【四緑木星の2021年下半期(8月8日〜2022年1月31日)の運勢】真木あかりの九星気学占い

九星気学では旧暦を使うので、現在のカレンダーでいえば2月からが1年の始まりと数えます。そこで下半期の運勢も、8月から来年の1月という区切りでお届けします。
上半期に続き、六白金星の年であることに変わりはありません。品格のある振る舞いと良質な生活を目指すことが開運につながります。なお、カレンダーが切り替わって2022年1月になると、2022年2月から始まる「五黄土星」の影響がだんだんと濃くなっていきます。努力の結果が吉凶として如実に反映される年ですから、2021年からコツコツと地道な積み重ねをしていくのは、素晴らしい恵みをもたらしてくれるだろうと思います。とはいえ、皆様ならすでに、日々積み重ねていらっしゃることでしょう。良いほうにつながると信じて、この下半期も頑張ってまいりましょう。
  • 文・真木あかり

四緑木星

総合運

2021年下半期は、夏が最も低くあとは右肩上がりに上昇していきます。「スタートからこれか〜」とあまりいい気持ちはしないかもしれませんが、上がっていくことは決まっているのですよね――もちろん、あなたがそう望めばですが。ここが底なのだ、あとは上がるだけなのだと前向きに過ごしていきたいところです。 といっても、8月の低迷期は他のどの星の人よりも、四緑木星の人が一番軽く済むことになっています。大きな決断や転機には向きませんが、現状維持に徹して物事のいい面に目を向けていれば「ちょっとした夏バテ」くらいで済むでしょう。悲観することなく、前向きに過ごして。読書や勉強ははかどります。
9月は前月の低迷の波を引きずってあまり調子が出ないのですが、サポート役や「縁の下の力持ち」的な立ち位置で活躍できます。10月以降は一気に運が上がっていくので、大きな転機は避けて気力・体力を温存しておくのもいい選択でしょう。 秋から翌1月にかけては好調期。いろいろな動きが起こって活気が出てきます。あれもこれもと欲張るのはOKですが、本当はいらないものにまで目移りすると運は分散するだけ。自分にとって価値あるものだけを選び、ひとつひとつのことを丁寧に進めていくことで、実りある日々にしていくことができるでしょう。

対人運

対人面は下半期のあいだずっと好調です。もちろん細かいアップダウンはあるのですが、愛や友情にあふれたいい時期となるはずです。 夏は家族や身近な人を大切にすると開運に。もちろんいつもそうしているとは思いますが、馴れた間柄だからこそ忘れがちなことを再確認してみて。時節柄、帰省を控えている人も多いかもしれませんが、ネットを介してお互いの元気な顔を確認し合ったり、手紙を書いたりと今できることをやっていけるといいですね。秋からは交流が広がっていきます。仕事や友達の紹介などで、これまではご縁がなかったような人とも接点が増えるでしょう。
9月から11月にかけては、お誘いがあったら気軽に応じたり、連絡をとってみたりと拡大に努めるのが吉。合う・合わないを簡単にジャッジしてしまわずに、程よく付き合っていくといいでしょう。というのも、そうした人たちの「本性」が見えてくるのが12月から翌1月にかけてだからです。メッキだらけの人は、それがはがれてくるので要チェック。「たまたまかな?」などと楽観視せず、どの程度のお付き合いにするべきかしっかり検討していけるといいですね。対人運が私たちに促すのは、いい人との出会いだけではありません。必要のない人を、遠ざけることでもあるのです。

恋愛運

運気全体が安定しているため、恋にもずっと前向きな空気が漂い続けます。恋を探している人なら9月から翌1月まで、ずっと好調な時期が続いていくでしょう。特に秋は、仕事や対人関係など運気全般が上向きになる関係で、これまでは接点がなかったタイプの魅力的な人とも出会える予感。ただ、ちょっと変な言い方になるかもしれませんが「刺激に酔う」ような毎日になってしまうと、変なご縁を呼び込んでしまうこともあります。あなたは本来、穏やかでホッと落ち着くような関係を築けてこそ幸せを感じられる人。ドラマを楽しむのも素敵ですが、そこに自分の幸せがあるかどうかはよく見極めるようにしましょうね。
カップルの人は安定しています。10月はやや相手に求めるものが多くなりやすい時期ですが、結局は今のパートナーがベストな相手であることを実感できる瞬間があるでしょう。翌1月は、パートナーの優しさに甘えすぎると関係にヒビが入りやすいとき。あなたのことですから、調子に乗ったり不遜な態度をとったりすることはないでしょうが、「このくらい、許してもらえるはず」なんてことを続けていると、相手は静かに怒りを溜めているのかも。頼れる相手がいることに感謝しつつ、自立した関係を目指して。

金運

大きな波乱・混乱の予感はありません。8月から9月は堅実な見通しを立てられると安心ですが、その他は好調と言っていいでしょう。秋は人との交流が増すので、交際費や交通費がかさむ見通しではありますが、ここはケチケチするところではありません。必要経費と思って、使うべきところには使っていきましょう。見栄をはって、あなたらしくない使い方をしなければ問題ありません。 もし注意すべき時期を上げるとすれば、来年1月。ここはつい無茶をしたくなる時期なのですが、よくよく考えたほうがいい時期です。思い切って大枚をはたいても、そこで満足して役立てるまではいかない可能性が高いでしょう。

2021年下半期の吉方位

8月の吉方位:西、北西
西は金運アップ。レジャーに出かけるときはプチぜいたくも思い出づくりになるはず。北西は新しいことを始めるときにいい方位。北西で立てた計画は長続きするはず。

9月の吉方位:北
トークが冴え、ビジネスや対人関係で有利に。ただし嘘は禁物。真実のみを話すこと。

10月の吉方位:北東、南西
北東はやる気がアップ。すべてのことに前向きに取り組めるようになるはず。南西はエネルギッシュに行動できるとき。「新旧ミックス」は成功のキーワード。

11月の吉方位:東、北
東は新しい仕事や計画に取り組むときに使うといい方位。大成功が期待できるかも。北は人脈が広がっていきそう。いい刺激を受けられるはず。

12月の吉方位:南西
主に仕事において新しい動きが。また、過去にストップしたままになっていた仕事がふたたび動き出すようなこともありそう。

1月の吉方位:南西
堅実に努力を続けるエネルギーが湧いてくるかも。目上の人の引き立ても得られそうです。

四緑木星の基本性格
木々が成長して枝葉を伸ばし、森となっていくように、「みんなとの関係」「みんなのなかの自分」を第一に考えるタイプの人。生真面目ですが物腰は柔らかで、その場にいる人を全員ほんわかとした癒やしで満たしていくようなところがあります。謙虚で相手を立てることが得意なので、目上の人から可愛がられることも多いでしょう。こうした調和を重視する原動力は、実は「誰にも嫌われたくない」という不安。それが強く出すぎてしまうと「人の言いなりになる」「自分の意見がないと思われる」といったネガティブな容姿に変わってしまうことがあります。本来の「調和」の力を活かすには、周囲の人の顔色を伺うばかりでなく、自分の存在や気持ちも尊重するという姿勢は、いつも持っていたいところです。それができるようになれば、人のためを思ってしたことが自分にも返ってくるなど、優しさや思いやりの循環が起こり始めます。試行錯誤した分だけ、生きやすくなっていくでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。