facebook instagram twitter youtube
読む・聴く・観る・買う

#01 トルコ、ブルガリア。
ビューティをめぐる旅のはじまり。

文/写真・とまこ

ボスポラス海峡にかかるガラタ橋の下、にぎやかな市場で。焼きサバをまるっとバゲットに挟んだ『サバサンド』を食べながらパチリ。目も舌も鼻も耳も肌も。エキゾチックが容赦なく五感に降り注ぐ。

ボスポラス海峡にかかるガラタ橋の下、にぎやかな市場で。焼きサバをまるっとバゲットに挟んだ『サバサンド』を食べながらパチリ。目も舌も鼻も耳も肌も。エキゾチックが容赦なく五感に降り注ぐ。


こんにちは、はじめまして! 旅作家のとまこです。代表作は『離婚して、インド』、初作品はハネムーンのイラストエッセイ『気がつけば南米』です。前者はそのまんま。後者は同棲先を家出して、会社を辞め、成田に行く途中で別の人と入籍して南米へ行ったエッセイ。なにか察しました(笑)? 

「料理冒険家」という肩書もあり、旅にまつわるレシピ本やら、『天才クリーム(R)』なる美容食材での本なども出版しています。天才……? 謎ですよね。でも、そんなふざけた名前の食材レシピで、『クロワッサン』に掲載していただいたこともあるのですよ。ご依頼があったときにはびっくりしました、寛大ですね。

そんな感じで、ピンと来たこと、ゆかいなことに、掛け値なしで食いつく度120%で生きております。わがままですね。まぁ結果、離婚なる代償は背負っておりますので、どうぞ皆様お許しください。

わたしは今、ブルガリアの首都ソフィアにおります。取材旅の途中です。次の本は世界の美容法を体験レポートするエッセイで、そのための旅。一週間前にトルコのイスタンブールにやってきて、ここブルガリアは2カ国目、最終的には一カ月で八カ国を巡る予定です。ヨーロッパをまともに旅するのは初めてですが、なかなかおもしろいですね〜。

ガラタ橋からの夕焼けに……魂が持って行かれそうな気分になる。自分のこと含め、全てを許し「ありがとう!」って言いたくなる。 人生がまたひとつ、豊かになった気がした。

ガラタ橋からの夕焼けに……魂が持って行かれそうな気分になる。自分のこと含め、全てを許し「ありがとう!」って言いたくなる。
人生がまたひとつ、豊かになった気がした。

アジアともヨーロッパともいえるイスタンブールは、ほんっとに魅力的な街。海と、モスクと、石畳の古〜い町並みと。トラムと、水タバコ屋さんと、物怖じしない品格のノラ猫と。行き交う人々は、アラブ的エキゾチック顔、西洋風のスマート顔、たま〜にわたしの種族へん平アジア人。佇むだけで、異次元のカーテンをめくったような、まさにトリップ感に包まれます。はぁ、思い出してもうっとり。

まぁ現実は、三歩歩けば客引きや何か企んでる風の男性に声をかけられますが(笑)。これは老若男女、国籍問わず、全ての観光客が同じ。ちょっとめんどくさいけど、おもしろみでもありますよ。そんな輩をどうやって害無く茶化して、ハッピーになるか。ホンキの親切をどう見分けるか。腕の見せ所でもありますね。


異国情緒あふれすぎる街を、海をはさんで眺められるなんて。またガラタ橋に戻ってしまった。何度訪れようとも、毎回ドキッとさせてくれる。

異国情緒あふれすぎる街を、海をはさんで眺められるなんて。またガラタ橋に戻ってしまった。何度訪れようとも、毎回ドキッとさせてくれる。

闇夜に浮かび上がるブルーモスク(中はほんとに青で埋め尽くされている)とかすむ満月、はためくトルコ紅白の旗。はぁぁ、まるでおとぎ話。

闇夜に浮かび上がるブルーモスク(中はほんとに青で埋め尽くされている)とかすむ満月、はためくトルコ紅白の旗。はぁぁ、まるでおとぎ話。


続いてブルガリアにやってきたら、そんな輩はただのひとりもいないのです! なんか今、うすら淋しいのはそのせいかな……(笑)。みんなすごくやさしいです。積極的に自ら親切にしてくれるのとは違うのですが、話しかければ、目が合えば。何かきっかけがあると、ものすご〜くやわらかい笑顔をくれるし、困っているのがわかると、あたたかく根気よく助けてくれます。なんか和むのですよ、いるだけで。派手な見所はないけど、腰をあげたくなくなる街。なんだろな〜。

ソフィアは落書きの多い街。計画的ではない、ホンキのやつ。中心地域だろうと、どこにでもある激しいアートに感激するし、穏やかで奥ゆかしい人々の深層心理を見たような……。

ソフィアは落書きの多い街。計画的ではない、ホンキのやつ。中心地域だろうと、どこにでもある激しいアートに感激するし、穏やかで奥ゆかしい人々の深層心理を見たような……。

ブルガリアのスーパーでの、ヨーグルト売り場の広大さったら。小さいサイズは400ml、ひとり1個の計算で食べるらしい! 砂糖は入れずに楽しむ模様。まぁ、おいしすぎるので気持ちはわかる。

ブルガリアのスーパーでの、ヨーグルト売り場の広大さったら。小さいサイズは400ml、ひとり1個の計算で食べるらしい! 砂糖は入れずに楽しむ模様。まぁ、おいしすぎるので気持ちはわかる。


見ていると、わかりやすい特徴があるのは女性。年代問わずお化粧の薄い人が多いです。細い人は少なくて……ナチュラル思考の薄化粧、まあるいシルエット、すてきな笑顔。たしかに和むポイントがそろっているかもしれないですね。

すごいのは、それでいて和むだけではなく、みんな色っぽいのですよ! 女感ぷんぷん。一体なんで? 

数日歩いてちょっと納得。ヨーグルトは確かによく食べているようです。スーパーの売り場は広大だし、専門店だってあります。

それから、ここはローズウォーターなどのバラ製品で有名な国でもありますが、本当にバラを使った化粧品や香水は街中に溢れています。ヨーグルトは女性ホルモンを増量する食材、バラは女性ホルモンを安定させる香り。化粧やスタイルなど、外側から女の勝負をするのではなく、内側から日々女成分を磨いているのですね! 

首都のソフィアのコスメ売り場では、観光客を意識してか、バラ製品がどどーんと棚を埋め尽くす。ソフィア以外でも必ずあり、選択肢のひとつになっている。個人的には香りも効果も安さも大好き!

首都のソフィアのコスメ売り場では、観光客を意識してか、バラ製品がどどーんと棚を埋め尽くす。ソフィア以外でも必ずあり、選択肢のひとつになっている。個人的には香りも効果も安さも大好き!


もうひとつ。ノーブラな人、多いです。若い人も年配の方も。これも狙いなしのナチュラル思考の一環かと思われますが、豊満な胸を自然にゆさゆさしてれば、うん、色っぽいですね。……書きつつ胸元を見て「理論がわかっても、ないものはないのっ!」。ムダな逆切れモード入りかけましたので、これ以上の深堀りはやめます。

貫禄のお母さん。子供がほんとにちびで、とっても子供らしく見えるという思わぬ効果も。ほんわり食感のおいしいアイス屋さんも、巨大ピザ屋さんもそこらじゅうにあるから、そうなるかぁ。

貫禄のお母さん。子供がほんとにちびで、とっても子供らしく見えるという思わぬ効果も。ほんわり食感のおいしいアイス屋さんも、巨大ピザ屋さんもそこらじゅうにあるから、そうなるかぁ。

丁寧に保存されたアンティークな建物と、どこか投げやり感の漂う朽ちかけの新しいものたちが、ソフィアの街で入り交じる。夜の闇が新旧の境目をうまいこと隠してなめらかな世界にしてくれた……。

丁寧に保存されたアンティークな建物と、どこか投げやり感の漂う朽ちかけの新しいものたちが、ソフィアの街で入り交じる。夜の闇が新旧の境目をうまいこと隠してなめらかな世界にしてくれた……。


居心地の良さと言えば、物価が気になりますね。お安いと、楽しさアップよ、小市民。

トルコもブルガリアも日本の七掛けくらいの感覚でしょうか。ただ、イスタンブールは観光化がとても進んでいるので、そういう場所では全てが割高です。ソフィアは、そこまで観光地化が進んでいないこともあり、中心部にいても庶民価格が隣り合わせ。気分で使い分けられるって居心地よさそうでしょう? 例えば、大きいクロワッサンがひとつ100円くらい。牛乳一本が140円くらい。そんな感じ。

ちなみに、おうちでできるビューティネタをひとつ。ブルガリアのヨーグルト(100mlくらい)にトルコで買った珈琲豆(ティースプーン山盛り1くらい)を混ぜて全身スクラブ&パックしました。この組み合わせは、ラオスのハーバルサウナを取材したときに伝授されたものですが。結果は最高! お肌が、やわらか〜くすべすべに。はぁぁ思い出してもうっとり、今夜もやろうっと。

こんな感じのわたくしが、以降ヨーロッパ旅で出会うクロワッサン世代の女性と、彼女たちをとりまくエトセトラをお届けしたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

photographs:Tomako

文字サイズ