からだ

寒さでなんだか体の調子が悪い人のための4つの記事。

咳に悩まされたり、鬱々とした日が続いたり。冬のダメージは意外に厄介。対処法を学んで、健やかに乗り切りましょう。
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1. 冬を健やかに乗り切る、基本の「き」。冬のからだ悩み対策。

冬のからだトラブルの原因や、日常でできる予防法を呼吸の専門医、漢方医に聞きました。冬季うつや冬バテなど、用心したい病気がいっぱいです。

 ⇒詳細はこちらから

2.“ゆるゆる漢方家”による、暖かくしてがんばらない冬の養生。

冬の養生は「がんばらない」「現状維持」で、春に向けて温存しておきましょう、と話すのは、漢方の理論をやさしく伝える“ゆるゆる漢方家”櫻井大典さん。
体を温める食材についても教わります。

⇒詳細はこちらから

3. 寒さによる不調を予防する、ペットボトル温灸。

予約の取れない鍼灸師と呼ばれる若林理砂さんに、ペットボトルで誰でも簡単にできるツボ養生を教わりました。冬の寒さは足元からやってくるので、下半身を中心にペットボトル温灸で温めるのがおすすめ。

 ⇒詳細はこちらから

4.上田玲子さんに教わる冬ヨガ・準備運動編。

「体幹が冷えているとすぐには温まりません。まず体幹を使って血行をよくすると、手足の末端にまで血がめぐりポカポカとしてきます」と話すのは、ヨガインストラクターの上田玲子さん。家事や仕事の合間に体をほぐし、めぐりをよくするヨガを教わります。

⇒  詳細はこちらから

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。