ファッション

【細見えファッション】ボーダー&ストライプは変化球で今年らしく。

ボーダーもストライプもスタンダードな柄だけれど、今季はとくにデザイン豊富で目を引きつける存在感。

「ボーダーとストライプ、どちらにしても、幅や色合わせ、素材、形などによって表情はさまざま。いわゆる定番とはちょっと趣の異なる変化球が、今年らしいおしゃれ感を演出してくれそう」とスタイリストの田内玲子さん。

なかでも細見えに役立ちそうなスタイリングのコツを教えていただきました。

ボーダーワンピース+ロングカーディガン。

CR_9467
これはデザインで一枚仕立てになったもの。さらっと一枚で着ても、デニムなどと合わせてもいい。ポケットがあるのもちょっとうれしい。

シルクコットンボーダーパネルワンピース2万7000円(ノット/ジャンポールノット青山店)シルバーデニム2万6000円(ザディグエヴォルテール/ゼッドヴェー ジジャポン)キルトタン付きレザースニーカー6万9000円(サルトル/アングローバルショップ表参道)

 

アースカラーでまとめた甘辛ミックス。

CR_9512

思い切り太いボーダーのタイトスカートが、モダンにすっきり着映えするポイントです。

コットン鹿の子編みボーダースカート4万3000円(フォルテフォルテ/コロネット)サファリジャケット1万800円(アズノゥアズドゥバズ/アズノゥアズ)中に着た白Vネックカットソー8,000円(スミ/キーロ)シルクレースキャミソール1万 7000円(ザディグエヴォルテール/ゼッドヴェージャポン)パンプス3万円(ファ ビオルスコーニ/ファビオルスコーニ六本木店)ストローハット1万円(ラウラエッセ/アングローバルショップ表参道)スタッズブレスレット・シルバー9万5000円、ゴールド万5000円(共にチーゴ/ミックステープ)クラッチバッグ3万円(マリターナー/カポック東京フラッグシップ)

 

軽快に着こなせるストライプのシャツワンピース。

CR_9557
気になる部分を全部カバーしてくれるデザイン。どんな体型にも合う身頃と袖に切り替えのないボックスシルエットを選んで。

コットンストライプシャツワンピース2万6000円(ラディアンスドシセ/コロネット)中に着た後ろレースの白カットソー1万4000円(レキサミ)デニム1万8000円(レキップ)ターコイズネックレス3万5000円(コンチーフォーセオリーリュクス/リンク・セオリー・ジャパン)リボン付きフラットシューズ3万5000円(サッコ バレッティー)

 

縦ラインを長く見せられるパンツ。

CR_9589
落ち感のきれいな素材で、より縦ラインが際立つパンツ。ドルマン袖のショートニットを合わせ、マニッシュな帽子で味付け。ゴールドネックレスは肌映えに。

ウエストゴムのテーパードパンツ1万9000円、ドルマンスリーブバックジップニット1万9000円(共にフォードミルズ/アングローバルショップ表参道)サンダル2万4000円(フォードミルズ×ファビオルスコーニ/アングローバルショップ表参道)ストローハット1万2800円(ベネリ/ストアルーム)チェーンネックレス1万6000円(エイトプラス/オットデザイン)

おすすめの細見えボーダーアイテム

CR_9647
ボーダーカットソーは立体的な幅広&短め丈。
左・裾もワッペンでアシンメトリーに。オフショルダーボーダーニット2万7000円(ベータ/ファイブフォックス カスタマーサービス) 右・後ろだけパフになった袖がかわいい。ドルマンスリーブボーダーカットソー1万2000円(アデュー トリステス ロワズィール 代官山アドレス・ディセ店)
CR_9652
上に集中すると視覚効果でほっそり。
全体に均一なボーダーより、上部に集中して入っているほうが細く見える。
左・後ろシフォンのボーダートップス1万8000円(ソーノ/ミラク) 
右・ノースリーブニットワンピース5万2000円(イントゥーカ/パラマートデザイン)


 

※商品は売り切れている場合があります
『クロワッサン』897号(2015年3月25日号)より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE