からだ
ビューティー

【前編】「私流」ケアメソッドで、透明感のある白い肌の作り方。

加齢とともに気になる肌のくすみ。いつまでも若々しく、透明感のある白い肌を保つ人が実践している方法を公開します。今回は料亭「玄冶店 濱田家」の女将、三田啓子さん、エッセイストの岸本葉子さんのケアメソッドを教えていただきます。
  • 撮影・玉置順子(t .cube) ヘア&メイク・遠藤芹菜(岸本さん) 文・大澤はつ江

お客様に疲れた顔を見せては女将失格。ハリとツヤには気を使います。

三田啓子さん 玄冶店 濱田家 女将

「接客業なので、常に清潔感を心がけています」

という還暦過ぎとは思えないハリとツヤのある肌の持ち主の三田啓子さん。服装はもちろん、肌、髪型、爪の先にいたるまで、身だしなみには細心の注意を払い、不快な印象を与えないようにしていると。三田さんの仕事は東京・人形町で100年続く老舗料亭『玄げんやだな冶店 濱田家』の女将。かの有名な名妓「貞奴」(のちに川上音二郎の妻)が芸者として席を置いていた店でもある。

「お客様をお迎えし、ご挨拶をする際に、顔の印象はとても大事だと思います。ですから、顔色は悪くないか? 肌がくすんでいないか? など、鏡で必ずチェックしています」

肌を元気にツヤやかに保つため、保湿には特に気を使うという。

「料亭ですから、冷暖房を少し強めにすることもあります。一日の大半をそこで過ごしていると、どうしても肌が乾燥しがち。しっかり保湿をしないとかさついて、ツヤのない肌になり、お客様に疲れた印象を与えてしまいます」

三田さんの保湿ケアはシンプルだ。

「クレンジングしてスキンケアベース美容液、化粧水、乳液ぐらい。ただ、化粧水はたっぷりと使い、乳液や美容液は美白に効果が望める成分が入っているものを選びます。シスレーの美容乳液は10年以上愛用していて、オタネニンジン(朝鮮人参)エキスやスギナエキスなどの植物由来の有用成分をブレンドしているので、ふっくらとハリのある健やかな肌になったのかしら。美容液は細胞の活性化を促し、保湿力も高い『アスタリズム』を使っています。美白の秘密はコスメにあるのかも」

柔らかな甘みと酸味。酵素が活きている甘酒。

金沢で糀、醤油、味噌を製造する蔵元の甘酒。紫は玄米とハトムギの甘酒。右から、紫の一日一糀 378円、一日一糀(オリジナル)302円 共に140㎖(問ヤマト醤油味噌☎︎076・268・1248)

肌本来の美しさを引き出す美容乳液。

植物由来の有用成分を贅沢にブレンド。肌質や年齢を選ばず肌機能を調整する。シスレー エコロジカル コムパウンド 125㎖ 2万3500円(問シスレージャパン☎︎03・5771・6217)

肌の調子を整え、健康に導くエッセンス。

アスタキサンチンのオレンジ色が特徴のスキンケアベース美容液。アスタリズム30㎖ 4、968円(問アスタリール☎︎0 120・770・245)

水と玄米が腸内環境を改善してくれ、肌のトーンがアップしました。

岸本葉子さん エッセイスト

透明感のあるクリアな肌が目を引く岸本葉子さん。そのケア方法を尋ねると、開口一番「お米と水かしら」という答え。

「水は『古代水』という秩父源流水を愛飲して、お茶を淹れるのはもちろんのこと、玄米を炊いたり、味噌汁や煮物などの調理にもすべて使っています」

『古代水』は秩父市大滝の山々(埼玉西部)を形成する秩父古生層から浸み出てきた水と、地下深くから上がってきた水が混ざり合いできたもので、軟水で口当たりが柔らかい。

「クセがないので、ごくごく飲めますし、料理に使うと味がまろやかになるような気がします。特に玄米を炊くとふっくらと炊きあがり、おいしくいただけます」

玄米は15年前から、漢方の医師にすすめられて食べ始めた。

「それまで体調がすぐれないこともあったのですが、玄米食を始めたら腸内環境が整ったのか、便秘もなくなり、肌のくすみが取れ、美白になったような……。2年ほど前からは永田農法で栽培された玄米を食べています。よく作るのは酵素玄米。玄米に小豆と塩を加え炊飯器で炊き、3日ほど保温して熟成させてから食べます。酵素たっぷりでデトックス効果も抜群。美白に一役かっているのかもしれません」

消化がよくて、老廃物が身体から出ていく感じがすると。日々のスキンケアもライスパワーエキスを主成分にした化粧品をライン使いしている。

「知人から肌にいいから使ってみたら、とすすめられて。成分がライス、というところも気に入って愛用しています。すっと肌に浸透し、さっぱりしているのに、保湿力はしっかりあるので乾燥肌の私にぴったり。皮膚が薄いので、刺激を与えないように手の平で優しく押し込む感じで使っています」

ライスパワーエキスがくすみのない肌に導く。

有効成分の原料は国産米100%。肌の水分保持力を高める。ライースリペアシリーズ。右から、インナーモイスチュア クリームNo11 40g 8,640円、インナーモイスチュア ローション No11 120㎖ 8,640円、インナーモイスチュア エッセンス No11 30㎖1万800円*すべて医薬部外品(問:勇心酒造☎︎0120・73・4141)

肥料に頼らずに栽培。永田農法の玄米。

噛みしめるほど甘みが増し、もっちりとした味わいの玄米。冷めてもおいしくいただける。健菜米コシヒカリ 玄米 2㎏ 2,625円※送料別(問:健菜俱楽部☎︎0120・201・371)

まろやかな味わいで、毎日、飽きずに飲める。

カルシウムとマグネシウムの含有量が少ない超軟水。水分補給に。調理に使えばまろやかに仕上がる。古代水 1箱2ℓ×10本入り3,240円※送料別(㉄秩父源流水☎︎0494・54・3031)

『クロワッサン』948号より

●三田啓子さん 玄冶店 濱田家 女将/接客は着物だが、プライベートではゴルフをこよなく愛する活動派。日焼け対策はごく普通に日焼け止めを塗るだけだが、夜の美白ケアは念入りに行う。

●岸本葉子さん エッセイスト/生活エッセイや旅を題材にしたエッセイが人気。著書に『50代からのもう悩まない着こなしのコツ』(共著/主婦の友インフォス社)、『ひとり上手』(海竜社)など多数。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE