地道なことにも時間を使いましょう。 またこの時期、何かと手厳しい助言をくれる人がいそうですが、よくよく聞けば一理あるはず。あまりに見当外れなものはスルーして構いませんが「痛いところを突かれた」と思うなら、スピーディーに改善をはかって。この時期は、愛ゆえに厳しいことも言ってくれる人が何よりの味方です。

対人運

五黄土星の人は自信にあふれ、物事をパワフルに動かしていける人。そうした強さが人を惹き付ける魅力でもあるのですが、この時期は好調期であるだけに強く出すぎるきらいもあります。特に8月から9月にかけては、それが悪目立ちしやすく敵を作りやすい傾向があるでしょう。強く出した感情は、その分強く返ってくるのです。力を借りたいときはまず自分が人に力を貸す、心を開いて欲しいときはまず自分が心を開く、ということを意識してみるといいでしょう。伝わらない主張は、今は一度引っ込めて伝わるタイミングまで寝かせておくのもよさそうです。 10月以降は全体的な運気は安定するものの、頑張りたいときに限って誰かに足を引っ張られたり、敵視されたりと落ち着かない見通しに。これは運が悪いというよりも、あなたのパワーや運の強さに嫉妬している部分もありそう。「じゃあそっちも頑張ればいいじゃん」なんて思ってしまうと、言葉に出さずとも攻撃めいたオーラとして伝わってしまいそう。いつも以上に謙虚に、我を出しすぎないことが大事でしょう。お願いごとを持ちかけられることも多いかと思いますが、この時期の依頼は思った以上に困難。「ついでにこれも」などと増やされることすらありそうです。安請け合いしてしまうとあとで苦労するので、引き受けるかどうかは慎重に考えて。

恋愛運

仕事でもプライベートでも、人との接点が増えるでしょう。オンラインのやりとりでもあなたの熱意や気持ちはしっかり伝わるはずですから、前向きにコミュニケーションをとってみるといいでしょう。 8月、10月は勇気が出やすいとき。親しい間柄であればアプローチをしたり、お誘いをしてみたりするといいのですが、行きつけのお店の常連同士、フィットネスクラブの会員同士など、顔見知りからの発展というのも期待できるでしょう。とはいえ、最初からグイグイいきすぎると引かれる可能性大。もしお互いのことを知らなすぎるようであれば、挨拶や世間話から始めて地道に話せる関係づくりをしていきましょう。 曖昧にしている関係や、返事を保留にしている申し出がある場合は、11月あたりから年内にかけて、いよいよはっきりさせるタイミングが巡ってきそう。それがYesでもNoでも、あなたのなかではとうに答えが出ているはずです。誠実な言葉で伝えていけると素敵です。 1月はお楽しみが多い時期。趣味やスポーツイベント、ボランティアなど、同じ志を持つ仲間のなかに意識する人が生まれるのかも。ただ、思わせぶりな態度は控えたほうがベター。その気のない人に勘違いをさせてしまうようなことも、この時期は多くなりそうです。

金運

11月いっぱいまではおおむね順調な見通しです。運気の上昇につれて仕事が充実したり、自分にぴったりの副業が見つかったりと、仕事運と連動するかたちで金運が動く人が多いでしょう。もしも家計に余裕がある場合、貯金も良いのですが「適度に使う」ことで金運が上がります。人にお礼の品を送ったり、感染症予防に留意しながらレジャーを楽しんだりと、人間関係や気持ちを豊かにするお金の使い方ができると素敵です。 12月、翌1月は何かと物入りに。収入は安定しているものの、手元には残りにくいでしょう。資産運用をしている人は、リスクをとりすぎないように注意したいところです。全体的に、スタンダードなやり方がベスト。よく知らない金融商品には手を出さないでおきましょう。

2021年下半期の吉方位

8月の吉方位:東
発展運が得られるとき。人と協力して前に進めば、望んだ以上の展開も。

9月の吉方位:南東、南
南東は真面目に頑張った人が評価される見通し。健康運アップにも◎。南は世の中の「風」をうまくつかめるとき。ビジネスで役立つかも。

10月の吉方位:西、北
北は財運アップ。不動産を探している人はいい物件が見つかるかも。西も財運が上がりますが、仕事で頑張った結果として方位の恩恵を受けることができるでしょう。

11月の吉方位:北西
身も心も充実。特に、仕事で今より上のポジションを狙っている人には嬉しい効果が。

12月の吉方位:東
アイデアや企画が評価されそう。新製品や新サービスは積極的に使ってみるといいひらめきがありそう。

1月の吉方位:南東
心のなかで「こうなったらいいな」と思っていたことが実現する兆し。ハードルは高くとも全力で取り組んでみて。

五黄土星の基本性格
五黄は木や大地など特定のものを象徴する言葉ではなく「中心」を意味し、ひいては生きとし生けるものの生を司ります。天と地のどちらの働きも持ち合わせることから、五黄土星の人は非常にエネルギッシュな生命力が生まれながらにして備わっているのです。この世に生を受けたからには、全力で楽しんで走り抜けたい――そうした思いを持つ人は少なくないでしょう。人に指図されることを何より嫌い、いつも自分のペースで自分のやりたいことを追求します。あなたが望みさえすれば、大きな夢を叶えることも決して難しくないのでしょう。個性的なところが強く出すぎると、周囲からアクが強い人、心が狭い人と誤解されることもあるかもしれませんが、友達や信頼している人からの頼みであれば、骨身を惜しまず努力して期待に応えようとする、器の大きなところも。自分勝手になりすぎることなく、人に熱意を注ぐところが伝われば人望も確かなものとなるでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。