facebook instagram twitter youtube
ファッション

【人気スタイリスト直伝】小柄な人でもしっくりくる、マニッシュなパンツスタイルのコツ

毎回大好評の、スタイリスト平澤さんによる読者変身企画。これまでと違う自分に出会うおしゃれとは?
  • 撮影・天日恵美子 スタイリスト・平澤雅佐恵 ヘア&メイク・小田切ヒロ(LA DONNA) 文・古屋美枝

「年齢を重ねるとともに、これまで気に入っていた服が似合わなくなった気がする」「同じパターンの服ばかりになる」など、ファッションの悩みを抱える読者に、スタイリスト・平澤雅佐恵さんが「本当に似合う服」を提案してくれることに。

「服はその人の哲学でもあるから、好きな服を着ることはとても大切。でも、あえて違う要素を加えると魅力が増すことも多いんです」

と言う平澤さんがすすめるのは、ファッションの苦手意識をなくして魅力を引き出すコーディネート。

「たとえば井手川さんなら、いつも着ているという柄物よりも、落ち着いたトーンの無地をまとったほうが、トレードマークの明るい笑顔がより引き立ちます」

また、1コーディネートに1点、トレンドアイテムを取り入れることも、おしゃれで新鮮に見せるコツ。

「とはいえ、体型に合わせて無理をしないのも大切なこと。今シーズンなら、ゆったりしたシルエットのガウチョパンツやお尻まわりを隠せるケープストールやロングジレなど、リラックスして着られて体型カバーもできる、大人の着こなしに適した流行アイテムも多く出ています」

そんな旬のアイテムを取り入れながら、似合う服をまとって大変身。それぞれのコーディネートには、重ね着のポイントや色の組み合わせ方、柄物の取り入れ方など、今すぐ応用できる技がいっぱい。自分に合う服を選びながらコーディネートを格上げするヒントが詰まっています。

【Before】井手川マミさん 主婦、レーサー

42歳。身長156センチ。「スポーツをしているので、腕や太ももが太く、背中が広いのが悩み。似合う服が限られます」

笑顔が引き立つ、シックなパンツコーディネート。

「気持ちだけでも若々しくありたいので、いつも手に取るのは明るい色の柄物。小柄なので、サイズの合う子ども服を着るのも好きです」

と言う井手川まみさんに、平澤さんがスタイリングしたのは、秋らしく落ち着いた色のパンツスタイル。

「明るい笑顔をより魅力的に見せるにはマニッシュなスタイル、つまり無地がメインのシックな色合わせがおすすめです」(平澤さん)

コーディネートに着替えたときの井手川さんは、「大人っぽいのに、若々しく見えて新鮮。ダークな色を着るときは、このように白シャツを選ぶと、顔が明るく見えるんだ、と勉強になりました。チェックのポンチョは着たことがなかったけど、これがあるととてもおしゃれに見えますね」と、すっかりお気に入りに。

「明るい色を使わなくても 若々しく見えるのに驚きました」と井手川さん。

ダークな色のコーディネートは白シャツで顔周りを明るく。

チェックポンチョ1万7000円(H .A .K☎︎03・3498・0701) シャツ1万9000円(ピッチュン/ピー・エックス☎︎03・5784・1501) オールインワン3万7000円(プレインレス/プレインピープル 青山☎︎03・6419・0978) パンプス1万4000円(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店☎︎03・3573・4005)

下の2つは、ゆったりしたシルエットのパンツを使ってコーディネート。ベストやロングジレなど、旬のアイテムを取り入れたのもポイントだ。

「ガウチョパンツは持っているんですが、今まで何と合わせてよいかわからなくて……。ベストやジレがあれば体型も隠せるし、おしゃれの幅が広がりそうです」(井手川さん)

ベストで縦ラインを強調してスタイルアップ。

「ロングスカートのようにゆったりしたパンツ〝スカーチョ〞を使ったコーディネート。ベストを着るとより今っぽくなるうえ、縦のラインが強調されて全身がスラッと見えます」(平澤さん・以下同)ニットベスト7,900円(アズ ノゥ アズ ドゥ バズ/アズノゥ アズ☎︎0120・713・906) シャツ2万円(バイマイティ☎︎03・6699・6223) スカーチョ1万5000円(ヒューマン ウーマン☎︎03・6748・0350) ブーツ3万円(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)

改まった席にも合いそうなガウチョスタイル。

「ネイビーのニットと旬のロングジレ、グレーのガウチョパンツを合わせて、女性らしく上品に。ゆったりシルエットですが、細い足首を出すことで、すっきりした印象になります」ロングジレ6万5000円(マリナ リナルディ/マックスアンドコー ジャパン☎︎03・6434・5101) タートル3万2000円、ガウチョパンツ2万5000円(共にタバサ/ピー・エックス)パンプス1万5500円(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)

『クロワッサン』933号より

文字サイズ