からだ

更年期も大切な人生の1ページ。 自分らしく、日々を楽しみたい人に。

  • 小林製薬 ‖ 撮影・青木和義 スタイリング・白男川清美 イラストレーション・イオクサツキ 撮影協力・AWABEES、UTUWA

クロワッサン倶楽部の2人も体の変化、感じています。

気持ちが安定せず、イライラしがち。

会員番号095 今西千登瀬さん●いまにし・ちとせ 40歳 自営業

最近、どうも不安定で、些細なことにイライラしてしまうんです。子どもに対しても自分に対しても、なんなら道行く人にまで(笑)。生理前には輪をかけてイライラが募りますね。また、疲れがなかなか抜けなくなった気もします。毎日7時間は布団に入っているんですが、睡眠の質が悪いのか、よく眠れない。朝起きたときからもう疲れてるんです。そもそも〝いつもの自分らしくない〟って感じること自体もストレスですよね。
家事、仕事、育児と、今は女性の役割が多い時代だから、余計しんどく感じるのかも。少しでも気持ちをラクに過ごしたいですね。

動悸やめまいに悩まされています。

会員番号049 角田千史さん●つのだ・ちふみ 45歳 会社員

もともと体力がないほうなんですが、ここ1、2年、動悸がするんです。仕事でパソコンに向かっていても、まっすぐ座れていない気がしたり、めまいがしたり。ときには脂汗が浮かんでくることも。以前は出張が続くと体調を崩していましたが、今は出張が減っているのにしんどい。ちょうど体が変化する時期なんでしょうね。ヘアカラーでも頭皮に刺激を感じるようになりましたし、肌も乾燥気味。

更年期っていつ始まっていつ終わるのかわからないから、あまり無理しないよう、急ぎの仕事がなければ体を休ませるなどして、上手に付き合いたいと思います。

女性保健薬 命の母A

<第2類医薬品>効果・効能 更年期障害、血の道症※1
84錠(7日分)700円   
420錠(35日分)2,600円

女性の体の仕組みを考えて作られた女性保健薬※2。13種類の生薬とビタミン類、カルシウムなどを配合※3、女性ホルモンと自律神経のアンバランスから起こる不調を改善します。
1回4錠、1日3回毎食後に水またはお湯で服用。

※1 血の道症とは、月経、妊娠、出産、産後、更年期等、女性ホルモンの変動に伴ってあらわれる精神不安やいらだち等の精神神経症及び身体症状のことです。
※2 女性保健薬とは、女性にあらわれる特有な諸症状の緩和と健康増進の目的のお薬です。
※3 ホルモン剤ではありません。

問合せ先・小林製薬 TEL: 0120-5884-01

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。