ファッション

平澤雅佐恵さんに教わる細見え&着回し術。【カーディガン】編

好評の平澤さんによる読者変身企画。今回は定番アイテムを活用して着痩せする秘訣を聞きます。
  • 撮影・奥村恵子 スタイリング・平澤雅佐恵 ヘア&メイク・桜井 浩(AVGVST) 文・古屋美枝
読者モデルの古谷さんに「クールな着こなしにすると より魅力が引き立ちそう」と平澤雅佐恵さん(右)。

雑誌や街角で「この服、いいな」と思っても、着こなせるかどうかは別問題。昔のように流行のアイテムに気軽に手を出せないけれど、あか抜けて見える着こなしを知りたい、という読者3人が、スタイリスト・平澤雅佐恵さんに相談した。

「若々しくおしゃれな着こなしにするために、どんな年代であっても流行のアイテムは取り入れたほうがいいんです。ただし、それは1点で充分。着回しの利く、手堅い定番アイテムを持っておき、それに流行アイテムをバランス良く合わせるのが大人流です」

と言う平澤さんが今回選んだ定番アイテムは、ジャケット、シャツ、カーディガンの3点。それぞれスタイルが良く見えるように着こなす方法を教えてもらった。

「脚が太いという大塩さんは、コンパクトなジャケットで上半身に視線を集めながら流行のゆったりしたパンツを合わせると、旬の着こなしになります。腰周りが気になるという花井さんにおすすめなのは、上半身でニュアンスを出しやすいシャツ。古谷さんも、カーディガンでインナーが見える量を調整することで視線が上半身に集まり、全身がすっきりと見えます」

本人のもともと持つ雰囲気を活かしつつ、というのが平澤さんのスタイリングのポイント。

「どんなに他人からおしゃれに見える服でも、本人が気おくれしていたり、違和感を感じていると、着こなすのは難しい。その人らしさを感じるもののなかからコーディネートするほうが、うまくいきます」

今春は赤やピンク、オレンジなど明るめの暖色が流行。これらの色を取り入れると、より旬の印象に。

「顔色も明るく、若々しい印象になるのでおすすめ。ぜひ流行色にもチャレンジしてみてください」

袖からシャツ出し、裾インなどで新たな着こなしに。

「ワンピースかニットにひざ丈のフレアスカートというお決まりのスタイルから脱却できません」と言う古谷登志江さんに提案した定番アイテムはカーディガン。「きちんと感が出るカーディガンは古谷さんの雰囲気にぴったりだし、ボタンの開閉などで着こなしに幅が出ます」(平澤さん)

そしてトップスに合わせたのは、シャキッとしたハリのある素材のパンツやスカート。

「体のラインを拾わないので体型カバーに。また、カジュアルになりすぎないので、大人の女性が着こなしやすいはずです。苦手だというパンツも、流行のテーパードなら、腰周りがゆったりしているのでスタイルアップできます」(平澤さん)

【Before】 古谷登志江さん
カーディガン7,500円(ヒュ ーマンウーマン03・6748 ・0350)ブラウス3万9000円(オールド イングランド/ナ イツブリッジ・インターナショナル) スカート2万 6000円(アマカ/SANYO SHOKAI カスタマー サポート) パンプス1万4000円(ダイアナ/ダイ アナ 銀座本店)

【After】「カーディガンのボタンは上を3つ外してインナーをチラ見せすると、顔周りが軽い印象に。フレアスカートは腰周りがフィットするものを選ぶとすっきり決まります」

カーディガン7,500円(ヒュ ーマンウーマン03・6748 ・0350)Tシャツ4,900円(アズ ノゥ アズ ドゥ バズ /アズ ノゥ アズ☎︎0120・713・906) テーパードパンツ 1万5000円(H.A.K☎︎03・3498・0701) パンプス 1万5000円(ダイアナ/ダイアナ銀座本店)

【After】「カーディガンの前を開けて、Tシャツのプリントを見せると遊び心と若々しさが出ます。テーパードパンツを合わせると、センタープレスが脚を細く長く見せてくれます」

カーディガン1万6000円 (H.A.K)ノーカラーシャツ2万4000円(レキ ップ) ハーフパンツ1万5000円(ヒ ューマンウーマン) パンプス1万40 00円(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)

【After】「お尻が隠れる丈のカーディガンは、ジャケット感覚で着られる便利なアイテム。スカーチョで縦長ラインをつくり、手首と足首を出すようにすると、スラリと見えます」

『クロワッサン』945号より

●平澤雅佐恵さん スタイリスト/スタイリスト。雑誌、CMなどで活躍。多くの女優やモデルから信頼を集める。小誌での変身企画は5回目。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE