からだ

肌の曲がり角は40代に到来!ふっくら美肌を保つなら、これ。

加齢による皮脂と水分のバランスの乱れを整えて、ふっくら美肌に導くあのクリーム。ロングセラーを続ける理由も、使って納得!
  • 撮影・金子吉輝 ヘア&メイク・浅野有紀、Yas Yamada(共にルースター) 文・藤田まゆみ

[使ってよかった!]悩み多き40代の肌にうれしい、 オールマイティなクリームですね。

クロワッサン倶楽部会員番号47 高橋佐知(たかはし・さち)さん●ポーセラーツ&フラワーアレンジメントサロン主宰 41歳。毎日の食事の内容にも気を配り、体の内外からキレイを考える日々。「若々しい肌と体を、長く保っていきたいと思います」

肌の感触がゴワゴワしてきた、以前より乾燥が気になるようになった、ツヤやハリがなくなってきた……。40代に入って「肌が大きく曲がった」という実感をもった人は少なくないはず。クロワッサン倶楽部のメンバー、高橋佐知さんも、そのひとりだ。

「30代の半ばまではどちらかというとオイリーな肌だったんですが、いまはカサつくことも多くて、揺らいでいる感じがありますね。友人たちも40代で肌の悩みが増えたと言っています」

その大きな理由のひとつは、皮脂の分泌量の減少にある。皮脂は肌を保護して潤いを保つ働きを担っているが、40代になると分泌量が急激に減少。水分量とのバランスが崩れて、肌から水分が蒸散しやすくなるのだという。

そこで高橋さんに試してもらったのが「マダムジュジュ」。レシチンを多く含む卵黄リポイド(※1)という、皮脂と水分のバランスを整える成分を配合。年齢を感じた肌に潤いを与え、ふっくらとやわらかな肌に導く養湿クリームだ。

加齢による水分量、皮脂量の変化

肌の水分量は各年代を通じて徐々に減少するのに対し、皮脂量は40代で激減。以降は、ほぼ横ばいに。

20代を100としたときの各年代の相対値。『J. Soc. Cosmet. Chem. Japan. Vol. 23, No.1 1989』『J. Jpn. Cosmetic Sci. Soc. 24(1):7-13(2000)』より編集。

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE