からだ

寒さによる不調を予防する、ペットボトル温灸。

古来、中国ではツボを鍼や灸で刺激して不調を治してきました。でも、ツボの位置を正確に探り当てるのは難しくありませんか。予約の取れない鍼灸師と呼ばれる若林理砂さんが、誰でもツボ養生ができるようにと編み出したペットボトル温灸をお試しあれ。
  • 撮影・岩本慶三 文・石飛カノ

寒さ・冷え対策

足元から這い上がる冬の寒さにペットボトル温灸で先手を打つ。

【腎兪(じんゆ)】

生命エネルギーの源、腎の働きは加齢とともに衰える。さらに寒い冬の時期には、熱を持った「陽」から冷えた「陰」の状態に。腎の機能を高める腎兪を温めて気血を補強。

★腎兪は腕を体につけたときのひじのライン上、背中から指2本分、外側にあるツボ。ペットボトルを横にして左右別々に熱刺激。

【湧泉(ゆうせん)】

腎の経絡のスタート地点に当たるツボ。刺激することで生命エネルギーがプラスされ、疲労の回復やリラクセーションが促される。さらに温めれば衰えた腎の機能も活性化。

★土踏まずのくぼんだところのほぼ中央に位置するツボ。床に座り、ペットボトルの側面をツボ周辺に当てて刺激。

★凹んだ真ん中

【関元(かんげん)、気海(きかい)など】

おヘソから下には、元気のツボであり下半身の冷えに効果的な関元、全身のだるさなどの改善に有効とされる気海といったツボがある。ペットボトルを少しずつずらして温刺激。

1.お腹はデリケートな部位。とくに敏感なおヘソ自体は避けて、おヘソの下にペットボトルの底を当てる。

2.おヘソの下に熱さを感じたら、その下にペットボトルの底面をずらす。このへんが関元に当たる。

3.熱さを感じたら、さらにその下の下腹部にペットボトルの底面をずらす。3カ所とも温めたら終了。

足元と下半身を温め、 寒さによる不調を予防。

東洋医学では一年の気候による要素を、風、寒、暑、湿、燥、火の6種類に分類している。これらは「六気」と呼ばれ、健康な人であれば季節に上手に対応できるが、気候条件が過酷になったり体の抵抗力が低下することで、それぞれの要素には「気」ではなく「邪」の文字がくっついて病気の原因となる。

冬の病気の原因となるのは「寒邪」。寒邪が原因でかぜになると悪寒や鼻水、温まると悪化する咳などの症状が出るのが特徴。

夏のエアコンによる冷えが上から降ってくるのと違い、冬の寒さは足元からやってくる。なので、下半身を中心にペットボトル温灸で温めるのがおすすめ。体調が悪くなってからというより、寒さや冷えによる不調を予防することが目的。冷え性の人は毎日でも。

ペットボトル温灸

ホット専用のペットボトルに水を3分の1入れて、残り3分の2に沸騰直前のお湯を加える。蓋を閉めて軽く振って混ぜ合わせたものを利用。台座付きもぐさと同等の熱刺激に。

若林理砂

お話を伺ったのは

若林理砂 さん (わかばやし・りさ)

鍼灸師

高校卒業後に鍼灸免許を取得。早稲田大学文学部卒業後、2004年にアシル治療室を開院。新規患者の受け付け不可能、予約の取れない鍼灸師。セミナーや著書で養生の大切さを説く。

『Dr.クロワッサン 不調が消える、ふだん漢方』(2020年1月28日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。