からだ

保田圭さんも実践!1回10秒の“そる腹筋”で、疲れず効果的に腹を引き締める。

美しい腹筋を楽に確実に手に入れるためには、従来の縮めるエクササイズより、伸びる力を利用した「そる腹筋」が有効でした。
  • 撮影・横山翔平(t.cube) スタイリング・橋田知佳(保田さん) ヘア&メイク・伊荻ユミ(保田さん) 文・河野友紀
(左)中村尚人(なかむら・なおと)さん●理学療法士、ヨガインストラクター。「スタジオ タクトエイト」主宰。NHK『きょうの健康』など、テレビ出演も。近著に『「そる」だけでやせる腹筋革命』(飛鳥新社)が。(右)保田 圭(やすだ・けい)さん●タレント。1980年、千葉県生まれ。元「モーニング娘。」の2期メンバー。2013年、料理研究家の男性と結婚し、現在は1歳5カ月の息子の母。

中村尚人さん(以下、中村) 小さなお子さんがいらっしゃると伺いましたが、運動などはしていますか?

保田圭さん(以下、保田) いえ、全く……。昨年1月に息子を産み、産後太り解消に少しジムに通ったのですが、1カ月くらいで中断してしまいました。なので、まさにお腹はぽっこり状態で、ウエストサイズも産前と全然違います。

中村 どんな運動をしたんですか?

保田 ピラティスにトライしました。でもキツくてすぐ音を上げてしまい、1カ月も続かなかったかな。

中村 (笑)。確かにピラティスって、ヨガのようなしなやかなイメージがありますが、実はすごくキツいんです。

保田 昔からキツい運動やトレーニングは苦手で……。

中村 アイドル時代はダンスもしていたと思うのですが、その頃はトレーニングはしていましたか?

保田 モーニング娘。の頃は、いわゆる“ヘソ出し”の衣装が多かったので、お腹周りだけは締めておかなければ、という意識がありまして。家で腹筋運動はしていました。といっても、1日20〜30回程度。あとはダンスレッスンの前にストレッチを10分程度やっていて、その時にも、少し腹筋運動をするくらい。さらに踊る時、少しでも細く見せようとお腹を引っ込めて踊っていたので(笑)、今と比べると、一応“見せられるお腹”だったとは思います。

中村 なるほど。

保田 お腹は引っ込めたいですが、キツい運動だと続かないし。そう思いながら、ズルズルと過ごす毎日ですね。

「キツい運動は苦手だし続かない。 なるべく楽に鍛えたいのですが……。」

従来の腹筋はデメリットだらけ!? “そる腹筋”はここが違う。

中村 これまでの、寝て起き上がる腹筋って、キツいですよね。しかも、実はそんなに効果が大きくない上、意外とデメリットもありまして。

保田 デメリット? 腹筋といえばあの運動しかないと思っていたのですが。

中村 身体を倒したところから上半身を起こす動作って、朝ベッドから起き上がる時ぐらいしかやらないですよね。つまり、日常生活の中でほぼやることがない、無理のある動き。それを繰り返していると椎間板の内圧が上がって、腰痛になってしまうこともあります。ぎっくり腰と同じです。

保田 そうなんですか!

中村 また、起き上がる腹筋で鍛えられるのは腹直筋(ふくちょくきん)という筋肉1つだけなのですが、僕が提唱している、そって伸ばす形のトレーニングだと、腹直筋に加え腹斜筋(ふくしゃきん)、腹横筋(ふくおうきん)など、たくさんの腹筋が鍛えられる。縮めるよりも伸ばして鍛えたほうがトレーニング効果が20%も高いんです。なのに疲労感は3分の1程度。つまり、楽をして鍛えたいならば、そって伸ばすのがおすすめ。

保田 今まで信じてきたことはなんだったんでしょう(笑)。

中村 起き上がる腹筋はキツいので、“やった感”がありますからね。それから縮める腹筋は、筋肉に厚みが出てしまう上、無理な体勢で行うので、猫背や巻き肩になることも多く、姿勢が悪くなることも。ぽっこりお腹は、姿勢の悪さと関係が深い。姿勢が悪くなると体内で内臓が潰され、居場所がなくなってしまい、前に飛び出してしまう。それがぽっこりお腹です。でもこの腹筋を伸ばす運動は肋骨を引き上げて姿勢を正すので、身体の中にスペースが生まれ、正しい場所に内臓が収納でき、お腹がすっきりします。

保田 そる腹筋、いいことずくめですね。楽して鍛えたいと思っている私にぴったりな気がしてきました。

中村 ではぜひ体験してみてください。さっそくやってみましょう!

「姿勢を正して身体を引き上げ、そる。 それだけで腹筋が鍛えられます。」

キツいどころか気持ちいい! “ながら”でできる簡単さも魅力。

中村 やってみて、どうでした?

保田 とっても簡単で、本当に驚きました。私、これまでの腹筋運動は、それをするために寝転がることすら面倒だったんです。立ったままできることだけでもうれしいのに、つらさもない。むしろ身体がスッキリというか、気持ちよさすら感じます。すごい!

中村 身体を伸ばすことで自律神経が活発になるので、意識がシャキッとするんですよね。

保田 そうなんですね。あと、すごく背中がピキピキしたんですが、これはどういう効果なんですか?

中村 背筋が鍛えられている証拠です。背筋は、姿勢を正すのに重要な役割を果たす筋肉なので、相乗効果が期待できますよ。

保田 一番初めに、自分にとっての正しい姿勢を探すのが少し難しいですが、それを覚えてしまえば、後は極端に言えば伸びるだけですから、難しさはゼロ。家事の合い間やテレビを見ながらなど、“ながら”にできるのもいいですね。これからはソファに座る時間を減らし、腹筋を伸ばします!

中村 続けられそうですか?

保田 はい、これなら私でも続けられると思います(笑)。

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。