読む・聴く・観る・買う

日常にフィットする、
和のアクセサリーと文房具。

文/写真・ふるしょうかや(クロワッサン倶楽部読者モデル)

和の文化と聞かれたら、すぐ思い浮かぶ…着物にしても、茶道にしても、なかなか毎日の中でパパッと支度することは大変。日常で、気軽に身につけられる和モノって、何かないかしら…と思案していた時に、私が出会ったお気に入りの和のアクセサリー&文房具について、お伝えしたいと思います。

 

伝統工芸と現代グラフィックスが融合した文房具。

一つ目は、金蒔絵の栞。ニューヨーク出身のエブリン・テプロフ氏の作品です。金沢を旅行をした際に「21世紀美術館」のミュージアムショップで発見しました。浮世絵から飛び出してきたような図柄が、モダンにアレンジされていて、大変cool。商品パッケージに記載されていた「日本の伝統工芸である金蒔絵と、エブリン氏が織りなす近代グラフィックスとの融合」という説明にさらに痺れ、一目惚れしちゃいました。自分の好む本のジャンルに合わせて、緑・赤・青…と何枚か購入し、さらにお世話になっている方々へのお土産としても。500円玉ワンコインほどの心配りに、ピッタリなgoodsなのです。

帰京してからも、このシックで煌びやかな栞は日々活躍。白黒印刷で挿絵のない、お世辞にも(笑)色気があるとはいえないビジネス書でさえ、彩り鮮やかに読み進めることができるようになりました。

さまざまな図柄とカラーバリエーションがある栞。それぞれに、物語が広がっているような世界観で飽きさせない。

さまざまな図柄とカラーバリエーションがある栞。それぞれに、物語が広がっているような世界観で飽きさせない。

 

栞とお揃い技法、金蒔絵アクセサリー。

続いて二つ目は、同じくエブリン氏のネックレス&ピアスです。栞も同様の技法で作られていますが、紙と樹脂が一体化した「ユポ」という新素材シートで仕上げられていますので、とにかく軽やか且つ耐久性・耐水性があります。肩凝りにまったく響かない感じに付け心地がよく、それでいて華やか。時折キラリとなびく、金蒔絵の輝きが、気持ちを弾ませてくれます。さまざまな図柄が、ネックレス、指輪、ピアス、バングルにと、シリーズで展開されていますので、取り合わせを選ぶのも、また一つの愉しみですね。

大胆なフォルム。ながらも、コンサバなオフィススタイルにシックに馴染む。

大胆なフォルム。ながらも、コンサバなオフィススタイルにシックに馴染む。

ビビッドなカラーとも相性がいい。お揃いの図柄のピアスと。

ビビッドなカラーとも相性がいい。お揃いの図柄のピアスと。

首元と耳元を揃えると、より調和した印象に。ピアス揺れるも、羽毛のような繊細な軽さ。

首元と耳元を揃えると、より調和した印象に。ピアス揺れるも、羽毛のような繊細な軽さ。

ちなみに、この和のアクセサリーは、クロワッサン倶楽部・池田美樹部長が、1年前に教えてくださいました。

「かやちゃん、金沢土産でいただいた栞のデザイナー、エブリンさんが、銀座・三越にアクセサリーの期間限定店をだされるみたいだから、行ってみては?」と。

そうしたら、このお気に入りに出会えたわけです。旅で、自分にビビッときたモノが、身近な場所でも、また次のお気に入りとして連なってゆく…「大好きなモノとヒトと未来」の繋がりって、本当に不思議で面白く、そして有り難いと感じます。

 

ふとした瞬間、オフィスで観賞。

結びに、ちょっと変わった用法かもしれませんが、オフィスに出勤したら、ネックレスをいったん外し、キーボード脇のドリンクに巻き巻き。ペットボトルチャームとしても、愛用しています。首元を、自分で俯瞰することはなかなかできませんのでね、せっかくだったら長-く、観賞したい。入力の指が止まった時に、自然にふと目に入ってくる美しさが、また新たなアイデアを刺激してくれる気がします。

うまいこと、ペットボトルのネックの部分に、巻き付くのです。

うまいこと、ペットボトルのネックの部分に、巻き付くのです。

世の中には、まだまだ知らない物モノが、た-くさんありますね。日々の生活の中で、お気に入りに一つでも多く出会い、そしていま自分が置かれている状況に…うまく、フィットさせながら愉しんでいけたらと思っています。

Evélyn Claude http://www.evelynclaude.com/
金沢21世紀美術館 https://www.kanazawa21.jp/

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE