家計管理を楽にしてくれる、レシートを撮影するだけのアプリ。 | 読む・聴く・観る・買う | クロワッサン オンライン
読む・聴く・観る・買う

家計管理を楽にしてくれる、
レシートを撮影するだけのアプリ。

文/栃尾江美(クロワッサン倶楽部読者モデル)

レシートを撮影するだけで入力できる、便利な家計簿アプリ「Zaim」。無料版ですが、広告なしで機能アップする有料プランも。

レシートを撮影するだけで入力できる、便利な家計簿アプリ「Zaim」。無料版ですが、広告なしで機能アップする有料プランも。

新しい手帳が気になる年末。同時に、来年から家計簿を始めてみようという人も多いかもしれません。あるいは、家計簿を付けた方がいいとわかってはいるけど、面倒くさくて自分にはムリ、と思っている人も。

恥ずかしながら、私も「自分にはムリ」と思っていました。養育費すらおおよそでしかわかっていません。引き落としになっている習いごとの月謝なども覚えていないため、「だいたいこれくらいかな」と認識している程度です。

昔は定期的にATMへ行って記帳もしていましたが、インターネットバンキングで見られるからと、現在、通帳は真っ白なまま。そんなズボラな性格なので、クレジットカードや携帯電話の明細だけは紙で郵送してもらうようにしています。それでも、数字で見るだけでは全体像がよくわかりません。また、日々の食費や細々した雑貨なども、何にいくら使っているのか把握できていませんでした。

 

レシート入力に感激! 「試す価値あり」の認識率。

家計簿を付けた方がいいのはわかっているものの、なかなか気が進まないのは「とにかく面倒」というイメージがあるから。でも、最近のアプリは入力がとにかく簡単なのです。

今回紹介するのは、スマートフォンの家計簿アプリで人気ナンバー1の「Zaim」。収支を全部記録するのではなく、「お財布から使ったものだけを記録したい」という「ちょっと使い」もできます。私もまだ、すべての収支を入力できてはいませんが、一部分でも「見える」のはとてもありがたいのです。

まず嬉しいのは、レシートを撮影するだけで日付や合計金額、明細金額などを自動で読み取ってくれること。間違いがあればその場で修正ができます。レシートのフォーマットはお店によって違うため、手入力していると日付などを読み取るのに疲れてしまいますが、自動ならとても楽。ちなみに品目ごとの明細まで読み取ってくれます。

スマートフォンでの入力が苦手な人は、同じユーザーIDでパソコンから使っても。手入力をするなら、パソコンの方が簡単。データはインターネット上の自分だけのページに保存されているので、スマートフォンを乗り換えてもデータがなくならず安心です。

日々の使い道を記録すると、グラフで分析ができます。棒グラフもありますが、やはりわかりやすいのは円グラフ。「支出全体の中で食費は何割」といったことがわかるわけです。まず、ビジュアルで結果がわかるのが楽しい! さらに必要なら、割合の多いところから節約を検討していくとよいと思います。

レシートがどんどん溜まってしまうとやる気が失せていくので「レシートをもらったらすぐ」「毎日寝る前」「週末にまとめて」などとルールを決めておくと続けられそう。子どもが宿題をやっている横で入力するのもいいですね。

入力の際にカテゴリー分けしておけば、使い道の割合がひとめでわかる円グラフが表示可。

入力の際にカテゴリー分けしておけば、使い道の割合がひとめでわかる円グラフが表示可。


 

銀行の引き落としやクレジットカードの情報がすぐに見られる。

Zaimには、金融機関との連携機能も備わっています。銀行やクレジットカードなどと連携すると、引き落としやクレジットカードの使用状況が一目瞭然。それぞれの銀行や会社とインターネットバンキングなどの登録が必要となりますが、連携すると、バラバラにしか見られなかった情報が一箇所で見られるのでとてもわかりやすいのです。

月末に多い引き落としも、引き落としされるとすぐにアプリで内容と金額が見られます。銀行の残高ももちろん参照できるので、残金が足りないということも事前に予防できます。クレジットカードは、支払いが翌月だからとついつい気が大きくなりがちです。ところが、連携していれば使った数日後にはアプリに反映されてマイナスの記録が付くので、使いすぎの抑止力にも。

金融機関との連携機能は、データを暗号化してセキュリティ対策は万全とのことですが、どうしても気になる人は無理に使わなくてもOK。レシートの記録だけでも十分に意味があると思いますよ。

日々の小さな節約もよいのですが、全体的な支出をしっかりと把握することがまずは大切。特に私は毎月の固定費すら把握できていなかったので、金額がわかったのは大きな収穫でした。

旦那様と、アカウントを共有して一緒に管理もできるそう。「飲み代節約して!」と面と向かって言うより、アプリで状況を見てもらった方が、話がスムーズに進みそうですね。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE
TAGS
#マネー