ファッション

心地いい暮らしが買える店
神楽坂「la kagu」へ。

クロワッサン最新号『おしゃれ上手は、着心地で服を選ぶ。』(2016年3月25日号)より、注目記事を厳選してお送りします。http://magazineworld.jp/croissant/


生活そのものを提案する「ライフスタイル型ショップ」が近年増えています。その中でも特にオーナーのセンスを感じる店を編集部が厳選。今回は神楽坂の「lakagu(ラカグ)」へ。2014年のオープンを機に、神楽坂の新しいランドマークとなった同店。人気のワケは充実の商品ラインナップはもちろんのこと、知的好奇心を刺激するイベントにもあるようです。

1階は、明るく開放的なガラス張りの空間。ウィメンズウェアは、国内外の「本当にいいもの」だけが揃う。期間限定のポップアップストアも頻繁に開催。

1階は、明るく開放的なガラス張りの空間。ウィメンズウェアは、国内外の「本当にいいもの」だけが揃う。期間限定のポップアップストアも頻繁に開催。

緩やかな坂道に新旧の店が立ち並ぶ神楽坂通り。坂を上り切った辺りが、最近「奥神楽坂」と呼ばれるようになり、多くの人でにぎわっている。その火つけ役が、2014年10月にオープンしたラカグです。

元は新潮社の倉庫だった建物が、隈研吾建築都市設計事務所の設計デザインによって、美しい空間に生まれ変わりました。

1階はウィメンズウェア、生活雑貨、カフェ。2階はメンズウェア、家具、ブックコーナー。各ジャンルのスペシャリストが厳選した、その時々の旬なアイテムが揃います。

2階のイベントスペースでは、作家のトークショーやアート系のワークショップを開催。あらゆる角度から暮らしを楽しもう、そんな思いが随所から感じられます。

女友達どうしで、夫婦で、母娘で。誰と行っても楽しめる何かが待っています。神楽坂散歩のコースに、ぜひ加えたいスポットです。

ホテルなどで使われる磁器ブランド「ピリヴィッツ」のティーポット各4,800円。

ホテルなどで使われる磁器ブランド「ピリヴィッツ」のティーポット各4,800円。


「アスティエ ド ヴィラット」のインセンスホルダー3万8000円。猫の口からお香の煙が漂う。

「アスティエ ド ヴィラット」のインセンスホルダー3万8000円。猫の口からお香の煙が漂う。

「オトマニア」のルームシューズ左4100円、右4700円。くまのマスコット3000円。

「オトマニア」のルームシューズ左4100円、右4700円。くまのマスコット3000円。


「ヤエカ」と「ほぼ日刊イトイ新聞」共同開発の「LDKWARE(エルディーケーウェア)」。※3月16日まで期間限定販売。

「ヤエカ」と「ほぼ日刊イトイ新聞」共同開発の「LDKWARE(エルディーケーウェア)」。※3月16日まで期間限定販売。

新潮社の倉庫の雰囲気をなるべく生かしたというデザイン。天気がよい日は、オープンテラスも。

新潮社の倉庫の雰囲気をなるべく生かしたというデザイン。天気がよい日は、オープンテラスも。


 

la kagu
東京都新宿区矢来町67番地
営業時間:ショップ11時~20時、カフェ 8時~21時 
不定休

 

『クロワッサン』921号(2016年3月25日号)より

「今回の記事以外にも 「原由美子さん「おしゃれの視点」スペシャル 新鮮なスカートの重ね着バランス」や「かろやかに心地よい春の靴とバッグ」、など、クロワッサン最新号『おしゃれ上手は、着心地で服を選ぶ。』が絶賛発売中です。http://magazineworld.jp/croissant/

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE