からだ
くらし

こんな症状なら漢方という手も。【ストレスを軽くする方法】

イライラ、モヤモヤする日常のストレスは、ためずに軽くしていくのが大人の対処。これは効く! と噂の解消法がこちら。
  • 文・黒澤 彩

ストレスも相まって、どことなく体調不良を感じるときには漢方を服用してみては? 「市販の漢方薬には自然の生薬が二味以上ブレンドされています。心や神経を落ち着かせる生薬に加えて栄養を補ったり、ストレスに伴う胃腸の不調を整えたりするものも含まれます」とは、漢方専門家の山本政春さん。漢方の考え方では、体の臓器、体質、性質などが繋がっているので、一つの薬でさまざまな方向からのアプローチができる。

不眠症

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

眠りにかかわる「気」のめぐりを促し、体にこもった熱を冷ますとともに、脳の興奮からくる不眠を改善する。24包 1,790円(クラシエ TEL.03-5446-3334)

イライラする

抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)

「血」が不足するとストレス耐性が低くなり、イライラ、怒りっぽいなどの症状が出る。自律神経を調節しながら血をめぐらせる処方。24包 2,200円(クラシエ)

神経質

桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)

体のバランスを整える「桂枝湯」をベースにした処方。神経質で疲れやすい人の「気」「血」のバランスを整え、心を落ち着かせる。24包 2,000円(クラシエ)

『クロワッサン』1020号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。