facebook instagram twitter youtube
ファッション

「おしゃれ上手」が選んでいる、
上質なスタンダード服カタログ

「おしゃれな人」は服をたくさん持っているわけではなく、流行のデザインばかりを追いかけているわけではありません。彼女たちがおしゃれな理由、それはその服が「着心地がいいかどうか」にあるのです。今回は着心地が良くて、年齢を重ねた大人だから着こなせる、格別の日常着・上質なスタンダード服を紹介します。

トレンチコート23万円、パンプス6万2000円(共 にバーバリー/バーバリー・ジャパン) スカート20万円(バーバリー プローサ ム/バーバリー・ジャパン)

トレンチコート23万円、パンプス6万2000円(共にバーバリー/バーバリー・ジャパン) スカート20万円(バーバリー プローサム/バーバリー・ジャパン)

一言で「着心地がいい服」といっても、その意味するところはさまざまです。やさしい肌ざわり、動きやすさ、軽くてやわらかな素材、ていねいな縫製、大人の体型を考慮したシルエットやウエスト部分の仕上げも気になります。

そしてなにより大切なのが、袖を通したときの「居心地」のよさ。特別に目立つ必要はないし、最新の流行に乗りたいわけでもない。

とはいえ適度に自分を輝かせてくれ、気持ちを浮き立たせてくれる。

上質なものを身につけていることで自然と背筋がピンと伸びるようなそんな服こそ、大人にとっての着心地のいい服ではないでしょうか。

今回は、大人の女性に向けた「着心地のいい服」を厳選して紹介します。

 
エトロのペイズリー柄ショール
伊・ミラノに本拠を置くエトロは、もともとはテキスタイルメーカーとして創業した。代表的なモチーフであるペイズリー柄を用いた製品は、エキゾチックでありながら上品このうえなく、大人の女性の魅力を存分に引き立ててくれる。
ショール(140×140㎝)5万8000円、トップ13万円、スカート14万5000円(以上エ トロ/エトロ ジャパン)

ショール(140×140㎝)5万8000円、トップ13万円、スカート14万5000円(以上エトロ/エトロ ジャパン)

ジル・サンダーのカシミアシルクのニット
研ぎ澄まされたデザインのスーツやシャツで知られるジル・サンダーで、3シーズン活躍する定番として人気なのがカシミアシルクのニット。極上の肌ざわり、精緻な縫製、すっきりとしたシルエットにブランドのこだわりを感じる。
カシミアシルクニット 上から、Vネック長袖12万円、カーディガン13万8000円、クルーネック半袖9万9000円(以上ジル・サンダー/オンワードグローバルファッション)

カシミアシルクニット 上から、Vネック長袖12万円、カーディガン13万8000円、クルーネック半袖9万9000円(以上ジル・サンダー/オンワードグローバルファッション)


ジョン スメドレーのニットとハイクのデニム
「ジョン スメドレー」は200年以上の歴史を誇るイギリスのニットメーカー。最高級の素材でつむがれる網目の細かいニットは、飽きのこないデザインとともに最良の着心地を約束してくれる。ベーシックで個性的な服作りで定評のある「ハイク」。定番的な人気のデニムは、素材選びや色落ちにヴィンテージクローズに詳しいデザイナーのこだわりがつまっている。
カシミア混Vネックニット3万6000円(ジョン スメドレー/リーミルズ エージェンシー) ストール3万2000円(ジョンストンズ/リーミルズ エージェンシー)デニムパンツ2万5000円(ハイク/ボウルズ) ラフィアバッグ1万4000円(ババグーリ/ヨーガンレール) ストラップシューズ3万9000円(レペット/ルック ブティック事業部)

カシミア混Vネックニット3万6000円(ジョン スメドレー/リーミルズ エージェンシー) ストール3万2000円(ジョンストンズ/リーミルズ エージェンシー)デニムパンツ2万5000円(ハイク/ボウルズ) ラフィアバッグ1万4000円(ババグーリ/ヨーガンレール) ストラップシューズ3万9000円(レペット/ルック ブティック事業部)

セントジェームスのボーダーTシャツ
1889年、仏・ノルマンディー地方で創業したフレンチカジュアルの永遠の定番。厚手のコットン素材、ボーダー、ボートネックというスタイルは海辺の暮らしから生まれた実用的なもので、改良の余地がないほどの完成度だ。
ボーダーTシャツ1万2800円(セント ジェームス/セント ジェームス代官山) デニムジャケット2万4000円(ドゥニーム/ドゥニーム ルミネマン渋谷店)

ボーダーTシャツ1万2800円(セント ジェームス/セント ジェームス代官山) デニムジャケット2万4000円(ドゥニーム/ドゥニーム ルミネマン渋谷店)


フランク&アイリーンのリネンシャツ
デザイナーであるオードリー・マクローリンの祖父母が着ていた上質な素材の服をモチーフにしているシャツブランド。シェイプされたウエストや胸元のボタンをはぶいた独自のデザインは、さりげなく女らしさを演出する。
リネンシャツ2万9000円(フランク&アイリーン/サザビー リーグ) キャミソール1万1000円(マーガレット・ハウエル/アングローバル) ワークパンツ1万8000円、リング2万円(共にハイク/ボウルズ) ベルト4万8000円(J&Mデヴィッドソン/J&M デヴィッドソン青山店

リネンシャツ2万9000円(フランク&アイリーン/サザビー リーグ) キャミソール1万1000円(マーガレット・ハウエル/アングローバル) ワークパンツ1万8000円、リング2万円(共にハイク/ボウルズ) ベルト4万8000円(J&Mデヴィッドソン/J&M デヴィッドソン青山店)

マーガレット・ハウエルのリネンガウン
1970年にメンズシャツを発表し注目を浴びる。現在はウイメンズはもちろん、ハウスホールドグッズ(生活雑貨)のラインも充実。通気性がよくやわらかな天然素材を使用したガウンは、飽きのこない普遍的なデザインが特徴だ。
リネンガウン※店舗限定5万8000円(マーガレット・ハウエル ハウスホールドグッズ/アングローバル)

リネンガウン※店舗限定5万8000円(マーガレット・ハウエル ハウスホールドグッズ/アングローバル)


 

サンスペルのTシャツとハンロのキャミソール
1860年創業のイギリスの肌着メーカー「サンスペル」。現在ではポピュラーな木綿素材のTシャツを世界に先駆けて生産したことで知られる。クラシックなクルーネックTシャツは肌ざわりがよく軽くて丈夫。手放せなくなるほど魅力的。1884年、スイスでニットウエアの工場として創業したハンロは、いまや高級アンダーウエアの代名詞だ。手作業で摘み取ったコットンの風合いを残し、最新のテクノロジーで加工。ストレスのない着心地は、究極の贅沢とも思えるほど。

キャミソール7,500円(ハンロ/ワコールお客様センター)Tシャツ3万6000円(サンスペル/アングローバル)

キャミソール7,500円(ハンロ/ワコールお客様センター)Tシャツ3万6000円(サンスペル/アングローバル)

 

撮影・中川真人(3rd) スタイリスト・木俣 歩 ヘア&メイク・三澤公幸(3rd) モデル・Sachi

『クロワッサン』921号(2016年3月25日号)より

文字サイズ