からだ
くらし

【レシピ付き】山口恵以子さんの腸内改善計画。オメガ3とMCTオイル。2種類の油がダイエットには最適。

  • 撮影・岩本慶三 文・一澤ひらり

[汁物]きのこと海藻をたっぷり。MCTオイルをプラスして。

舞茸ととろろ昆布の塩麹スープ

麹菌が腸内環境を改善。腸内細菌のエサになる短鎖脂肪酸を増やすには、きのこなどの食物繊維を。

【材料(2人分)】
舞茸60g とろろ昆布4g 塩麹小さじ2 水2カップ しょうゆ少々 MCTオイル適量

【作り方】
1. 舞茸は小房に分ける。
2. 鍋に水、1を入れて煮る。
3. 火を止めて、とろろ昆布、塩麹を入れ、最後にしょうゆを加える。MCTオイルをかけていただく。

エリンギとわかめのおから味噌汁

味噌の植物性乳酸菌で腸が元気に。おからの大豆サポニンは腸を刺激して便通をよくする働きがある。

【材料(2人分)】
エリンギ1本 カットわかめ小さじ2(戻しておく) おから60g だし汁2・1/2カップ 味噌大さじ1・1/2 MCTオイル適量

【作り方】
1. エリンギは、斜めにスライスする。
2. 鍋にだし汁、1、わかめを入れて煮る。
3. おからを加え、ひと煮立ちしたら、味噌を溶き入れる。MCTオイルをかけていただく。

もずく酢サンラータン風

もずく、豆腐、桜エビに含まれるマグネシウムは便の水分を増やして快便に。骨粗鬆症予防にも。

【材料(2人分)】
具材[木綿豆腐1/3丁(100g) もずく酢2パック(120g) 桜エビ大さじ1 しょうがすりおろし1かけ分 ねぎ6cm(小口切り)] A[だし汁2カップ 塩、こしょう各少々] ラー油、ごま各適量 MCTオイル適量

【作り方】
1. 具材とAを鍋に入れて、火にかける。
2. 沸騰したら、ラー油、すりつぶしたごまを入れて出来上がり。MCTオイルをかけていただく。

山口恵以子(やまぐち・えいこ)●作家。44歳から56歳まで“食堂のおばちゃん”として働いた後、専業作家に。近刊は『食堂メッシタ』(角川春樹事務所)。

麻生れいみ(あそう・れいみ)●管理栄養士。ローカーボ料理研究家。「食べてやせて健康になる」ダイエット法に定評がある。著書に『作りおきでやせぐせがつく、糖質オフバイブル』(主婦の友社)など。

『クロワッサン』973号より

1 2 3 4
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。