facebook instagram twitter youtube
読む・聴く・観る・買う

家計を黒字体質にする方法vol.1
1年分の予算の決め方。

予算を立てて毎月の収支をチェック。会計士の林總さんが提案する家計管理術は、最初のシステムづくりが肝心です。まずは1年分の予算を決めるためのステップをお教えします。4月1日をスタート日と設定して、まずは2016年度予算を決めてみてはいかがでしょう?

 
家計を黒字体質へ! まずは予算決めから

家計を黒字体質へ! まずは予算決めから

「家計管理をする目的は、家族が末永く幸せに生きていくこと」と会計士の林總さん。価値あるものにお金を惜しみなく使うため、家計全体を俯瞰して削れるところは削る。その大前提を心に留めて、実践編に取り組んでみよう。

管理会計の専門家である林さんの考え方は、会社経営の会計システムを家庭にも当てはめるというもの。目に見えない〝家計の姿〟を数字で「見える化」すれば、実態を掴むことができる。

「どんなに高収入でも、どんぶり勘定で暮らしていれば赤字になってしまう例はいくらでもあります。収入の多い、少ないにかかわらず、純資産を毎月確実に積み上げて、黒字家計にしていかなければなりません昨年の収支がプラスだからといって、このままで大丈夫とも言えない。つねに収入が支出を上回るような仕組みを作って、黒字体質を継続していかなければ意味がないからだ。急なリスクや老後をできるだけ具体的にイメージしてみると、将来に備える預金の重要性がわかるはず。まず、現在の家計の姿を洗い出す作業からスタート!
自分が満足できるものにお金を使う」が林さんのポリシー。節約のストレスにさよならしよう。

自分が満足できるものにお金を使う」が林さんのポリシー。節約のストレスにさよならしよう。


1年分の予算を決めるため、
昨年の実績をもとに予算表を作る。

予算を立てる前に、一生分の収支を予測してみる。「一度はこの作業をやっておかないと、後々たいへんな目に遭いかねません」。正確でなくてもいいので、ざっと次のように考えてみよう。例えば現在45歳で、65歳まで働くとしておおよその年収×20で計算。それ以降は収入=年金額とする。支出は、昨年の実績をサンプルに平均年額を割り出し、そこに子どもの学費などまとまった出費を加えていく。大雑把な見積もりでも、預金の重要性をひしひしと感じられるはずで、それこそが家計管理の第一歩だ。
林さんが教える、予算を立てるために必要な5STEP。

林さんが教える、予算を立てるために必要な5STEP。


2番目のステップは、財産目録の作成。家じゅうの通帳を集めて残高を記し、株式や財形貯蓄、所有する不動産の売却可能額(現時点でよい)もリストアップ。これらプラスの資産とは別欄に、マイナスの資産である借金やローンの残高も書き出す。〈プラス資産-マイナス資産〉が、現在の「純資産」。1年ごと、あるいは1カ月ごとに、この純資産が増えているかをチェックする。「スタート時点で純資産がマイナスだったとしても悲観することはありません。それを自覚し、徐々にプラスにしていこうと意識することが大切です。

次に、「収支実績表」に、昨年の収支を記入する。これは、1年分の予算を立てるにあたり、過去の実績として参考にするためのもの。この表を作らないと予算が現実離れしたものになり、形骸化してしまう。昨年の支出額が見当もつかない、という人は1カ月分の支出を記録して12倍にしてもいい。1年分の支出を書き出すと、毎月の出費ではないもの(固定資産税、自動車税、祝儀、帰省・旅行費など)が意外と多いことに気づく。これらは、「特別支出」として予算に組み込む。

「収支予算表」収入欄には、手取りの給与とボーナス、児童手当などの給与以外の収入も記入する。

「収支予算表」収入欄には、手取りの給与とボーナス、児童手当などの給与以外の収入も記入する。


収支実績表が完成したら、いよいよ予算を立てるべく、「収支予算表」に収入予算と支出予算を記入する。強制預金額は、初めに計算した生涯の収支をもとに決めたいところだが、ひとまずは確実に預金できそうな額に設定する。この表は試しに書いてみるものなので、一度で表を完成させようとせず、昨年の収支実績表を参考にしながら現状に近い金額を記入する。「管理不能支出」には、教育費、光熱費、保険料など、毎月ある程度固定されている費目を。「管理可能支出」の費目は、自分の生活に合った割り振りを考えて多くても5つ程度に絞る。

 

◎林 總さん 認会計士、税理士/経営コンサルティングの他、大学院教員も務める。著書『正しい家計管理』『老後のお金』(共にWAVE出版)、『貯まる生活』(文藝春秋)。

『クロワッサン』918号(2016年2月10日号)より

tags
マネー
文字サイズ